次回の放送日時
lifeニュース版
IPサイマル radikoで聴く
生放送のスタジオの動画をご覧いただけます
ustreamで聴く
twitcastingで聴く
ストリーミング放送で聴く
Life書籍化第二弾ができました!

「文化系トークラジオ Life のやり方」


第一弾はこちら
Life?~番組について~
浅野いにおさんのイラストが待ち受け画面としてダウンロードできます!
access to TBS RADIO 954kHz
詳しくはこちらをご覧下さい。
イラストと番組ロゴは浅野いにおさんに描いていただきました。
radiocloud
TBS RADIO ホームページ

« 宮台師匠出演のスピンオフ~中国特番 | メイン | 恋と三十路と文化系~Part1 »

次回「表現する人・したい人~一億総クリエイター時代?」予告


※再生できない場合は、個別ページTBSラジオクラウドにてお聞きください。
※最新エピソードはユーザー登録なしでお聴きいただけます。

次回の放送は


4月27日(日) 深夜25:30~28:00
TBSラジオ AM954kHz


テーマは
表現する人・したい人~一億総クリエイター時代?


出演:charlie(鈴木謙介)、佐々木敦(批評家)、津田大介(ジャーナリスト)


utamaru.jpg

スペシャルゲスト:宇多丸さん(from ウィークエンド・シャッフル


※今回はスペシャルウィーク(聴取率調査週間)ですので、
ぜひ、ぜひ生放送でお楽しみください。
ウェブ中継も実施しますので、ラジオが入らない地域の方も
ぜひリアルタイムで聴いてください。

==

charlieです。
クリエイティブなことっていうのが、社会の中心になる時代が来る。そんな風に言われることが多くなりました。この場合のクリエイティブっていうのは、音楽とか絵画とかそういうものだけじゃなくて、自分で工夫して考えて、今までになかった「何か」を生み出す力のこと。「人間力」とか、「国策としてクリエイティブ産業を!」なんて言い方も含めて、いまやクリエイティブであることは、社会を生きる必須の能力と考える人すらいます。

産業の時代、言われたことをそのままやる時代は終わり、これからはチープ革命で一億総表現社会だ、なんていうと、すごく明るい未来の話のようですが、それは他方で、誰もが「表現」を強いられる社会でもある。ブログを書いたり、街中で弾き語りをしたり、ニコニコ動画で神職人扱いされたり、それはいいことなんだと思うけれど、僕たちは、そんなに表現すべきことを持っているのだろうか、とも思います。

他方で、そうやって生まれたたくさんの表現のおかげで、これまで「プロ」と呼ばれていた人たちの地位が低下していくことに対して、プロの側からの根強い反発もあります。あんなくだらないものばかり見てないで、きちんとお金をかけた表現を見てくれ、と。

そんなわけで、今や時代の中心となった「表現すること」をめぐって、今回は話していきます。ゲストには、「ウィークエンド・シャッフル」でおなじみ、あの宇多丸さんがついに参戦!十数年来のRHYMESTERファンとしては、ちゃんと放送できるのか不安ですらありますが、胸を借りるつもりで挑もうと思います!

リスナーの皆様からは「あなたがしてみたい・している表現活動」というテーマでメールを募集します。「街でダンスの練習してるの、実はあこがれなんだよね」とか「和ものブームでお茶を習い始めました」とか。逆に、「ブログで自分のことを書く気持ちが理解できない」とか「クリエイティブってなんかうさんくさい」といったご意見もお待ちしています。

メールはlife@tbs.co.jpまで。

メールを読まれた方には、リニューアルしたLifeロゴバッジのプレゼントもあります!じゃんじゃんメールしてくださいね。できるだけ早く、当日のお昼までにはくださると助かります。

※放送前日の26日には「エクス・ポナイト vol.1」があります!


Copyright© 1995-2020, TBS RADIO,Inc. All Rights Reserved.