次回の放送日時
lifeニュース版
IPサイマル radikoで聴く
生放送のスタジオの動画をご覧いただけます
ustreamで聴く
twitcastingで聴く
ストリーミング放送で聴く
Life書籍化第二弾ができました!

「文化系トークラジオ Life のやり方」


第一弾はこちら
Life?~番組について~
浅野いにおさんのイラストが待ち受け画面としてダウンロードできます!
access to TBS RADIO 954kHz
詳しくはこちらをご覧下さい。
イラストと番組ロゴは浅野いにおさんに描いていただきました。
radiocloud
TBS RADIO ホームページ

20101226「文化系大忘年会」(松谷創一郎、峰なゆか、塚越健司ほか) アーカイブ


2010年12月26日「文化系大忘年会2010」予告編

           20101226yokoku.jpg                  速水さん、斎藤さん、伊藤聡さん


次回のLifeは

「文化系大忘年会2010」

12月26日(日)深夜25:30~28:00


※再生できない場合は、個別ページTBSラジオクラウドにてお聞きください。
※最新エピソードはユーザー登録なしでお聴きいただけます。

※ストリーミング中継を実施しますので、ラジオをお持ちでない方も、
パソコンとネット環境があればリアルタイムでトークを聴くことができます。
サイト右上の「スペシャルなお知らせ」をクリックしてください。
著作権の関係で音楽は聴くことができません。


Ustreamによる動画中継も行います⇒ http://ustre.am/lrQf


ラジコでは音楽も聴けます。
ラジコのサービスエリアは東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・群馬・栃木です。

=====

charlieです。

今年もいよいよ終わりですね。
毎年色んなことがあるのは当たり前なのですが、
特に今年は2010年代の始まりということで、「節目」を感じる出来事が
多かった気がします。

芸能人の相次ぐ活動休止宣言には、ひとつの時代の変わり目を感じたり
もしました。スマートフォンが流行し、ツイッターやUstreamといった新しい
サービスが注目を集める一方、3度目とも言われる「電子書籍元年」は、
出版以外の分野で盛り上がっているようにも見えます。

また、マイケル・サンデルやピーター・ドラッカーといった人達の著作がヒットし、
「教養」ブームか?なんてことも言われましたが、こちらは新しいものという
よりは「定番」への回帰というのが正しいかもしれません。
坂本龍一さんによる「スコラ」や、佐野元春さんの「ソングライターズ」など、
「学ぶ」ということとアートを関連づけた試みにも、こうした流れと関係する
部分があるように思えます。映画では「3D」という新たな技術の登場で
劇場に人が足を運ぶようになり、また、邦画ではジブリの最新作や
『告白』、『悪人』、『ヒーローショー』といったある種シリアスな作品も
話題になりましたね。そう考えると、今年は話題に事欠かない一年だった
のかもしれません。

というわけで今年も年末のLifeは「文化系大忘年会2010」と題して、
今年一年を、あくまでLifeなりの視点から振り返ります。
恒例企画になった、出演者による「今年の一作」の紹介もあります。
場合によっては大胆な未来予測も飛び出すかも?

リスナーの皆様からも、「今年もっとも気になった文化系トピック」というテーマで
メールを募集します。社会的な事象、文学、映画、音楽などの作品の話から、
iPadやスマートフォン、はたまた超個人的な話題まで。
あなたが選ぶ2010年といえばこれ!これこそが2010年を」象徴している!
というメールをお待ちしています。
出演者への「こんなテーマで話が聞きたい」というリクエストも受け付けますよ。

メールアドレスは、life@tbs.co.jpまで。

メールはぜひお早めに!&なるべく短めに!
(できれば5行以内!複数の話題は分けて書いてください!)


|

2010年12月26日「文化系大忘年会2010」part1

              DSCF1913.JPG
           「1回ぐらいいいじゃないか!」自作曲(歌も)をOAしたcharlie


※再生できない場合は、個別ページTBSラジオクラウドにてお聞きください。
※最新エピソードはユーザー登録なしでお聴きいただけます。

出演:鈴木謙介、津田大介、速水健朗、柳瀬博一、澁谷知美、
仲俣暁生、斎藤哲也、二村ヒトシ、松谷創一郎、伊藤聡、
峰なゆか、前田久、西田亮介、塚越健司...


○スタジオの面々、それぞれの2010年
・男34歳、初めてヒゲに白髪が生えた件(charlie)
 →変化を感じる年でした(charlie)
・澁谷さん、写経はいかがでしたか?(ラジオネーム:古市憲寿
→その結果は後ほど...(澁谷)
・今年の仕事と、業界の加齢について(仲俣)
・不況を実感!(柳瀬)
  →受付嬢がいなくなったのは幻?(速水)
・イノベーションが足りない!思想地図βの話など(速水)
・大ブレイク!した津田さんの2010年
・缶ビール500mlを携えて颯爽とやってきた斎藤さん
 →他、多くのゲストがスタジオに!

○就活を振り返って。新卒採用の是非など(リスナー)
・11月の就活どうにかしろデモ...'94と現状、より深まった問い(澁谷)
 →ベーシックインカム議論もありました(charlie)
・雇用の確保、現実問題としての就職(柳瀬)
 →「アメリカでは...」という議論のすり替え(柳瀬)
・就活というシステムの大きな問題(charlie)
・就職協定が想定する範囲は狭い(柳瀬)
・就職予備校化する大学。教えるべきことは2つ(澁谷)
・『就活のバカヤロー』で胸をなで下ろす学生たち(charlie)
・Lifeで何度も扱ってきた就職問題、社会的に前進(津田)
 →今年、何かやるかも知れません!(charlie)

                       text by Life助手;村山佳奈女

○Life関連アーカイヴ

・第2ロスジェネ?~新・就職氷河期の生き方
http://www.tbsradio.jp/life/20081130/

・~『就活』で何を学ぶか~
http://www.tbsradio.jp/life/20080215

参考資料&選曲↓

"2010年12月26日「文化系大忘年会2010」part1"の続きを読む »

|

2010年12月26日「文化系大忘年会2010」part2

            DSCF1909.JPG
     OA前に1次会をこなして、缶ビールを片手にスタジオ入りの斎藤哲也さん。


※再生できない場合は、個別ページTBSラジオクラウドにてお聞きください。
※最新エピソードはユーザー登録なしでお聴きいただけます。

○思想の本が売れた2010年
・来月に迫った公開イベントについて(charlie)※完売
 →出会い系トークラジオですからね!
思想地図βの本気さ!(リスナー)
・実は思想とか哲学とかわかんないんですよね...(速水)
 →速水さん、まさかのWikipdiaコピペ発言
・ショッピングモールを題材にした理由(速水)
 →郊外じゃないショッピングモール論(速水)
 →従来の郊外論との違い(charlie)
・佐々木中さんの切手本(リスナー)
 →文化的アクセシビリティにより...(charlie)
 →短い/長いスパン、どちらもあって良い(伊藤)

○金融危機が生んだ「歴史から考える」ブーム(charlie)
 →『フリー』も『シェア』も...(速水)
 →『ゼロから始める都市型狩猟採集生活』について(斎藤)
・市場が難しい本を求めている?(charlie)
・読書会に初めて参加してみたところ...(リスナー)
 →情報革命によってできるようになったこと(柳瀬)
・思想ブームはコミュニケーションに依拠?(charlie)
・『もしドラ』、二匹目のドジョウ本とAVの存在
 →『もしヤリ』ですね(二村ヒトシ
・来年あたり、功利主義の波が来る!(斎藤)
・アクセスの範囲がネットに限られてきて...(charlie)

                      text by Life助手;村山佳奈女

○参考URL

・ウィークエンド・シャッフル「秋のタマフル推薦図書特集」
http://www.tbsradio.jp/utamaru/2010/09/post_739.html
(宇多丸さんが坂口恭平さんや佐々木中さんの本を推薦しています)

○Life関連アーカイヴ

・現代の現代思想
http://www.tbsradio.jp/life/20090524/

・『ニッポンの思想』をめぐって
http://www.tbsradio.jp/life/20090913/

・Life白熱教室~これからの"社会"の話をしよう
http://www.tbsradio.jp/life/20100829life/

参考資料&選曲↓

"2010年12月26日「文化系大忘年会2010」part2"の続きを読む »

|

2010年12月26日「文化系大忘年会2010」part3

             DSCF1920.JPG
      今年は宮台真司さんとの「自動車対談」もありました。柳瀬博一さん


※再生できない場合は、個別ページTBSラジオクラウドにてお聞きください。
※最新エピソードはユーザー登録なしでお聴きいただけます。

○K-POP、AKB48...ヒット曲から振り返る2010年
・ゆく年、くる年...ディスクユニオンからのお知らせ
 →大晦日セールに早朝から並び続けた黒幕
・東方神起にハマった一年。K-POPの認知度上昇(リスナー)
・K-POPが正当な評価を得た一年(リスナー)
・澁谷さんの東方神起&K-POP大総括!!
 →みんなやきもきしすぎじゃない?(澁谷)
・文明論的に...我々は待つことに不慣れに(澁谷)
・ライター/リサーチャーの松谷創一郎さん登場
・AKB48と少女時代、文化的、読み解き方の違い(松谷)
 →ひいては日本/韓国映画の違いに(松谷)
・少女時代がインターナショナルである理由(澁谷)
・コレオグラファーは日本人の仲宗根梨乃さん(澁谷)
・「グローバルマーケット向け」の衒いのなさ(charlie)
・ギャルの女の子がAKB48を好きな謎(charlie)

○アイドルからインディーズまで、音楽の現在
・私もついでに、鈴木先生に対抗して大風呂敷を...(澁谷)
 →ステージ衣装・制服から見る両者の違い(澁谷)
・女子もかわいいだけじゃ生き残れない時代(澁谷)
・Perfumeというプロダクト(松谷)
・90~00年代ディーヴァブームからの変化(柳瀬)
 →「ギャル演歌」...西野カナ、加藤ミリヤ(charlie)
 →ニッチになる方とマスサイズになっている方と(柳瀬)
・最近目立つコンテンツのホモソーシャル性(柳瀬)
 →宇野常寛さんも全く同じことを(松谷)
・ジャニーズとAKB48が占拠したヒットチャート(速水)
・おニャンコ~AKB48の間に秋元康が失敗したこと(松谷)
・今年のCDショップ大賞で変化したこと(津田)
 →「世界の終わり」について語りたい!(charlie)
・『素直になれなくて』の"彼"について澁谷さんどうぞ(津田)
 →...澁谷さん、その話長い?(charlie)

                     text by Life助手;村山佳奈女


○参考URL

・澁谷知美サイト別館 「文化系トークラジオLifeあとがき」
http://bit.ly/hNEj2t

・CDショップ大賞
http://www.cdshop-kumiai.jp/?page_id=193


○Life関連アーカイヴ

・バンドやろうぜ
http://www.tbsradio.jp/life/20090726/

・小沢健二とその時代
http://www.tbsradio.jp/life/20100228/


参考資料&選曲↓

"2010年12月26日「文化系大忘年会2010」part3"の続きを読む »

|

2010年12月26日「文化系大忘年会2010」part4

            DSCF1914.JPG
       今年は電子書籍関連の仕事が多かったという仲俣暁生さん


※再生できない場合は、個別ページTBSラジオクラウドにてお聞きください。
※最新エピソードはユーザー登録なしでお聴きいただけます。


○Wikileaks、UST...2010年は「ダダ漏れ」元年
・今年最後の加ト吉なうはタヌキうどん
・Wikileaks、尖閣諸島...今年は「漏れ」(リスナー)
・所在不明老人、USTなどなど(リスナー)
・「ダダ漏れ」元年、NAVERがすごい件(リスナー)
・Wikileaksといえば!(charlie)
 →『.review』の塚越健司さん登場
・Wikileaksとは...塚越さんのよくわかる解説
・日本がフォローできていなかったこと(仲俣)
・「日本のメディアは情けない」?(塚越)
・「ダダ漏れ」で秩序がひっくり返る問題(charlie)
 →社会の前提が変わった(柳瀬)
・"leak"の二つの意味...意図的に「漏らす」社会へ(塚越)
・電子書籍語りバブルの原点はGoogle(仲俣)


○「情報が漏れるのは仕方ない」?(charlie)
・Wikileaksの秘匿技術のすごさ(塚越)
・欧米メディアはWikileaksを取り込む方向へ(津田)
 →メディアを熟知しているWikileaks(津田)
 →日本のメディアがようやく気づいたこと(津田)
・『情報革命という神話』のようです(charlie)
・情報という権力...『1984』で言うと(柳瀬)
 →オバマを見ていてわかること(柳瀬)
・支配関係から権力関係へ(塚越)
 →非実在青少年問題の広がり方(津田)
・今年は本当に、いいことしかなかったなあって(津田)
 →...その話、長い?(二回目)(charlie)
 →夢を叶えるのがTwitterだ!(津田)

              text by Life助手;村山佳奈女


○参考URL

・「.review」 リークが孕む問題系/塚越健司
http://dotreview.jp/blog/2010/07/13/co_article028/


○Life関連アーカイヴ

・Twitterはじめました
http://www.tbsradio.jp/life/20091122_twitter/

・ライブメディアの現在
http://www.tbsradio.jp/life/20100328/

・情報社会の限界(ギリギリ)ライン
http://www.tbsradio.jp/life/20101024/

参考資料&選曲↓

" 2010年12月26日「文化系大忘年会2010」part4"の続きを読む »

|

2010年12月26日「文化系大忘年会2010」part5

            DSCF1905.JPG
               今年はTVでも大活躍の津田大介さん


※再生できない場合は、個別ページTBSラジオクラウドにてお聞きください。
※最新エピソードはユーザー登録なしでお聴きいただけます。

○2010年、ドラマとソーシャルメディアの関係が加速?
・『SPEC』と『アウトレイジ』(not北野映画)(リスナー)
 →今年のドラマで言えば、『SPEC』!(速水)
・『ケイゾク』...「わかる人にはわかる」の走り(速水)
 →ネットで盛り上がるドラマの歴史(速水)
・『踊る大走査線』を巡って速水さんとcharlieの解釈が激突
・『SPEC』「津田助広」について(ネタバレあり)(速水)
 →エゴサーチで知りました(津田)

○ソーシャルメディアについて...西田亮介さん登場
・ポジティブな側面がやっと一般的なものに(西田)
・mixiがFacebookを意識して猛批判の件(charlie)
 →「知らない人とコラボレーション」?(charlie)
 →なんでそんなに人と戯れたいんだろう、と(澁谷)
・charlieが「素敵な情報」をタダで出す理由
・「ノイズと戦っている」に津田さん反論
 →澁谷さん、東方神起はTwitterで戻ってきますよ(津田)
・ソーシャルメディアは納豆です(津田)
 →そういうのバカにしてたんですけど、実は今年...(速水)
・"Just for fun."という言い方(西田)
 →人と戯れなくてもコンテンツに(津田)
 →全然戯れてないchalieでも...(津田)
・澁谷さん、来年、やってみない?(charlie)
 →続きは外伝で!

               text by Life助手;村山佳奈女

○Life関連アーカイヴ

・Twitterはじめました
http://www.tbsradio.jp/life/20091122_twitter/

・ライブメディアの現在
http://www.tbsradio.jp/life/20100328/

・新・家族の条件
http://www.tbsradio.jp/life/20100926/


参考資料&選曲↓

"2010年12月26日「文化系大忘年会2010」part5"の続きを読む »

|

2010年12月26日「文化系大忘年会2010」part6(外伝1)

 DSCF1907.JPG DSCF1944.JPG
「クリスマス写経」という流行語を生み出した澁谷さん 企画面でも大活躍の速水さん



※再生できない場合は、個別ページTBSラジオクラウドにてお聞きください。
※最新エピソードはユーザー登録なしでお聴きいただけます。


○パーソナリティそれぞれの『2010年の一冊』を紹介
・放送中は社会学忘年会だったので...(charlie)
・『哲学者とオオカミ』これからの死生学のヒントに(斎藤)
・『パンとペン』...売文社についてのノンフィクション(仲俣)
・精霊信仰、嬰児殺し...二度と描けない『ヤノマミ』(柳瀬)
・『K-POP GIRLS』創刊の驚き(澁谷)
 →東方神起との明確な違いから見えるジェンダー(澁谷)
・今年、一番ワケのわからなかったAneCan取材(津田)
 →「ツダちゃん」て呼んで頂いて結構ですんで(津田)
・『オバマのつくり方』緻密なネット戦略の内幕がわかる(津田)
 →民主党がやっている数少ない良い政策(津田)
・小沢健二の言葉をもじって言うと...(charlie)
 →ラノベなのに重たい『ストレンジボイス』(charlie)

○電子書籍の話をするはずが、「女装男子」へ大脱線
・今年の電子書籍ブームで思ったこと(リスナー)
 →「男の娘」を描いた『指先ミルクティー』(リスナー)
・「女装」を語るべく(?)、前田久さん登場
・「男の娘」について...二村ヒトシさんも参戦!
・Amazonでバカ売れしているという二村さんの作品
・『ゆびさきミルクティー』の歪みっぷり(前田)
・charlieが衝撃を受けた「女装男子」エロゲーの話
 →大丈夫!?このラジオ...(津田)
・昨今の男子のAVへの感情移入先(二村)

             text by Life助手;村山佳奈女

○Life関連アーカイヴ

・小沢健二とその時代
http://www.tbsradio.jp/life/20100228/

・Life×文学ワールドカップ
http://www.tbsradio.jp/life/20100417_life/

・Life 夏の一冊
http://www.tbsradio.jp/life/20100725life_1/

○参考資料↓

"2010年12月26日「文化系大忘年会2010」part6(外伝1)"の続きを読む »

|

2010年12月26日「文化系大忘年会2010」part7(外伝2)

DSCF1906.JPG  DSCF1930.JPG
   .reviewコンビ。西田亮介さんとウィキリークス解説でもお馴染みの塚越健司さん


※再生できない場合は、個別ページTBSラジオクラウドにてお聞きください。
※最新エピソードはユーザー登録なしでお聴きいただけます。


○そろそろこれからの電子書籍の話をしよう
・GALAPAGOSを買ってみた感想(charlie)
・「つくられた電子書籍ブーム」の現状とデータ(津田)
 →個人の自費出版はおもしろくなる?(charlie)
・ブームが出てきた理由を3つほど...(仲俣)
 →電子書籍というよりは広告ビジネス(仲俣)
・出版社不在のブーム(charlie)
 →出版社がGoogleから学んだこと(仲俣)
・今あるものは、昔の電子書籍の名残(仲俣)
・角川会長の「編集者の役割は変わる」(津田)
・某紙の下段広告から受けた衝撃!(charlie)
・実は"電子化"はほとんど終わっている(柳瀬)
・iPadの広告からわかるAppleの意図(柳瀬)
・ソリューション、バリアフリー商品としてのキンドル(柳瀬)
 →電子端末で読むことのハードル(柳瀬)
・そもそも電子書籍とは。3つの流通パターン(西田)
 →書き手予備軍が念頭に置くべきこと(西田)
・「電子書籍」で出会った二つの層(仲俣)
・電子書籍をGoogleから語るべき理由(柳瀬)
 →今の話を音楽に置き換えて言えば...(津田)
・着うたランキングとオリコンランキングの相違(charlie)
・iPadの出現とM-1の終わりを予言していた津田さん
・同世代の出版人と話していて思うこと(charlie)
・『.review』をCD-ROMにした理由(西田)
 →パッケージの問題...無駄を改善する余地(柳瀬)
・日本の書店の数と、刷数のズレ(仲俣)
 →ここで速水さんに語って頂きたい!(柳瀬)
・思想地図βについて(速水)
・宝島社は電子書籍と真逆のことをしている(速水)
 →これ以上の流通網を持っている業界はない(速水)
・付録で一番トクをするのは...電子書籍との共通点(津田)
・2010年代の文化、プレイヤーの交代を賭けて(charlie)

                    text by Life助手;村山佳奈女

○Life関連アーカイヴ

・情報社会の限界(ギリギリ)ライン
http://www.tbsradio.jp/life/20101024/

・文化系大忘年会2009
http://www.tbsradio.jp/life/200912272009/


参考資料↓

"2010年12月26日「文化系大忘年会2010」part7(外伝2)"の続きを読む »

|

2010年12月26日「文化系大忘年会2010」part8(外伝3)

DSCF1918.JPG  DSCF1937.JPG
   伊藤聡さんとAV監督二村ヒトシさん         峰なゆかさんは7月以来の登場!


※再生できない場合は、個別ページTBSラジオクラウドにてお聞きください。
※最新エピソードはユーザー登録なしでお聴きいただけます。


○『(500)日のサマー』『トイストーリー』2010年の映画
・100本ほど鑑賞した中から...(リスナー)
・シネマハッスル・伊藤聡さん、再び登場
・ぶっちゃけ、今年のベスト3は?(charlie)
 →空中キャンプのアンケート結果から(伊藤)
・エビちゃんも結婚して、海老蔵も結婚して...(伊藤)
・峰なゆかさん登場。『ノルウェイの森』を語る
 →男から見た緑と直子...「そらみたことか!と」(峰)
・峰さんにとってあのキャスティングは?(松谷)
・意外に社会派だったB級映画『マチェーテ』(前田)
・映画パートということで松谷創一郎さんも再登場
 →3D映画...ハードの変化から始まること(松谷)
・『(500)日のサマー』について語りたい!(峰)
 →伊藤さん、アンサーを求められてます(charlie)
・『(500)日のサマー』、男女のすれ違い(伊藤)
 →絶賛と批判は裏表と...(charlie)
 →どんどん見え方が変わってくる映画(松谷)
・峰さんが言いたいのは要するに...(速水)
 →女目線で見るのはキモいのではないか問題(前田)
・見ないなりにも『トイストーリー』を(速水)
 →いかにおもちゃを手放すかの物語(松谷)
・ピクサーのすごさ、ピクサーが描くアメリカ(速水)

             text by Life助手;村山佳奈女

○参考URL

・峰なゆかさんの『(500日)のサマー』(が好きな男)論が読める
映画評同人誌「ブートレグvol.2」 (速水さんのエマニュエル婦人論なども)
http://d.hatena.ne.jp/bootleg_magazine/


○Life関連アーカイヴ

・シネマハッスル 『第9地区』
http://www.tbsradio.jp/life/201004189/

・シネマハッスル 『トイ・ストーリー3』
http://www.tbsradio.jp/life/2010716toystory3/


○参考資料↓

"2010年12月26日「文化系大忘年会2010」part8(外伝3)"の続きを読む »

|

2010年12月26日「文化系大忘年会2010」part9(外伝4)

DSCF1924.JPG  DSCF1932.JPG
  ライターの松谷創一郎さんと前田久さん        UstToday野田さんと三上さん



※再生できない場合は、個別ページTBSラジオクラウドにてお聞きください。
※最新エピソードはユーザー登録なしでお聴きいただけます。

○朝の6時を越えて語る2010年川村元気P映画2本
・chalieに『悪人』の話をふりたい(松谷)
 →あの映画は見方を変えると...(松谷)
・福岡出身・charlieが語る九州のリアリティ
 →わかる人にはわかる微妙な差(charlie)
・chalieが今年一番感動したセリフ
 →あれはショックだったね...(松谷)
・あれは地方のシネコンでどう観られているのか(松谷)
・『ユリイカ』『悪人』の類似点と相違点(伊藤)
・ブサイクなカップルだった方が...?(松谷)
・満島ひかりの「身も蓋もなさ」のリアル(伊藤)
・評が真っ二つに割れた『告白』
・「こんなのは映画じゃない!」という人も(松谷)
・普通の映画における「雨」の意味(伊藤)
・意味がないという意味(松谷)
・リトマス試験紙としての『告白』(charlie)
・批評家の側がわかっていなくちゃいけないこと(松谷)
・最後に、大事な話をさせてください(charlie)
 →charlieにとってのLife...一年間を振り返って
 →リスナーの皆さんにお願いしたいこと(charlie)
・2010年を振り返って・2011年に向けて(黒幕)

                text by Life助手;村山佳奈女


○Life関連アーカイヴ

・映画『告白』をめぐって(川村元気 × 荻上チキ × 松谷創一郎)
http://www.radi-con.com/program/40
※らじこん有料コンテンツ各105円 WMP専用
※音声配信ポータルサイト「らじこん」は、2015年4月30日(木)正午をもちましてサービスを終了いたしました。

・地方を考える
http://www.tbsradio.jp/life/2008810/

・Life in 京都 地域→ジモトー若者文化のいま・むかし・これからー
http://www.tbsradio.jp/life/20100703_life_in/


参考資料↓

"2010年12月26日「文化系大忘年会2010」part9(外伝4)"の続きを読む »

|

2010年12月26日「文化系大忘年会2010」~放送後記動画

■放送後のスタジオの様子をご覧いただけます。

※動画をご覧いただくにはWindows Media Playerが必要です。

|

2010年12月26日「文化系大忘年会2010」イラスト&感想

新年明けましておめでとうございます。
ディレクターのさわだです。
年末年始は実家に帰っていました。
Lifeの12月放送日に、「うちの地元が大雪で、トラック立ち往生のため国道が通行止め」
というニュースを会社で見ました。年末年始の実家近くは大雪予報。
「無事帰れるか?!」と思っていたら、雪全然ふらねぇ!!
普通の実家Lifeを過ごしてきましたとさ。

さてさて、年が変わっても全力投球の、後藤さんからイラストが届きました。
ご覧ください。
=========

こんにちは、BLOCKBUSTERの後藤です。

濃厚な放送で頭がぼーっとしてきたとき、
頭に浮かんだ妄想をお届けまします。
名前は「EXLIFE」でもいいかと
描いた後で思いました。

kanso_1012_.jpg

◆イラスト:後藤亮平(BLOCKBUSTER

|


Copyright© 1995-2017, TBS RADIO,Inc. All Rights Reserved.