ps

2016年3月19日&26日放送 ゲスト:海部陽介さん

日本人は、どこから来たのか!?

先祖たちはどんなルートでやってきたのか!

それを探るっているのが、今回のゲスト。

海部陽介(かいふ・ようすけ)さん。

海部陽介さん1

海部さんは、東京大学 理学部 生物学科で「人類学」を専攻。

現在は、国立科学博物館 人類史研究グループ長をつとめていらっしゃいます。

専門はおよそ200万年にわたるアジアの人類史で、

ホモ・サピエンスのアジアへの拡散について、

遺跡や化石、DNAなどをつかい、

これまでになかった、人類のアジア移住の歴史を提唱。

海部陽介さん2

今年2月、文芸春秋から『日本人(にほんじん)はどこから来たのか?』を発表し

話題になりました。

また、日本列島に、人類がどうやって来たのか?!

そのルートを3つに絞った海部さん。

(1)北海道からやってきたルート

(2)対馬列島からやってきたルート

(3)沖縄からやってきたルート

この3つのうち、最も困難と思われるルートが、沖縄ルート。

植物で船を作って、きっとやってきたに違いない!ということで、

このルートを、実際に当時の船を再現し、検証する!というプロジェクトを立ち上げました。

海部陽介さん3

しかも、このプロジェクトについて、

国立の博物館としては初めてクラウドファンディングを実施中。

海部陽介さん4

ぜひ!実現していただくのが楽しみです!

海部陽介さん5

3万年前の航海

徹底再現プロジェクト!

https://readyfor.jp/projects/koukai

2016年3月12日放送 ゲスト:蒲生俊敬さん

知ってるようで、知らない・・・日本海!

今回は、日本海研究のスペシャリスト、

東京大学・大気海洋研究所の、蒲生俊敬(がもう・としたか)さんが登場。

蒲生俊敬さん1


蒲生先生の専門は化学海洋学。

先日、講談社ブルーバックスから、『日本海 その深層で起こっていること』を出版しました。

蒲生俊敬さん3

蒲生さんによると・・・

「日本海は、まるで風呂桶のようだ!」

蒲生俊敬さん2

日本海は、

大陸の外の縁にあって、島や半島によって大きな海から区切られた閉鎖的な海域。

平均水深1667m、最も深いところで、3796m!なんだそうです。

海底には、特徴的な4つの海峡があり、その水深が、太平洋の水深に比べ、浅く、

また潮の満ち干きも少ないのだとか。

蒲生俊敬さん4


2016年3月5日放送 ゲスト:中島さち子さん

今年は、オリンピックイヤー!

ブラジル・リオで夏季五輪が開催れるということで・・・

ある種目の、日本人女性初の金メダリストをスタジオにお招き!

中島さち子さん1

あれ・・・

どの種目でしたっけ・・・ と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、

じつはこの方は、「数学オリンピック」の日本人女性で初の金メダリストにして、

ジャズピアニストの、中島さち子(なかじま・さちこ)さん。

中島さちこさん2

小さい頃から、ピアノと作曲を親しみ、中学生になると数学に魅了された中島さん。

中でも数学に惹かれたきっかけが、数学の先生が教えてくれた、

「シムソンの定理」。

ラジオという難しい環境で、中島さんがこの「シムソンの定理」について

教えれてくれましたが・・・ こちらがその図です

シムソンの定理

これを先生は「美しい」とおっしゃったことに感銘をうけ、

それ以来、数学の美しい部分にも惹かれていったのだとか。

中島さちこさん3

また、数学と音楽の似ている点についても教えてくれました。

例えば、ドレミの音の振動数を計算すると、

「ド」対「ソ」なら「2:3」

「ド」対「ミ」は、「4:5」

振動数と、音の和音の美しさが関連しているんだそうです。

「ドミソ」の和音は、「4:5:6」なので、割と快適に聞こえるということでした。

中島さちこさん4

また、日本文化と数学と音楽の共通点についてもお伺い。

例えば、俳句の「五・七・五」など。

日本人は「素数」が好きなんですよ・・・と教えてくれました!

中島さちこ5

今回は、BGMやエンディングテーマにも、中島さんの曲を使いました。

「灼熱」という、中島さんの曲!

とてもカッコイイ一曲です。

ぜひ、聞いてみてください~☆ミ

2016年2月20日&27日放送 ゲスト:袴田武史さん

以前もこの番組でご紹介した、

月面へロケット(ローバー)を送る賞金レース、

「グーグル・ルナ・エクスプライズ」。

これに挑戦する、東北大学の吉田一哉教授、そして、

チーム「HAKUTO」をご紹介しましたが・・・

その後の行方をしりたい!という多くのリスナーからの声にこたえ、

今回は、この「HAKUTO」の土台を支えるチームリーダー、

袴田武史(はかまだ・たけし)さんに、2週に渡ってお話を伺いました。

袴田武史さん1

袴田さんは・・・

名古屋大学工学部を卒業後、アメリカのジョージア工科大学大学院に進学。

航空宇宙システムの概念設計で修士号を取得。

帰国後、コンサルティング会社に入社。

そして現在、月を舞台とした国際宇宙開発レースGoogle Lunar XPRIZEに、

日本から唯一参加しているチームHAKUTOのチームリーダーとしてご活躍中です。

袴田武史さん2

ローバーを月に飛ばすには、莫大なお金がかかる!ということで・・・

日々、資金集めも頑張る袴田さん。

Googleがスポンサーとなり、XPRIZE(Xプライズ)という財団が運営する、

民間組織による「月面ロボット探査」を競う国際賞金レースなのですが、

その賞金は、総額3,000万ドル!

しかし、レースに参加するには、50~100億円がかかるんですって。。。

 

そして、実際に今回は開発中の最新型ローバーを持ってきていただきました!

袴田武史さん3

こちらは2輪タイプで、およそ4kg。

ペットボトルの大きさと比較してみてください♪

何で動かすかというと・・・

操作するのは・・・これ!

袴田武史さん4

近くで見ると・・・

袴田武史さん5

 

こんな画面になっています。

松尾さんも操作にチャレンジ!

袴田武史さん6

シルビアさんも!

袴田武史さん7

さらに去年、レースの中間賞が発表され、

18チーム中、トップ5のチームが賞を獲得!

もちろん「HAKUTO」もモビリティ賞という賞を獲得。

間もなく、月への打ち上げを迎えるローバー。

どんな結果になるか!楽しみです。

そんな期待の高いローバーと、松尾さん・・・自撮り!

袴田武史さん8

記念撮影も!

袴田武史さん9

まるでトロフィー。

袴田武史さん10

「赤坂月面」を走ったローバー。

袴田武史さん11

「夢★夢エンジン」は【HAKUTO】の朗報を待ちますよ!

 

2016年2月13日放送 ゲスト:岩波明さん

今回のゲストは、精神科医の先生!

岩波明(いわなみ・あきら)さん。

岩波明さん1

岩波さんは、

東京大学医学部卒業後、都立松沢(まつざわ)病院をはじめ、多くの精神科医療機関で

診療に当たり、現在、昭和大学医学部 精神医学教室 教授。

著書に『狂気という隣人 精神科医の現場報告』や、

『他人を非難してばかりいる人たち バッシング・いじめ・ネット私刑』などがあり、

精神科医療における臨床現場の苦労や問題点を発信し続けられています。

岩波明さん2

今回は、文学作品や映画などの名作に出てくる人物が、

もしかしたら...精神病だったかも?!ということで、

岩波先生が、医師の立場から分析。

岩波明さん3

夏目漱石の「坊ちゃん」。

川端康成の「みずうみ」。

芥川龍之介の「歯車」。

江戸川乱歩の「屋根裏の散歩者」。などなど!

岩波明さん4

ご紹介しきれず、泣く泣くカットした部分もありますので、

また後日、ご紹介しま~す!

2016年2月6日放送 ゲスト:齋藤寛さん

BGMは人の心理をどう左右するのか!脳に与える影響を研究しているのが、

齋藤寛(さいとう・ひろし)さん。

齋藤寛さん1

齋藤さんは、

新潟大学教育学部芸術科でピアノと音楽心理学を専攻。

齋藤寛さん2

音が与える心理的効果をビジネスや生活で実践するため、

飲食店やオフィスなどビジネス用BGMのコンサルタントや、

個人向けに音楽心理カウンセリングなどでご活躍中です!

齋藤さんに、「音楽がいつ生まれたのか?」を質問!

すると...

一説では、芸術文化が突然開花したと言われる4万年前あたりで、

骨でできた楽器も見つかっている。とのこと!

その後も、農耕技術など、人類が急激な発達をみせる。

齋藤寛さん3

やがて、

音楽は異性をひきつける手段となり...

踊れる = 健康 、運動能力がある!

運動能力 = 経済力(当時は。餌を持ってきてくれる...など。)

という理論に繋がるのだとか!

現在でも、バンドマンがモテるのは...ある意味、真理かも!

齋藤寛さん4



2016年1月30日放送 ゲスト:今井むつみさん(後半)

先週に引き続き、ゲストは慶応大学の今井むつみ(いまい・むつみ)先生

今井むつみさん4

今回は、赤ちゃんが言葉を覚える仕組みに関する、ある「実験」について

伺いました。

今井先生が行っている実験。

それは・・・

「キピとモマの実験」

今井むつみさん5

共同研究をしている「玉川大学赤ちゃんラボ」のプロジェクトで、

まだ言葉を話さない赤ちゃんが、ビジュアルな形と音との間に

何らかの整合性を見出すかどうかを調べる実験!

 

まず「ギザギザの形をした図形」と「まるっこい図形」の映像、

そして、大人がその図形の"名前"として整合性を感じる架空の言葉である

「キピ」と「モマ」という音声をそれぞれ用意します。

図形と音を組み合わせた映像を見たした赤ちゃんが、どう反応するかを、

脳波測定によって見ていくのが、この実験!

今井むつみさん6

この実験からわかることは・・・

言葉は、視覚や触覚と、音の感覚の間に恣意的でなく対応関係が感じられ、

音で模倣するようになって始まったのではないか!ということ。

今井むつみさん7

画期的な実験!ビックリしました。

2016年1月23日放送 ゲスト:今井むつみさん(前半)

先週の音声学に続き・・・

今週も「言葉」と「脳」のシリーズ!

慶応義塾大学の、今井むつみ(いまい・むつみ)さんに

お越しいただきました。

今井むつみさん1

みなさんは、言葉(日本語など)を赤ちゃんの頃、どうやって覚えましたか?

今井むつみさん2

ヒトは頭のなかに、独自の「辞書」のようなものを持っており、

それを駆使して、文書を話し、言葉を覚えていくそうで・・・

その総体を「レキシコン」というのだとか!

今井むつみさん3

つづきは次週!

赤ちゃんが、お母さんのおなかの中で、何か「言葉」の源になるものを

習得しているのか?!

さらには、今井先生が赤ちゃんたちに行っている「言葉の実験」について、

お話を伺います。お楽しみに。

今週は、加藤アナウンサーが戻ってきました~!

ノーベル賞の授賞式を取材したときのお話も、してくれました。

「王室のチョコレート」のお土産とともに。

オープニングでお話ししましたので、ぜひ聞き逃した方はポッドキャストで!

2016年1月16日放送 ゲスト:川原繁人さん

毎日、何気なく言葉を話していますが・・・

あ」と「い」は、どっち大きいのか? 

あるいは,「ゴジラ」と「コシラ...濁音の有無で、人は、どんな印象を持つのか! 

文字そのものには、大小がないはずなのに,音で聴く

大小判断てしまうから、不思議! 

これを解明するのが、今回のゲスト、慶應義塾大学の、

川原繁人(かわはら・しげと)さん。

川原繁人さん1

あれ・・・

いつもゲストの隣にいる加藤アナウンサーの代わりに・・・

「おじさん」が?!

川原繁人さん2

しかも、大爆笑している!!!!!

川原繁人さん3

ノーベル賞の授賞式の取材で、この日・・・海外へ行っていしまった

加藤アナウンサーに代わり、

番組初の代打アナウンサーが登場!

柴田秀一アナウンサーが担当してくれました。

川原繁人さん4

身振り手振り、分かりやすくお話ししてくださる川原さん。

「音とことばの不思議な世界」について研究されています。

川原繁人さん5

なんと、秋葉原の「メイドカフェ」のメイドさんの名前の特徴も、

「音声学」の立場から研究している川原さん。

川原繁人さん6

さらに、新人アナウンサーの指導もおこなう柴田アナウンサーが、

「最近の新人」に対するある悩みを相談!

川原繁人さん7

「う」の発音が難しい若者が増えているようです・・・

 

新人アナウンサーの皆さん!
または、「声」のお仕事をしたい皆さん!

川原繁人さん8

ぜひ、川原さんのご著書『音とことばのふしぎな世界』を

ご一読ください~☆彡

 

柴田さんの「プロの仕事」に感銘を受けた松尾さん。

柴田秀一さん1

柴田秀一さん2

ちょっと貴重な放送回になりました~!

柴田アナ×松尾さんのサムネイル画像

またいつか・・・このツーショットを☆彡

 

2016年1月9日放送 ゲスト:塚田 稔さん

絵画などの芸術作品を見たとき、

人の脳には、どんな作用があるのか?を解明するのが、

今回のゲスト。

玉川大学の、塚田 稔(つかだ・みのる)さん。

塚田稔さん1

モネの絵を見たとき・・・

ピカソの絵を見たとき・・・

人は頭で「創造」するものですが・・・

脳のどこで、芸術のすばらしさに触れるのか、

その謎をお話しいただきました。

塚田稔さん2

塚田先生は、実際に絵も描かれるということで・・・

ネクタイがとても素敵!

塚田稔さん3

よ~く見てみると・・・

塚田稔さん4

おや!

塚田先生のお顔のイラストと、「脳」のシナプスなどのイラストが!

オリジナルネクタイだそうです☆彡

塚田稔さん5