2016年3月19日&26日放送 ゲスト:海部陽介さん

日本人は、どこから来たのか!?

先祖たちはどんなルートでやってきたのか!

それを探るっているのが、今回のゲスト。

海部陽介(かいふ・ようすけ)さん。

海部陽介さん1

海部さんは、東京大学 理学部 生物学科で「人類学」を専攻。

現在は、国立科学博物館 人類史研究グループ長をつとめていらっしゃいます。

専門はおよそ200万年にわたるアジアの人類史で、

ホモ・サピエンスのアジアへの拡散について、

遺跡や化石、DNAなどをつかい、

これまでになかった、人類のアジア移住の歴史を提唱。

海部陽介さん2

今年2月、文芸春秋から『日本人(にほんじん)はどこから来たのか?』を発表し

話題になりました。

また、日本列島に、人類がどうやって来たのか?!

そのルートを3つに絞った海部さん。

(1)北海道からやってきたルート

(2)対馬列島からやってきたルート

(3)沖縄からやってきたルート

この3つのうち、最も困難と思われるルートが、沖縄ルート。

植物で船を作って、きっとやってきたに違いない!ということで、

このルートを、実際に当時の船を再現し、検証する!というプロジェクトを立ち上げました。

海部陽介さん3

しかも、このプロジェクトについて、

国立の博物館としては初めてクラウドファンディングを実施中。

海部陽介さん4

ぜひ!実現していただくのが楽しみです!

海部陽介さん5

3万年前の航海

徹底再現プロジェクト!

https://readyfor.jp/projects/koukai