2015年1月アーカイブ

2015年1月24日放送 ゲスト:小林誠彦さん(1週目)

ホーホーホーと夜中に鳴き、

目がギョロッとして・・・賢いイメージのある鳥。フクロウ!

今回は、フクロウを主に研究する、博物学研究家の

小林誠彦(こばやし・なりひこ)さんにお越しいただきました。

小林誠彦さん1

まずは、フクロウの進化について。

そもそも鳥の歴史で一番古いのは、始祖鳥。

これが1億4000万年前!

それから8000万年後の、およそ今から6000万年前。

フクロウの化石が見つかっているそうで、意外な古さにびっくり!

小林誠彦さん2

しかも、かつて「恐鳥(きょうちょう)」と呼ばれる、大きな鳥がいた時代、

フクロウにもなんと体長1m、体重9kgという大きな種がいたそうです。

その巨大フクロウは、ビーバーを食べていたのだとか!

小林誠彦さん3

「体長1m・・・」

思わず、大きさを想像してみるシルビアさん。

小林誠彦さん4

一方、大分県の湯布院でフクロウを腕に乗せたことがあるという松尾さん。

そのフクロウは体長50cmくらいで、とても太っていて・・・

重くて重くてビックリしたそう。

しかし、大きなフクロウがいる一方で、

たった14cm・40gの「サボテンフクロウ」という、片手に乗せられちゃうくらいの、

小さなフクロウもいるのだとか!

体重が40g。iPodと同じくらいの軽さ!

小林誠彦さん6

さらに後半では、フクロウの首と眼について伺いました。

フクロウの首は、360度回る!?という伝説は本当なのか?!

真相を伺ったところ、左右270度回るとのことでした。

フクロウは、ほかの鳥と違って、人間みたいに目が正面についていることから、

首を器用に回して、後ろも確認しているんだそうです。

さて、小林さんのフクロウ話は次週に続きます!

フクロウの鳴き声なども、聴かせていただきます。

お楽しみに!

2015年1月17日放送 ゲスト:安藤 淳さん

毎日気になる、お天気。

頼りになるのは、気象予報士さんですが・・・

実際に、どうやって予報しているのか?!

最先端の天気予報について伺うべく・・・

日本経済新聞社の編集委員で、気象予報士の、

安藤 淳(あんどう・きよし)さんにお越しいただきました。

安藤淳さん1

安藤さんによると、天気予報では地球上を20㎦

(東西南北にプラスして、縦も)に分けて、予報しているそうなのですが・・・

市町村単位で見ると、20㎦ではちょっと範囲が広すぎる!

最近は超局地的なゲリラ豪雨などもありますし・・・

そこで、およそ2km四方くらいの範囲で、細かく予報できるよう、

研究が進んでいるところなんだそうです!

安藤淳さん2

後半では、さらに・・・

「平年並み」の「平年」って、何年?!

「晴れ」と「雨」の予報では、どっちが当たりやすいの?!

「体育の日」や「文化の日」が晴れが多いのはなぜ?!

など・・・

素朴な疑問を伺いました。

安藤淳さん3

「気象衛星ひまわり」も、間もなくリニューアルされるそうで、

より予報の精度が上がるそうなのですが、

ハイテク化してきているとはいえ、

やっぱり人の肌感覚で、天気をチェックしていくのも、

重要なポイントとのこと!

安藤淳さん5

海外との協力、さらには太陽などの天体の状態も参考にした予報に・・・

今後さらに期待です。

安藤淳さん6

2015年1月10日放送 ゲスト:杉浦彩子さん

今回は「耳寄りな話」。

「耳」を科学!

お越しいただいたのは、名古屋にある国立長寿医療センター・

耳鼻咽喉科の杉浦彩子(すぎうら・さいこ)さん。

杉浦彩子さん2

杉浦さんは、『脅威の小器官 耳の科学』を執筆。

まずは「耳」の構造について。

外耳・中耳・内耳からできている「耳」ですが・・・

耳の形が、上のほうが丸くて、下の方がストンとしているには、

ちゃんと理由が!

あの形なので、音がどこから来ているのか・・・上からか?下からか?

聞き分けられるそうです。

杉浦彩子さん3

さらに後半では、耳垢の正体を伺いました。

外耳道にある「耳垢線(じこうせん)」というところから、

耳垢は出てくるのですが、

実は「マイグレーション」という機能によって、

耳の中の皮膚は、外側に自動的に移動しているのだとか!

そのため、実は耳かきはしなくても良い!とのことでした。

でも、耳かきは気持ちいいですよね~。

そしてそして・・・

耳の中を診察する器具をお持ちくださった杉浦先生!

シルビアさんの耳の中を見せてもらった松尾さん。

杉浦彩子さん4

緊張のシルビアさん!

こんな器具で・・・

杉浦彩子さん7

耳の中を診察!

杉浦彩子さん5

「きれいですよ~」 

とのことでした。

杉浦彩子さん1

生まれて初めて、耳の中を見た!という松尾さんでした。

そりゃそうですよね・・・。

2015年1月3日放送 未公開トーク特別公開7

年末年始スペシャル第二弾。

2014年11月~12月にかけて放送した中から、

時間の都合で泣く泣くカットしたトークをお送りしました。

<1>魚の行動学を研究する、

   有元貴文(ありもと・たかふみ)さん

有元貴文さん1

<2>ジュゴンの生態を研究し、ロデオまでしちゃう、

   市川光太郎(いちかわ・こうたろう)さん

市川光太郎さん1

<3>音を科学し、ピンポイントに聞かせるスピーカーを開発した、

   西浦敬信(にしうら・たかのぶ)さん

西浦敬信さん1

<4>ハトの記憶力や視力を研究する、

   渡邊 茂(わたなべ・しげる)さん

渡辺茂さん1

今年も「夢★夢エンジン」をよろしくお願いします。