2012年1月アーカイブ

2012年1月28日放送 ゲスト:石川幹人さん

人はどうして、騙されてしまうのか・・・。

進化心理学という観点から研究しているのが、

今夜のゲスト、明治大学・情報コミュニケーション学科教授の、

石川幹人(いしかわ・まさと)さん。

石川幹人さん1

進化心理学によると、

私たちがつい、壁のシミが幽霊に見えてしまったり・・・

低い位置で大きく見える満月に恐ろしさを感じたり・・・

噂を信じてしまったり・・・

こなってしまった原因は、約300万年前~1万年前の人間にあるとのこと!

なぜ、狩猟採集時代にまで、さかのぼるのか。

石川幹人さん2

全ては、この本に!!!

石川さんの著書、『人はなぜだまされるのか』。

是非お読みください。

 

なかなか興味深い分野のお話に、

収録後も、話が尽きず♪

石川幹人さん3

 

<石川幹人さんのHPはこちら>

http://www.isc.meiji.ac.jp/~ishikawa/

 

2012年1月21日放送 ゲスト:鳥越規央さん

もうすぐプロ野球も春季キャンプがスタート!

野球好きな岡村さんが気になる一冊・・・

『9回裏無死1塁でバントはするな』。

この本の著者が、今夜のゲスト。

スポーツを統計学から分析する、

東海大学の鳥越規央(とりごえ・のりお)さん。

鳥越規央さん1

前半では、まず鳥越さんが専門とする、「数理統計学」について。

選挙速報における、「開票速報」の不思議や、

コンビニの季節商品(中華まんや、冷やし中華)の売れる時期を、

統計学の目線から解説。

 

そして後半は、いよいよ野球の話!

鳥越さんが研究しているのは、「セイバーメトリクス」というもので・・・

これは野球において、データを統計学的見地から客観的に分析し、

選手の評価や戦略を考える分析手法。

鳥越規央さん2

真剣に聞き入る岡村さん。

鳥越規央さん3

「ピシっとして、パーンと打つ」・・・長嶋茂雄さんのように・・・

身振り手振り使って、熱血解説!

野球の新しい見方を教えていただきました。

鳥越規央さん4

野球の監督がやりたくなった!という松尾さん。

あの名監督のモノマネも・・・

 

2012年1月14日放送 ゲスト:船山信次さん

「薬毒同源」。

毒と薬というのは、表裏一体。

今夜のゲストは、

毒と薬を研究する、日本薬科大学の船山信次(ふなやま・しんじ)さん。

船山信次さん1

「毒」とはとても恐ろしいイメージがありますが、

実は非常に身近な存在!

生体に、何らかの作用を及ぼす化合物の中で、

私たちに良くない影響を与えるものを「毒」と呼び、

都合の良い働きをしてくれる場合に「薬」と呼ぶのだとか。

 

例えば・・・

風邪薬によく含まれる成分「アセトアミノフェン」は、解熱効果のある

非常に良い薬である一方、

お酒と一緒に飲むと、「毒」に変わるそうで、

このトリックを使った殺人事件も!

 

そして、あらゆる毒と薬を知った船山先生が、

「薬毒同源」の例となる、ある植物を、慎重に袋に入れた状態でお持ちになり・・・

手に取った松尾さん。

船山信次さん3

トゲトゲしている実が、

思わずビニル袋を突き破りそう・・・

船山信次さん4

松尾さん:「今、僕・・・このトゲトゲ、触っちゃったような気がする・・・

      大丈夫でしょうか、先生・・・!」

船山信次さん5

船山先生:「フフフフ・・・・」

意味深な笑い。

船山信次さん6

いずれも、用法・用量を守って、服用してください。

ピンポーン♪

 

<船山信次さんのHPはこちら>

http://www.nihonyakka.jp/teacher/kanpou_funayama.html

 

 

2012年1月7日放送 ゲスト:犬塚則久さん

ヒトはサルから進化したことは、誰もが知っていることだと思いますが・・・

では、サルはどうしてあのような体に進化したのか?

サルの前は、何だったのか??

人間の体のルーツを、解剖学の立場から研究しているのが、

東京大学大学院助手の、犬塚則久(いぬづか・のりひさ)さん。

 犬塚則久さん1

実は・・・

現在のヒトの体には、魚類だった時代や、爬虫類だった時代など、

それぞれの時代の生物から"受け継いだもの"がたくさん。

 

まずは・・・

人間の歯は、サメ肌!!!

という事実。

サメの肌は、「わさびおろし」や「日本刀の柄」に使われているそうで、

実際にスタジオで拝見したら・・・

犬塚則久さん2

一方向にザラザラが。

滑り止め効果バッチリ。

 

その他、

人間の肩には、魚のカマが!!!

頭には、トカゲの目が!!!

耳の中には、サメの顎が!!!

犬塚則久さん3

松尾さん:人間は、サメだったんだな~。

     僕の目が鋭いのは・・・サメの影響か?!

 

 

2011年12月31日放送 ゲスト:後藤邦康さん

明けましておめでとうございます。

TBSラジオでは、新年が明けて30分後に放送となった『夢★夢Engine!』。

 

松尾さん:新年早々の放送だし、お酒飲もうよ。

STAFF:日本酒を、科学しましょうか?!

 

「飲む口実」ができましたので・・・

飲むことにしました。

 

 

 

「おめでたい放送」に、お招きしたのは、

酒類総合研究所で、日本酒をはじめ、あらゆるお酒を研究する、後藤邦康(ごとう・くにやす)さん。

 

後藤邦康さん2

嬉しいことに、研究所が作ったという貴重なお酒を3本、お持ちくださり・・・

後藤邦康さん1

やったーーーーーーーーーーーーー!

松尾さん:♪酒が飲める飲めるぞ~酒が飲めるぞ~♪

       よし、じゃあもう飲もう!

後藤邦康さん3

すると、岡村さんから「待った!!」が。

 

まずは、日本酒ができるまでのメカニズムを、後藤さんにお伺いしました。

「サッカロマイセス・セレビシエ」とか・・・

「アスペルギルス・オリゼ」とか・・・

酵母の威力を学び、いよいよ日本酒の前に「ぐい飲み」が用意され・・・

後藤邦康さん4

ひとつずつ、試飲。

後藤邦康さん5

松尾さん:岡村さんもさ、やいのやいの言わないで、まあ・・・1杯さ。

後藤邦康さん6

番組前半で、しこたま飲み、

後半では、「おいしい」と感じる日本酒は、どんなものか、後藤さんの最新研究をお伺いしました。

後藤邦康さん7

 

後藤さんがお帰りになったあとのスタジオはというと・・・

後藤邦康さん8

再び、お酒の栓を開ける松尾さん。

後藤邦康さん9

陽気ですね~。

 

15分後。

後藤邦康さん10

 おや・・・松尾さん、なにやらお話を・・・

 

30分後。

後藤邦康さん12 

 長そうですね・・・

 

45分後。

後藤邦康さん13 

あれ・・・眠くなっちゃいましたか?

後藤邦康さん14

松尾さん:いや~、飲んだな~。

 

今年も、『夢★夢Engine!』を、よろしくお願いいたします。