2011年9月アーカイブ

2011年9月24日:放送 高木隆司さん

形を科学するスペシャリスト、高木隆司さん。

前半は、身近な自然界にある、さまざまな「形」の不思議について、解説していただきました。

 

まずは・・・

「シャボン玉は、なぜ丸いの?」

「玉だから」と答えるのは、文系・松尾さんですが・・・

その真意は、表面張力による影響で、エネルギー最小の原理ゆえのこと!

このエネルギー最小の原理が、なんと「放散虫(ほうさんちゅう)」という

微生物の骨格にも影響しているということで、

スタジオでその原理を、実演!

針金で作った、正四面体をシャボン液につけると・・・

高木さん1 

ほらっ!
 
 高木さん3
 
他にも、
 
「巻貝は、なぜ螺旋形なの?」
「雪の結晶は、なぜ六角形なの?」
 
などの疑問も解明!
 
さらに後半では、日本とヨーロッパに見られる、「左右」に関する美学について、
 
お伺いしました。
 
高木さん2
 
<高木隆司さんのHPはこちら>
 

2011年9月17日放送 ゲスト:岡ノ谷一夫さん

「言葉の起源に迫る!」という研究をする岡ノ谷さん。

人間がなぜ言葉を喋るようになったのか・・・を調べる上で、

岡ノ谷さんが注目したのが、「ジュウシマツ」。

 

なんと、ジュウシマツの鳴き声(求愛歌)には、「文法」のようなものがあり、

ジュウシマツのオスは、複雑な求愛歌を歌うほど、

メスにモテるのだとか!

なぜ、そんなオスがモテるのか、

モテるジュウシマツは、どんな求愛歌をうたっているのか・・・

実際に聴きながら検証していただきました。

岡ノ谷さん1

さらに、ジュウシマツの他にも、求愛の際に特徴的な鳴き声を出す動物がいるそうで・・・

番組中盤では、岡ノ谷さんと松尾さんによる、

動物の鳴きマネ合戦に・・・。


岡ノ谷さん2
 
「ジュウシマツだったら、モテたのにな~」と、松尾さん・・・。
 
<岡ノ谷さんの情報はこちら>
 

2011年9月10日放送 ゲスト:古田貴之さん(公開録音)

8月29日(月)夜。

ゲストに、ロボットクリエイターの古田貴之さん(千葉工業大学)をお迎えし、

公開録音を行いました。

 

今回は、古田さんが所長を務める、

千葉工業大学の「furo 未来ロボット技術研究センター」で作られた、

最先端のロボットも登場!

未来の車を予感させるロボット、『ハルク2』の動きと機能には、

会場も騒然・・・。

 公録1.jpg

さらに、この『ハルク2』を、松尾さんが操作させてもらえることに。

『ハルク2』は1本の足ロボットが、国産車1台分の値段×8!

コントローラーは、700万円・・・。

 

「保険はかかっていますか??」と心配しながらも・・・

操作に熱中!

 

 そしてイベントの後半では、福島原発の原発建屋に派遣されたロボット、『クインス』について

映像をもとに解説。

ニュースでは知らされていない、ロボットの活躍について、

貴重なお話をお伺いしました。

<福島原発での『クインス』の様子、詳細はこちら>

http://www.furo.org/ja/robot/quince/110726.html

 

会場では、来場者から古田さんへ質問も!

『ハルク2』のさらなる未来が皆さん気になるご様子でした。

 公録4.jpg

 

<こちら、番外編のお写真>

公録2.jpg

『ハルク2』のような高度な技術が必要なロボットのほかに・・・

誰でも簡単に作れるロボットの例として、

市販の「ボクシングロボット」にコンピュータを組み込んだものも、

お持ちいただきました。

来場者が、改造されたロボットと対戦!

 

公録3.jpg

松尾さんが恐る恐る手にしたこのロボットは、
 
『ハルク2』に並ぶ「furo」の代表作、『モルフ3』。
 
今回、古田さんが持ってきてくださったロボットの総額は・・・
 
実に・・・5000万円にのぼるとか。
 
貴重なお話、そして実演、ありがとうございました。

2011年9月3日放送 ゲスト:廣瀬幸雄さん

今夜は番組初登場!「イグノーベル賞」を受賞した先生がゲスト!

 

「イグノーベル賞」と聞くと・・・

「アカデミー賞に対する、ラジー賞のようなものなのでは?」と思われがちですが・・・

人々の役に立つ研究の受賞もたくさんあるそうで・・・

 

今回のゲスト、廣瀬さんが受賞した研究は、

「ハトに嫌われた、銅像の化学的考察。」というもの。

金沢出身の廣瀬さんは、兼六園にあった「ヤマトタケルの銅像」に

鳩が寄り付かないことに気づき、その銅像の成分を解析したそうです。

 

そんな廣瀬さんの専門は・・・「金属疲労」。

X線を使って、金属にまつわる事故解析などを研究しているそうなのですが、

廣瀬さんは、「金属」の専門家でありながら、特許も多く取得した発明家!


廣瀬1

発明のアイデアを生み出す秘訣は・・・

松尾さんの手元にある、「発明ネタ帳」にあり!

 

さらに、発明家の廣瀬さんの興味は、「コーヒー」にも及び、

美味しいコーヒーを研究する、「コーヒー学」というものも展開。

焙煎機まで、作っているそうです。

今回はスタジオにも、廣瀬さんが発明した焙煎機で作ったコーヒーもいただきました。


廣瀬2

収録中、松尾さんが気になって仕方がなかった・・・廣瀬さんのネクタイ・・・。
 
びっしりと、コーヒー豆がプリントされた、ユニークなネクタイです。
 
  
 
<廣瀬幸雄さんのHPはこちら>