2011年8月アーカイブ

2011年8月27日放送 ゲスト:桐生正幸さん

オープニングにて、

「岡村さんは、『ひつちん』・・・見たことあります?」と聞く松尾さん。

 

今日のゲストは、元プロファイラーーーーー!!!

日本犯罪心理学会の理事も務める、桐生正幸さん。

犯罪捜査において、「プロファイリング」とは、いつから始まったのか・・・

実際、警察は、どうやって捜査しているのか・・・

貴重なお話をお伺いしました。

桐生さん1

「プロファイリング」という言葉とあわせて、もうひとつ今回お伺いしたのは・・・

『ポリグラフ検査』。

いわゆる、"ウソ発見器"と呼ばれているもの。

この「ポリグラフ検査」で、容疑者のどんな点に注目して

真実を見抜きだしているのか・・・

そこには、意外な答えが!!!!


桐生さん2

 
さて、松尾さんが口にした、『ひつちん』とは?!

2011年08月20日放送 ゲスト:原島博さん

「美しいシワ、美しいハゲを人生の堀としよう!」

と提唱するのは・・・

 

四半世紀前、「テレビ電話」の開発をきっかけに、

『顔学(かおがく)』という学問に取り組み始めた原島さん。

 

この『顔学』とは・・・

顔を、統計学的に観察研究していくもので、

原島さんは、名画「モナリザ」の顔に表情をつけて「顔」を研究したり、

職業別の「平均顔」というものを割り出してみたり・・・。

原島1

「職業別の平均顔」と聞いて、「女性アナウンサーの平均顔」が気になる2人。

なんと・・・

テレビ局別の「平均顔」を教えてくれました。

フジテレビは?テレ朝は?NHKは・・・?

岡村さんは、「TBS・女性アナウンサー」の平均顔?!


原島2

 一方の松尾さんは・・・ 

「僕は絶対に、悪人に見られる顔・・・」と自負しているそうで、

「整形したほうが良いですか?」と先生に相談。

顔学者・原島先生の回答とは・・・

2011年8月13日放送 ゲスト:牧野順子さん

ここは、いつものTBSラジオのスタジオなのですが・・・

実験1

まるで理科の実験室!

「理科の達人先生」である牧野順子さんをお迎えしたところ・・・

たくさんの実験キットをお持ちいただきました。


実験2

早速、一つ目の実験。

コップに入った液体に・・・ある「指示薬」を入れると・・・


実験3

透明だった液体が、鮮やかなピンク色に!

この実験、何の実験か・・・分かりますか??

実験5

続いては、「糸電話」。

なんと、「凧糸」の代わりに、「エナメル線」を使うと・・・

どう音が伝わるのかというと・・・?!


実験4

そして番組後半では、理科実験のエキスパート・牧野さんが編み出した、

「イオンが目に見える実験」!

ストローの中には、寒天が入っており・・・

切れ込みの間に、ある液体を含ませた紙を挟み・・・

両端に電極をつなぐと・・・


牧野1

化学は、カラフルだから好き!という牧野さんでした。







2011年8月6日放送 ゲスト:吉村仁さん

13年、17年という周期で発生する「素数ゼミ」。

アメリカで発見されたこのセミのなぞを解くのが、吉村先生!

なんとこのセミたちは、

13年、17年、それぞれ土の中で年数をカウントし、

ぴったりのタイミングで地上に出てくるのだとか。

どうして、そんな「周期性」が発達したのか・・・

どうやってその年数(周期)を発見したのか・・・

そもそも「素数」とは何なのか・・・

不思議なことがたくさん!

吉村1

そして、セミ博士の吉村さんが、「セミを呼び寄せる方法」を伝授!

雄の鳴き声に合わせて、指をパチッとやると・・・

なんとセミは・・・!!!!


吉村2

さらに、吉村さんの研究は「経済界」にも発展しており・・・
 
『強い者は、生き残らない』という論をお伺いしました!