こちらは過去ページです。http://www.tbsradio.jp/utamaru/へアクセスしてください。

2009年2月28日

日本でオスカーと言えば全日本国民的美少女コンテストのこと MIX

ミッツィー申し訳による
「にわか『おくりびと』ファンに教えてやるよ! 日本でオスカーと言えば全日本国
民的美少女コンテストのこと MIX」

1.あふれそうな愛、抱いて [DJ TASAKA Remix]/上戸彩
2.琥珀の生命/C.C.ガールズ
3.teardrop/後藤久美子
4.Neo Classic/藤谷美紀
5.アタックNo. 1 Attack Samba No. 1 Remix/福田沙紀
6.DO YOUR BEST!! ~SUPA~/美少女クラブ21
7.トキメキ無常/森田クラブ
8.バイバイBOYにしてあげる/細川直美


『おくりびと』(英題:Departures)は、
滝田洋二郎が監督を務めた2008年の日本映画。
第81回アカデミー賞外国語映画賞、
および第32回日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞作品である。
主演の本木雅弘が、1996年に青木新門・著『納棺夫日記』を読んで感銘を受け、
青木新門宅を自ら訪れ、映画化の許可を得た。
その後、脚本を青木に見せると、舞台・ロケ地が富山ではなく、
山形になっていたことや、物語の結末の相違などから、映画化を拒否される。
本木はその後、何度も青木宅を訪れたが、映画化は許されなかった。
「やるなら、全く別の作品としてやってほしい」との青木の意向を受け、
『おくりびと』というタイトルで、『納棺夫日記』とは全く別の作品として映画化。
映画公開に先立って、小学館でさそうあきらにより漫画化されている。

(解説:ミッツィー申し訳)

  • radiko.jp
  • ラジコの聴き方
  • radiko.jp
  • ラジコの聴き方