こちらは過去ページです。http://www.tbsradio.jp/utamaru/へアクセスしてください。

ラッパー志望のお悩み相談

タイムカプセルに埋める最高のモノとは!?

 

ラッパー志望のお悩み相談のポッドキャストは配信終了しました

土曜日の実験室

スペシャルゲストに映画評論家の町山智浩さんが登場!

 

土曜日の実験室のポッドキャストは配信終了しました

映画批評レボリューション21

アメリカ在住、映画評論家・町山智浩さんを迎えて、
映画批評とは何なのか?を掘り下げます!

 

映画批評レボリューション21のポッドキャストは配信終了しました

久しぶりに登場!GEE申し訳Jr.

「アーティマージュ音源もしくは、GTSの曲がなければ
 申し訳ないとは成り立たないかもMIX」

20080308_04.jpg

1.crave / LISA
2.恋をしよう / Leah Dizon
3.Sugaless Girl / capsule
4.Lotta Love / m-flo loves MINMI
5. SUMMERTIME feat.VERBAL / DOUBLE
6. Wonderland / GTS feat. Ann Lewis
7.Come agein / m-flo

配信限定!放課後DA★話(3/8)【町山編】

ゲスト・町山智浩さんにサプライズゲスト!その後のスタジオはスレスレの映画トークでカオス状態!

配信限定!放課後DA★話(3/8)【町山編】のポッドキャストは配信終了しました

配信限定!放課後DA★話(3/8)【しまお編】

しまおまほ、放送後記の問題写真について弁解!

配信限定!放課後DA★話(3/8)【しまお編】のポッドキャストは配信終了しました

映画評論家・町山智浩さん!

アメリカ在住の町山さんが緊急帰国。
企画は「映画批評レボリューション21」...でしたが、
映画「アポカリプト」の解釈をめぐって大激論!
まあ、最後にはイイ話が聞けたので問題ナシ!

20080308_10.jpg

そして放課後ポッドキャストでは、
町山さんをよく知る「映画秘宝」アートディレクター、
高橋ヨシキさんを迎えてさらにディープな映画トーク&町山さんに反撃。

20080308_11.jpg

放送後記 第49回

スタジオ入りしてからの宇多丸の段取り一覧。

1 弁当を食べながらメール読み。
2 この日かける曲を最終決定。
3 「ラッパー志望」を選んで回答を考える。
4 オープニングトークを考える。
5 『「怪」ラヂヲ』の妖怪替え歌を聴いてひとしきり感心する。


20080308_01.jpg

↑今、4のあたり。

ライムスター&コーヘイ・ジャパン"ブラザーズ"の名フレーズ、
「ヘアスタイルの完成型 無駄ひとつない流線型」
が思い起こされます。


20080308_02.jpg

そして今週のオープニングの鳴き。

みうらさんの『サブカルジェッター』のゲストが杉作J太郎さん、
京極夏彦さんの『「怪」ラヂヲ』のゲストが平山夢明さん、
そして我がウィークエンド・シャッフルのゲストは町山智浩さん......
「イヤ〜な感じのグランドクロスが図らずも成立中!
大丈夫なのかTBSラジオ!
リスナーの皆さん......逃げてぇ〜!!」


オープニングは、攻撃型(アサルト)映画評論家かつ元『宝島』編集者として
数々のヒット企画を連発してきた町山智浩さん。
『映画秘宝』の記事で宇多丸はかわいがりを受けており、この日は逆襲を宣言。

でも、緊張。
すげー緊張(いとうせいこうさん以来のガチぶり)。


10時からは悩み相談コーナー「ラッパー志望ですけど」

Q「今度高校の卒業式があり、タイムカプセルを埋めることになったんですが、ライムスターのベスト盤を埋めることしか思いつきません。奇抜で画期的で面白く、なおかつインパクトのある案をお聞きしたいです」(ラジオネーム「大仏」さん)
A「まだタイムカプセルってやってるんだねぇ......しかも高校生で。
 それはともかく、ここはやっぱり『タイムカプセルとは何か?』という本質に立ち返りましょうよ。それって要は、埋めた時の自分と掘り出す時の自分、その偏差を楽しむってことだよね? なので、まず一案としては、掘り返す時に"自分はこうなっていたい"と思う自分像を出来るだけ具体的に箇条書きにしておくと。で、それをひとつでも実現出来なかったら『自害せよ』と書いておく。こうすることで緊張感が生まれ、何事にも頑張るようになるじゃないですか! 
 あとは、現時点でベストなズリネタを一個選んで、その理由も事細かに文章にしたため、それを入れておくんです。何十年か経って掘り起こして、意味わかんねぇよ!となるかもしれない。その時に詳細なメモが役立つわけですよ。変わってないなら変わってないで、それでヌケるんだからいいじゃない。これは必ず友達と一緒にやるべき。同窓会は大盛り上がりですよ......オナニー同窓会ですよ!!」

最低です。


20080308_03.jpg


10時15分からはコーナー発のMIX CDリリースも決まった
「アーバンMIX」「アイドルMIX」の2枚)「申し訳ないとフロム赤阪」。

この日のDJは、昨年5月以来の登場となるGEE申し訳Jr.。
ご存知ハウスユニットGTSのメンバーでもあり、
M-floやSOUL'd OUTらを擁する音楽事務所アーティマージュの社長でもあります。
レギュラーDJ陣イチの高収入!
(すぐに金の話をしたがるのが当番組の特徴)

20080308_04.jpg

華麗なる「ハウス系のJ-POP系のアーティマージュ系MIX」。
鉄板過ぎる!


20080308_05.jpg

10時40分からはラジオ警察しまおさんを迎えての「土曜日の実験室」

ふたりとも緊張しております。
なぜならこの日のゲストは......出たーッ!


20080308_06.jpg

町山智浩さん!!

まずはレギュラー出演している『ストリーム』内「コラムの花道」での裏話。
というより、小西克哉は困った人だ話。

みんな大好き小西さん。


20080308_07.jpg



「『アポカリプト』のラストはですねぇ......!!」
「宇多丸と言えば『時をかける少女』なのに......!!」

町山さんに食い下がる宇多丸とそれを笑って聞く町山。
すべてを見つめるしまお。

人生そのものです(適当)。


20080308_08.jpg


11時台は引き続き、町山さんが立ち上げた『映画秘宝』の意義について、
から始まって、ラストは「批評とは何か?」という本質論へ。
(すぐに本質論をしたがるのが以下略)

「批評家は感想を書いてはダメ。
 美味しい美味しくないは誰でも言える。
 その裏側にある調理法や原材料に言及するのが批評家の役目。
 利きワインには技術や知識が必要なのに、
 今はただワイン飲んでる人が評論家ぶっている」

名言キタコレ!

20080308_09.jpg

番組終了後、ポッドキャスト(前編)でも勢いは止まらず。

当番組の映画担当客員教授にして、現在『ショック!残酷!切株映画の世界』
絶賛発売中の高橋ヨシキ氏も乱入。
タマフル史上最高密度で怒濤の映画バトルを繰り広げております。

内容はわからなくても面白い!
(※ラストはN.Y.エンディング*なのでご注意下さい)

*N.Yエンディング......爆発音での締め。

しまおさんとのポッドキャスト後編ではクタクタでした。



20080308_10.jpg


実際にお会いした町山さんはとても気さくでアツい兄貴でした。

ありがとうございました!


20080308_11.jpg

スリーメン&黒T's。
居酒屋で隣の席にいたら怖い!


20080308_12.jpg



当然のようにこの後は寿司屋に流れ、激論は朝まで続いたそうです。


お疲れっした!





(構成作家・古川 耕)

2008年3月15日

ラッパー志望のお悩み相談

男子校がプリズンブレイク!?

女の子と自然と話すには?


ラッパー志望のお悩み相談のポッドキャストは配信終了しました

『It's Spring Again......出会いそして別れ、なんとなく春の歌ミックス』

宇多丸申し訳Jr.による
『It's Spring Again......出会いそして別れ、なんとなく春の歌ミックス』

20080315_04.jpg

1.春の歌/モーニング娘。
アルバム『愛の第6感』に収録の隠れた名曲。
古き良きハロプロの残り香。

2.さくら満開/モーニング娘。さくら組
桜が実際に咲くのはもう少し先のことだけど、
「赤坂サカス」オープン記念ということで。

3.笑顔に涙~THANK YOU!DEAR MY FRIENDS~/松浦亜弥
名盤『First Kiss』収録の卒業ソングにして、
河野伸クラシック!
(2007年5月19日放送分のセットリストもご参照ください)

4.Soldier [Spring Rain MIX]/MOOTH ACE
シルベッティ「Spring Rain」ネタということで。
歌詞は妙に世知辛いですが......。

5.Shangri-La/電気グルーヴ
で、「Spring Rain」ネタと言えば、
日本で一番有名なのはもちろんこれ。

6.way to heaven/上戸彩
これもどっちかって言うと4月っぽい歌な気もするが......
それ以前に、前に誰かが一回かけたっけ?
まぁいいや。
この季節には毎年かけてもいいくらい良い曲!

7.そよ風の調べ/dream
今回のミックステーマ、
内容的に考えて三月にしかかけられない、
この曲のために用意したようなものです。
ここには、
dreamというグループにしか語れない「物語」が、
確かに透けて見える!
詳しくは今年発売予定の『マブ論』単行本で(宣伝)。

8.Bitter sweets/SweetS
こちらも、文字通りホロ苦い感動を呼ぶ
SweetSのラスト・シングル。
デビューシングルとまったく同じ構図で撮られたジャケ写に、
スタッフの愛とサービス精神を感じます。
松井寛氏の編曲も相変わらずナイス。

9.SPRING LOVE [Wall 5 Remix]/DOUBLE
DJするときハンパなく重宝するアルバム『Reflex Remix』収録。

10.スプリング・スプリンガー~春に跳ぶ人~/堂島孝平
ちょっと前のノーナあたりとも通じるテイストの、
超ポップなディスコ・ナンバー。

11.Baby! 恋にKnock Out!/プッチモニ
あったかくなってくると、
ちょっとおかしくなっちゃったり、
発情しちゃう人とかが出てきますが、
そのあたりの異常な盛り上がり感を
「春のせいかな?」と喝破。
第二期プッチモニを代表する怪曲!

(解説:宇多丸申し訳Jr.)

  • radiko.jp
  • ラジコの聴き方
  • radiko.jp
  • ラジコの聴き方