こちらは過去ページです。http://www.tbsradio.jp/utamaru/へアクセスしてください。

2007年9月 8日

放送後記 第23回

実は今週、台風9号接近のためカレー部(水or木曜の定例ミーティング)が中止。
タマフルー(タマフルスタッフが)会ったのは一週間ぶりで、
みんなちょっと「あ、久しぶり」と思ったそうです。

会いすぎ!

 

冷蔵庫様、今週もよろしくお願いします!(最敬礼)

「いただきマッスル〜」
最近、こういう普通の写真撮ってなかった。
 

と思いきや明らかに普通じゃない人キター!

O.G(オリジナル・ギャングスタオリジナル・ギュウゾウ)Styleメーン!

放送前、選曲のリハをするギュウゾウ氏。
目の前で楽しげなしまおさんからのプレッシャーを受け、
選曲はいつしかロック路線からハロプロ方向に。

来るべき炎上に向けて『デス・プルーフ』おさらい。
「やべ、もう一回見て」

放送中にチケットをプレゼントした『ホステル2』。
「こんな映画です」



さ、今日は定時スタート!

オープニングトークは、今週各所で話題になった『リンカーン』問題について。
TBSテレビ『リンカーン』内で、
「芸人の中川家剛が練馬のハードコアラッパー“D.O”に弟子入りしてラップ修行を積み、
締めくくりに『B-BOY PARK』でライブをする」
という体裁のドキュメンタリー風内容を放映。
それを見た一部のヒップホップ・ファンが
「ヒップホップの粗暴な面を面白おかしくクローズアップし過ぎじゃないか」
と批判していたわけです。
そして、あの番組に対して宇多丸がどうコメントするのか、注目が集まっていたと。
(注:宇多丸は数年前、ヒップホップを揶揄的に扱ったCMや
日本のヒップホップを偏見混じりに紹介した朝日新聞に対し、
雑誌連載誌上で猛抗議しています)

で、この番組に対する宇多丸の感想は……


「号泣メーン!!」


いわく、
ヒップホップ云々以前に、
『がんばれ! ベアーズ』的な「コンプレックス克服型コメディ」として
非常によく出来ていた。
『チェケラッチョ!!』に比べりゃこっちのほうがよっぽど「映画」だよ!
中川家剛が最後に披露したラップは詞の内容・ライミング・ラップ技術、
いずれもハイレベルであり、それをヤラセが通用しないB-BOY PARKという場で
披露したということは相当練習したということ。

いずれにせよあの番組でのヒップホップの扱い方は、
「誇張はあるものの嘘はない」。
日本のヒップホップを揶揄することが目的だったとは思えないし、
バラエティ番組の枠組みの中でヒップホップを
扱ったものの中では最高クラスだった。

さらに言うなら、「日本のヒップホップ」自体が揶揄の対象だった昔に比べ、
「本物のヒップホップとはカッコイイもの」という前提を制作者側が持っていること自体、
一般にヒップホップがどれだけ浸透しているかを示すものでもあった。

──と、そんな感じでした。


10時台は「ラッパー志望です」

Q「友人に『リアクションが薄い』と言われて困ってます。どうしたらいいでしょう?」(RN:黄緑)
A「テレビ内の芸人同士のような会話メソッドを、一般の会話の中に持ち込むのはいかがなものか? なので、『黙る』もしくは『ブン殴る』というリアクションでOK。それかその友人を落とし穴にハメたりして、『よいリアクション』とやらを観察してみよう」
Q「大勢の人の前であがらないようにするにはどうしたらいいですか?」(RN:ウサギ)
A「テンションを出来るだけ低くする(例:ライブ前に「帰りてぇ〜」等と呟く)。ちなみに自分が初めてラップしたのは大学時代、サークルの先輩に騙されて渋谷のスペイン坂で道行く人たちに街頭ライブをかました時。そのかいあって初ステージでは全然緊張しませんでした」


続いてギュウゾウさんのDJ! 

 タイムリーなオープニングから(Def Techの“My Way”)からハスキングビー、ハイスタとロックな選曲。
最後はやはりモー娘“ザ☆ピ〜ス!”に着地。
粋なDJ姿がカッコイイっす。

しまおさんもノリノリっす。
 

10時40分からはしまおさんを招いての「土曜日の実験室」。
「あの人とあの人の声が似てる!」というのを並べて聞いてゲラゲラと楽しむ「他人の空似」企画。
しまおさん、珍しく台本に従って進行してくれてます。

とは言えそこは野獣。
本番中でもカメラには敏感です。

コーナー自体も普通に面白かったです。
古田新太氏とバナナマン日村氏の声、似すぎ!



11時からは『デス・プルーフinグラインドハウス』について語り下ろしの30分。
「これまで“小手先の映画”と言われても仕方がない作品を撮ってきた
クエンティン・タランティーノだが、今回は違う。
“かつてあった映画の熱狂”の再現を求めてボンクラ魂を注ぎきった結果、
うっかり映画の快楽そのものを掴んだ大傑作をモノにしてしまった!
ラストでは必ず劇場で拍手が起こるはず……
いい映画ってのはこういうことを言うんだよメーン!」


見ろ! これがやりきった男の汗じゃい!

 

というわけで放送終了ー。

さ、放課後のポッドキャストを録りますよー。

ほら、遊んでないで。
(明日の原稿の締め切りから逃避中)

 

アンニュってないで。
(明日の原稿を考えて気が重くなっている)

 

ちなみに今週は放送中にプレゼントがいくつかありました。

スペシャルウィークが終わった途端にこの大盤振る舞い……
気にしない!


ひとつは『プラネットテラー』のチケット&販促物のトイレットペーパー、
それから『ホステル2』のチケット。
(※両方とも募集は締め切りました)

 

ギュウゾウさんからはオリジナルステッカー3名様分、
電撃ネットワークのテーマCDを1名様分をいただきました。
いつもありがとうございます。

こちらはまだ間に合います。
ご希望の方は「ステッカー希望」か「CD希望」を明記して
utamaru@tbs.co.jp
までご応募ください。
(当選の発表は発送をもってかえさせていただきます)




ではまた来週ー。

しまおさんが「TBSラジオ好きな男ランキング」を発表するよ!

 

(構成作家・古川)
 

  • radiko.jp
  • ラジコの聴き方
  • radiko.jp
  • ラジコの聴き方