こちらは過去ページです。http://www.tbsradio.jp/utamaru/へアクセスしてください。

6月16日 宇多丸申し訳Jr. MIXリスト!

梅雨入り宣言が出たばかりとは思えない快晴の土曜日。
ということで今回の宇多丸申し訳Jr.ミックスは、
「夏を先取り! 爽やかな風を感じろ!~アーバン・ジャズ・ファンク特集~」
でお送りいたしました。
005utadj.jpg
1.ANGEL SOUL/中山美穂
旦那の選び方のわりには音楽の趣味は良かった……気がするミポリン。
こちらは97年のアルバム『Groovin'Blue』から、
モロにブランニュー・ヘビーズ『Never Stop』を連想させる、実に「使える」一曲。
ミポリンと言えば、80年代後半の、いかにも六本木あたりでブイブイ言わせてる感
(トシちゃんと付き合っていただけに)ビンビンのブラコン調ナンバーも最高なので、
そのへんもいずれこの番組で。

2.Venus in The Dark/中島美嘉
これもまた歌い手の「遊んでる感」が効いてる曲、と言えるかと。
その意味で、売りであるらしいバラードより絶対、
ある程度ダンサブルなナンバーが映える人だと思うんだけどなー。

3.恋愛レボリューション21 (超超超cool remix)/モーニング娘。
『プッチベスト2』に収録の超超超クールなリミックス・バージョン。
若干スペシャル・ウィーク対応ということで、
放送上では今回だけの大サービス、
ライムスター『ザ・グレート・アマチュアリズム』のサビを生で乗っけてみました!
その文脈は知る人ぞ知るところ……大人の事情ゆえここには明記できませんが。

4.ONE STEP/タンポポ
名盤『TANPOPO 1』(5月19日付解説を参照の事)より、
やはり初期ハロプロの音楽的な志の高さに、背筋を正せ!

5.さんざん言ってたんだぜ/シャ乱Q
一瞬「オリジナル・ラブか?」と思ってしまうほどスタイリッシュな演奏、
だが、歌が始まった途端……やっぱつんく♂節は強烈です!

6.Rainbow Seeker/森 広隆
ジャズ・ファンクのJ-Pop的解釈、そのお手本のような。

7.Shout It Out/観月ありさ
作・編曲・プロデュースにインコグニートのブルーイ
……って、いきなりホンモノだよ!
カップリングはGEE申し訳Jr.の所属するGTSが手掛けてたりして、
異常に贅沢なシングル。

8.トーキングヘッズ/SCRIPT
元MOON CHILDメンバーによる泥臭いオリジナル・ラブ、というか。
独特のラップ調(佐野元春風?)も非常に「申し訳好み」する感じ。

9.バカンスの恋/BON-BON BLANCO
ボンブラはいつかきっちり11時台に特集したいと思います。
これは2003年の最も「振りきった」シングル、文句ナシ、カッコ良過ぎ!

10.ENDLESS SUMMER NUDE/真心ブラザーズ
説明不要のクラシック!
どんなアウェイでプレイするときも、絶対に「すべらない一曲」。

11.月の裏で会いましょう/Original Love
同上!
「90年代っぽさ」の最良の部分というか。
歌詞がある種のドラッグのメタファーっぽく聞こえるのは、
たぶんボクの考え過ぎです!

(宇多丸)

ラッパー志望のお悩み相談

お悩み相談、今回は「音楽観の違い」について。
宇多丸がスバっと回答!

ラッパー志望のお悩み相談のポッドキャストは配信終了しました

ラジオ警察・しまおまほ 地方遠征編

ラジオ警察が今週はラジオFBIに!
地方のコミュニティFM局に潜入捜査!
そして番組コーナー最後にしまおまほ大暴走!

ラジオ警察・しまおまほ 地方遠征編のポッドキャストは配信終了しました

「いとうせいこうVS宇多丸」対談の前編

日本のヒップホップ・シーン黎明期の立役者である「いとうせいこう」さんが、
ヒップホップとは何か?というテーマを宇多丸と大激論!
いとうさんのテンションは虎ノ門の比じゃない!

「いとうせいこうVS宇多丸」対談の前編のポッドキャストは配信終了しました

放送後記 第11回

スペシャルウィーク突入!
聴取率獲得を目指して全番組が目の色を変える狂乱の2週間!

天下分け目の決戦日、まさかこの女(しまおさん)が番組史上最大のサプライズを
もたらすとはこの時点では誰も予想だにしていなかった……。





その頃スタジオでは。



「松ちゃんだよ〜」





『Quick Japan』最新号(Vol.72/太田出版)の
24ページで“タマフル(暫定愛称)”が取り上げられてます。
この時の取材(放送後記第6回)の記事ですね。
その節はお世話になりました。



と、いつもどおりキャッキャ×2してたら放送スタート。
気合い入れてくぜ!


■21:30(定時スタート)
「人から聞いた話によると、エビちゃんって天才らしいよ。
あと、想像だけど、市川海老蔵(真木蔵人氏言うところの「市川AV蔵」)が
『エビがエビを食ってこれが本当のエビフィレオ喰い』
的なことを言いたいがために狙ってくるおそれがあるので、
この放送を聴いてるエビちゃん気をつけて!

■22:00
【悩み相談「ラッパー志望です!」】
Q「僕が友人にヒップホップの良さを力説していると、『ていうか、いい音楽はいいんだから、オマエ頭固くねぇ?』と言われ、なんかモヤモヤします」(茶柱21世紀さん)
A「『音楽にジャンルは関係ない』とか偉そうに洋楽聴いてるようなやつが一番、アイドルソングを差別してんだよ!この世には自分に理解出来ないイイモノある、ということを知れ。もしくは、『いいものはいい』と言いたいならあらゆる音楽に通じてから言え。──ということを友人に言い返してはどうか。もしくはブン殴る

コーナーのラストにかけたコーヘイ・ジャパン、
“今がイチバン”が収録された新アルバム「Family」が素晴らしいです。
6月のヘヴィプッシュになるカモ。


【申し訳ないとフロム赤坂】
本日のDJは宇多丸申し訳Jr.(with例のドリンク)。 




題して「夏を先取り! 爽やかな風を感じろ!~アーバン・ジャズ・ファンク特集~」。
真心ブラザーズ“Endless Summer Nude”から
オリジナル・ラヴ“月の裏で会いましょう”への繋ぎは昇天必至!


それと……出ターッ!!
“恋愛レボリューション21”の上で
“ザ・グレート・アマチュアリズム”のサビを生でラップ!

細かいことは言いいません。
わかる人だけわかって下さい。


【土曜日の実験室 feat.しまおまほ】
しまおさんが岡山のコミュニティFM「FMくらしき」へ潜入捜査。
管轄外でもお構いなしの手広い捜査網に「ラジオ警察」から「ラジオFBI」へと格上げです。

潜入捜査(実は普通に取材とゲスト出演)した番組は『拝!ボーズ!』。
現役のお坊さんふたりがホストをつとめる世界初の「バラエティ法話番組」。
さすが喋りのプロだけあって異常な安定感でした。
(OPテーマが『一休さん』……やりたい放題!)
上のリンクからポッドキャストが聴けるので要チェキ。


そしてサプライズはコーナー終了直前にやってきました。


あれ? しまおさん、なんでそんな深刻な声に?
あれ? 橋本P、なんで中へ?



しまお「実は来週土曜のMBS『ヤンタン』の公開録音に応募したら当選しちゃって……
宇多丸「はあ」
橋本P「でも僕としては、来週もスペシャルウィークなんで、それを欠席して下さいと言ったんです」
しまお「でも千里スタジオでの公開録音は来週が最後なんです!絶対行きたいんです!
宇多丸「はあ」
橋本P「なので、ここはリスナーのみなさんにしまおさんが来週の放送を欠席していいか、判断を仰ごうかと」
しまお「わたしはラジオの力を信じてます
宇多丸「はあ。……って、ええ!?」




完全にマジ。

ということで、タマフル史上初、テレゴング方式で急遽メールを受付開始!
お題は
「スペシャルウィークにも関わらず、
しまおさんが来週ヤンタンの公開録音に参加してもいいのか!?」


■11:00
スペシャル・コンテンツ!
日本のヒップホップ・シーン黎明期の立役者いとうせいこうさん登場。
20年前、宇多丸少年(童貞)に“ヒップホップの呪い”をかけた張本人。
ヒップホップ黎明期の話、
とくに「ライブでの“騒げーっ!”というかけ声は俺が考えた」という仰天の事実から、
「今のヒップホップには発明が足りない。発明こそヒップホップでしょ!」
といった持論までを熱くトーク。
現役ラッパーとして、そんないとうさんにどうにか食らいつく宇多丸の姿は
勇ましくも微笑ましかったのではないでしょうか。

来週の後編も思わぬ展開に。
日本のとある伝統工芸とヒップホップとの関係は?
刮目して待て!




そして番組終了直前。

結果を知らされずにモニタールームでドキドキしていたしまおさん。



ブースに入っていよいよ運命の発表のとき。


結果は……




宇多丸「行っちゃダメ、19票。行っていい、116票。
なので、行っていいよっ、しまおさん!!


 

「ひゃぁあああああ!」



というわけで、来週はしまおさん、大阪から電話で出演します。

 

意気揚々と御礼のメッセージを書き込むしまおさん。
 


上機嫌で手製のTBS専用ネタ帳(警察手帳)も自慢げに見せてくれました。

 

「行ってきまぁす!」

本当によかったね。

 

 

一方そのころ、宇多丸は……。



 

チラッ。
 


!! 



「絡まってナ〜イ」
 



それではまた来週〜。

 

「熊田曜子ってこんなおっぱい大きかったっけ?(『恋のから騒ぎ』を見ながら)」

(構成・古川) 

 

 

■オマケ

帰ってきた「本日のじまんTシャツ」。



今秋、日本でも公開予定のクエンティン・タランティーノ&
ロバート・ロドリゲス監督の『GRINDHOUSE』より。
ロドリゲス監督の『PLANET TERROR』シャツ。


足がマシンガンなんだぜ!
 

6月16日&23日のゲストは…

この対談が実現したことの大きな意味、分かる人には衝撃が走るはず!
「日本語ラップのオリジネーター・いとうせいこう VS ライムスター・宇多丸」!!
itouseiko%20web%202.jpg   itoutaidan2.jpg
ポッドキャストでも配信!地球の裏側からでもこの対談が聴ける!

6月16日のオンエア曲

(21:26頃)
SUMMER BREEZE-07Edition/paris match

(21:52頃)
BODY BLOW/いとうせいこう

(22:05頃)
今がイチバン/KOHEI JAPAN

2007年6月23日

ラッパー志望なんですけど・・・

今回は音楽観の違い、そして、夏の過ごし方について、宇多丸が回答。

ラッパー志望なんですけど・・・のポッドキャストは配信終了しました

土曜日の実験室

ラジオ警察・ラジオFBI、しまおまほが「MBSヤンタン公開収録」に潜入捜査。
大阪から電話中継!

 

土曜日の実験室のポッドキャストは配信終了しました

「いとうせいこうVS宇多丸」対談の後編

日本のヒップホップ・シーン黎明期の立役者である「いとうせいこう」さんが、
ヒップホップとは何か?というテーマを宇多丸と大激論!
いとうさんのテンションは虎ノ門の比じゃない!

「いとうせいこうVS宇多丸」対談の後編のポッドキャストは配信終了しました

  • radiko.jp
  • ラジコの聴き方
  • radiko.jp
  • ラジコの聴き方