TBSラジオへ

2015年12月

【本日のキーワード】

原節子/水木しげる/加藤治子/あしたひろし/絶倫日本の時代/北の湖/千代の富士/デイリースポーツ/悪役/輪島/キャデラックで場所いり/水入り/新語・流行語/トリプルスリー/五郎丸(ポーズ)/ご注進サンダーライガー/M-1/審査員/視聴者投票/民営化/客席/煽りVTR/胃がキリキリ/国民ワラテン/エロスポイント/巨人師匠/カウス師匠/審査員を審査/よう稽古してるの伝わってくるわ~/行間のあるコメント/礼二さん/審査員芸/現役感/トレンディエンジェル/プロのハゲ/観客本位/お笑い帝国主義が民主主義に/日清/10分どん兵衛/文学部不要論/ダメ文系/森喜朗/山口敏夫

2015年12月21日 10:00

竹と梅、二人の物語がこれからも楽しみです!

2015年12月14日 07:00

今年の剣道界ベストキャスティングではないか!と勝手に思っている、学生スター剣士2人が共演。筑波大4年・竹ノ内佑也選手、中央大2年・梅ヶ谷翔選手。剣道経験者もそうでない方も、是非お聴き下さい。ロングバージョンです。

2015年12月14日 07:00

【本日のキーワード】

歌会始/和歌/万葉集/古今和歌集/こいつ、できる/識字率/パロディネタ/ヒップホップ/韻を踏む/引用元を知っている/大衆文化/アーカイブ化/『博奕打ち』/鶴田浩二/山城新伍/ドラゴンボールネタ/魔人ブウ/共通言語としてのプロレス/Dr.スランプ/鳥山明/緑の人/ピッコロ/山吹先生/あかねちゃん/『IPPONグランプリ』/『笑点』のスポーツ化/不良性/声が小さい系の人たち/教養としての歌会/競技性/手数/ジャンル横断/文武両道/道ばたに咲いている花を見落とす/中性化/『仏化していく日本』/お笑いの神様は女神/

※論の後に「小沢昭一の小沢昭一的こころ」について語っています。

2015年12月14日 07:00

ついに、この2人が・・・


★1DSC00473.jpg









★2DSC00474.jpg



謎のラジオ番組・・・



★3DSC00477.jpg










東京ポッド許可局に・・・


★DSC00478.jpg











やってきた!!!!!




★PC070175.JPG



★PC070199.JPG












ほんとに来た!!!!!!!



★PC070301.JPG












福岡大・大濠高校出身の2人。
筑波大学4年、竹ノ内佑也(たけのうち ゆうや)選手。
中央大学2年、梅ヶ谷翔(うめがたに かける)選手。



自称・日本で唯一の剣道番組、
TBSラジオで放送中の「東京ポッド許可局」。


剣道経験者のマキタスポーツ局員が以前、YouTubeで見つけた
うめがや、つまり、うめがたに選手の話をしたことが
きっかけで(参照) 剣道を追いかけ始め・・・

梅ヶ谷選手の飛ぶ鳥を落とす勢いの大活躍を見る中で、
学生剣道界には、梅ヶ谷選手すら「自分とはレベルが違う」と評する
「竹ノ内佑也」という存在がいることを知りました。


とにもかくにも、学生剣道のツートップなのです。



★PC070302.JPG




簡単に紹介すると・・・
■全日本選手権(11月)
  社会人を含めた真の日本一を決める個人戦。警察の方々が多い。
  2014年に竹ノ内選手が学生として43年ぶり、史上最年少優勝。
  今年は予選の末、出場者64人枠に、
  竹ノ内選手、梅ヶ谷選手、真田選手(鹿屋体育大)、学生3人が入り込む。
  梅ヶ谷選手が初出場で3位に!


■全日本学生、団体戦(10月)・個人戦(6月)
  団体戦では、大将・竹ノ内率いる筑波大学が優勝!
  個人戦では、2014年に梅ヶ谷選手が1年生で優勝。
  今年は梅ヶ谷選手が2位、竹ノ内選手は3位。


■世界選手権(5月)
  竹ノ内選手が日本代表で出場!団体世界一に!



ざっくり言うと、ほとんど勝っているわけです。


全日本選手権の試合会場で、2人の前にそれぞれ、
サインを求める少年少女の果てしない列ができていた光景が
忘れられません。




※■PC070303.JPG












さて、2人は高校時代の1年生と3年生の関係
上下関係ピリピリしてるのかな?と思いきや、
そんなことは無いそう。
収録を待つ間も、2人も笑顔で談笑していました。



各大会ではトーナメントの末、2人が直接対決することも
当然、大会最注目カードになります。

今年は4回の対決があり、竹ノ内選手が勝ち越しています。



直接対決。どんな気分なのでしょうか。

竹ノ内「当たれば勝ちたい。後輩に負けたくないというのも。
    当たればライバル。当たらなければお互い応援できる存在

梅ヶ谷「自分とはレベルが違う。当たれば挑戦者。
    最初は当たると嫌だな...というのがあったけど、
    絶対向こうの方が嫌だろうなと思って」




■PC070201.JPG





「梅ヶ谷」、「佑也先輩」と呼び合う剣士たち。


竹ノ内「(梅ヶ谷が)高校入ってきたときは、
    そこまで力は無いかなと思ったけど、
    自分が高校卒業して母校に稽古に行くと、
    力がついてるなと感じた」

梅ヶ谷「自分も結構いい成績を残していってるという
    自覚はあるけど、先輩にはかなわない・・・」




PC070237.JPG












番組でも話題になりましたが、
11月3日、全日本選手権の準決勝。西村(熊本県警)VS梅ヶ谷

タツオ局員が、「相手の反則じゃないの?!」と感じた、
あの試合についても話してくれました。


梅ヶ谷「剣道には、一打一押
    一打突して、相手に体を寄せて体当たりをしていい
    というのがある。それで、体を入れ替えられずに出てしまった」


一方で、竹ノ内選手は学生にして、
ディフェンディングチャンピオンとして出場。

竹ノ内「1回戦から3回戦まで、やってて研究されてるな」
と感じたそう。



※■PC070165.JPG












2人は、お互いの剣道をどう感じているのでしょうか。


梅ヶ谷「威圧感がある。下がったところに、
    早くて強い打ちの飛び込み面。

    面だけ受けてても小手に変化したり。
    予想しないところで引き面がきたり」



竹ノ内「体は小さい方だけど、パワーもスピードもあるし、
    集中が切れない
相手に隙が出た瞬間をずっと狙ってる」



じゃぁ、普段の印象は・・・

竹ノ内「梅ヶ谷は、高校のときは、ずっとボーっとしてました
    ボーっと弁当食ったり・・・

    普段集中してない分、試合の一瞬に集中できるんじゃ・・・」


梅ヶ谷「何するにしてもリーダー。みんなまとめて、みんなついていく」

竹ノ内「結果を見てもらうとわかるけど、
    自分は個人戦より団体戦向き。
向きというか・・・
    団体戦の方が楽しい。みんなと勝ちたいし、
    負けたときは本当に悔しい」




★PC070149.JPG











竹ノ内選手は4年生。
今後は、警察の中でも強い、警視庁に進みます。

違う選択肢もあったけど、
やれるところまで現役としてやりたい
という気持ちが強くなったんだそう。


梅ヶ谷選手は、来年3年生。
全日本学生の団体戦をとりたい
中央大学として優勝したい。



PC070309.JPG











実はこの収録、30分ほどの予定が、
結局1時間近く録音していました。

14日更新のポッドキャストでは、
超ロングバージョンを配信しました。


http://podcast.tbsradio.jp/tokyopod/files/20151213_kendo.mp3
※配信期間は3ヶ月ですので、期限切れの前にダウンロードを

2人が参加しているジャパン候補の合宿。
試合日のルーティーン。
学生生活、ファンレター。
8人部屋の寮生活(中央大学の木曜日)。
北川景子の結婚報道。

また、鹿島局員が竹ノ内選手に
竹刀を落とされる様子もポッドキャストで。



※■PC070364.JPG













iTunesのPodcastの番組登録や
許可局アプリ(iPhone、Android)のダウンロードも是非。



2015年12月13日 04:00

ページのトップへ戻る