TBSラジオへ

2015年6月

3月の気まぐれ時事放談に続き、
今月は梅雨入り時事放談!

枕営業問題、熊切さん、学歴フィルター問題・・・
自由気ままに語らいました。




そしてエンディングでは
福岡で販売する、この夏の物販3つを発表!
(渋谷でもこの3つは販売します)



その1!■きょかきょくんUSB■

TBSラジオでの放送、2013年度・2014年度、2年分の音声が入ったUSB。
USB限定の、2年の論を振り返るトークも収録しました!


USB1.jpg












USB2.jpg













その2!■忘れ得ぬ手ぬぐい■


鹿島局員の忘れ得ぬ人。
あの「後ろに乗って」をイメージしてデザインした、
ロマンティックな手ぬぐいです
※参照 2013年9月14日「忘れ得ぬ人々論」



2015_東京ポッド_手拭い_image.jpg




































その3!■すあま普及ステッカー■ 2枚セット



すあま1.jpgすあま2.jpg



「すあま知ってます」
「ちょっと待って!それ本当にすあまですか?」
という文字が入ったかわいいすあまくんステッカー。

許可局員としての意思表示!
さらに、類似品が多いすあまを守る!

貼って、すあまを広め、すあまの地位向上を目指しましょう!




東京ポッド許可局夏のイベント
■7/4(土)福岡・大濠公園能楽堂
■8/2(日)渋谷公会堂

イープラス http://eplus.jp/tpodf/
ローソンチケット http://l-tike.com/
ぴあ http://pia.jp/t
来て下さい!

2015年6月14日 23:35

おじいちゃんおばあちゃんとは別居。
死ぬ場所は、家ではなく病院。
人間の寿命は伸びている。


このご時世、
人の死を経験していない人が増えているのではないか。


つらい、ギュウギュウの満員電車に乗っている人だって、
100年後にはみんな骸骨なんだ。
死ぬことは当たり前。


R0016618.JPG
















親や友達が突然死ぬ。
悲しみ過ぎて、それを受け止められない人が
多くなっている気がする。


今は死を遠ざけているから。



R0016606.JPG


















マキタ局員は幼少期、
同居していたおばあちゃんを亡くしたことで、
人間は死んだら物になって、
どれだけ冷たくなるのかを知った。


遊んでいた友達が溺死したことで、
人って簡単に死ぬんだと知った。



R0016615.JPG



















鹿島局員は40歳を過ぎて、
「あ、折り返し終わってるんじゃないかな?」と考える。
だからこそ、目の前のことが大切だと思える瞬間が増えた。


「死」を意識すると、より「生」がいきてくる。





R0016611.JPG

















授業で歴史を習うけど、ほとんどの人が
年表に名を残すことはないんだと実感する。


時代劇を見てると、すぐ斬られちゃう人がいて、
この人の人生って何なんだろう・・・と考える。

でも、昔と今とでは、生きる意味が違ったんだろう。

生きてるだけで儲けものという、
加点法の生き方だった。だから、人の死も諦められる。


でも、今は「死にたくない」から始まって、減点法




R0016631.JPG



















死は自然のもので、天災。
「死ぬときは死ぬ」という感覚を持たなければいけない。
死ぬことは特別なことではない。



死を見すぎたタツオ局員の実感から、
そんなことを改めて考えた
「死を受け止める側論」でした。

2015年6月12日 01:26

不思議な空気の...素敵なふつおたに、3人のテンションも上がります。

2015年6月 8日 10:30

あなたが、自意識のせいでどうしてもできないこと、できなかったことを自己申告していただくコーナー。

2015年6月 8日 10:30

【本日のキーワード】

身近な人の死/心を病む/触ったら冷たい/人って簡単に死ぬんだ/別居/実感/病院/天災/理不尽/人間も自然物/俺だけ生き残る/特別なこと/戦争/ありえないことは全部ありうる/想定内、想定外/おごり/100年後みんな骸骨/みんなちゃんと死ぬ/折り返し/ファンタジー/年表/すぐ斬られちゃう人/オンリーワン、ワンオブゼム/よく生きる/ラッキー感/加点法/ドン引き/死にたくないからの出発/龍三と七人の子分たち/中尾彬/悲しみの浄化方法/笑い飛ばす/猫/車にひかれた/癌/死の圧倒的な強さ/ホテル/ねぇさん、今日も死にました/諦める/業/タツオは死を見すぎ

2015年6月 8日 10:30

ページのトップへ戻る