TBSラジオへ

2015年3月

土曜朝4時の最後の放送。そして、今年の地方公演を発表!

2015年3月30日 10:00

居酒屋のメニューに激怒したマキタ局員の話から、もっと良くできそうなのに、進化がとまってしまっている「そのままでいいの?」と思うものをいただいています。
※都々逸付き

2015年3月30日 10:00

【本日のキーワード】
タコ壺ナショナリズム/声優/ジャンルの臨界点/アイドル/ビジュアル系/自活できている/ラーメンズ/エレキコミック/浅野忠信/マッチョ化するオタク/おぎやはぎ/『魔法少女まどかマギカ』/武道館ライブが分水嶺/でんぱ組.inc/棚橋弘至/姑を切った/「ジャンルはマニアが壊す」/きゃりーぱみゅぱみゅ/SEKAI NO OWARI/サッカー/松木安太郎/世界共通タコ壺/WBC/タコ壺=マーケット/立川談志/閉塞感/フェス/タコ壺で育った人がジャンル横断していない/医者/アニメのサッカー化/

2015年3月30日 10:00

今年も3月20日がきた。1995年に地下鉄サリン事件が起きた日。


マキタ局員、鹿島局員は20代なかば。

タツオ局員は18歳で、高校を卒業して大学に入る準備をしている頃だった。


R0016178.JPG
















鹿島局員は25歳・無職・・・ではなく、志半ばのモラトリアム期。

昼頃に起きてテレビを見て、ハッとした。


鹿島 :「ちゃんと通勤電車に乗った人が被害にあって、

     自分は昼前に起きて のほほんとしている。
     社会と自分との距離...。こんなことをしていてはいけないと思った。
     自分がこのままではダメになるかもしれない と思った」




R0016160.JPG




マキタ局員もフリーターで、コーヒーのルート配送をしていた。

霞ヶ関を通るルートだったけど、通行止めで、違うルートも大渋滞。

いつもの業務ができなくなった。



マキタ:「早く仕事をあがれる。彼女に会える なんて思ってた。

     でも、車でラジオを聴いていると、そんなことを言っている場合じゃない・・・

     サリンって何だ?何が起こっているんだ?と思った当時の、

     車の匂いも鮮明によみがえってきた」

 


R0016154.JPG



鼻が悪くて、春先の記憶はぼんやりしているタツオ局員は・・・

 

タツオ:「オウムは完全にあっち側の話だった。

     同じ95年にはエヴァンゲリオンが放送された。

     オウムよりも、あぁいう内向的なものがむしろ響いた。

     何かにすがるというよりは、内向きの戦いを志向していたような気がする」

 


 R0016162.JPG















サティアンがあった上九一色村は山梨県。近くに入信した人もいた。

マキタ局員や鹿島局員は、身近にオウム事件を感じていたそう。




マキタ局員は当時、うまく社会にはまっていない自分を

どうにかしないといけない、何かをぶっこわしてやりたい といった

破壊願望もあったそう。

でもそれは幼稚で、外に出しちゃいけないと思って隠していたもの。

オウムはそれが全部外に出ているように見えて、

「やばい!これ、俺じゃん!」と感じたそう。


 

鹿島局員のモットー「半信半疑」が確固たるものになったのも、オウム事件。

ピュアすぎると、真面目すぎると、こうなってしまうんだ。他の選択肢はないから。

真面目に従うしかない。世間知らずは本当に怖く感じた と。



100人いれば100通りの3月20日があって、

感じたことが100通りある。

それぞれの3月20日を語らいました。

2015年3月26日 21:16

お姉さまがたからの、嬉しい嬉しい「ふつおた」を紹介

2015年3月23日 11:30

ページのトップへ戻る