TBSラジオへ

2015年2月

【本日のキーワード】

濡れ場/鼻先輩/鼻と記憶/タイムスリップ/鼻優先主義/冬のローカル電車/駅の待合室のストーブ/腐りかけの果物/春先の記憶/花粉症/理屈っぽいのは鼻が悪いから/日本の木造家屋/ぼっとん便所/菊と線香/石油ストーブ/焼き火鉢/喚起力/いい匂いのするイベント/蟲師/松井秀喜/ドブ川/銭湯/ほったらかし温泉/土曜日の匂い/クロマティ/

2015年2月 9日 11:30

やっていれば見るテレビ、旅番組。



鹿島「こないだ見たら、北陸新幹線開業で長野から金沢に行く 

   みたいなのやってて。
   出てたのが、渡辺正行さん、秋本奈緒美さん、あとグラビアアイドル。
   あーー!旅番組だな!!と思ったんですよ。この座組み



R0015771.JPG

















条件は何だろう・・・



みんな知っている人。

ザワザワしない人。

面白いことを言おうと積極的に狙ってくるのではない。

良い意味でトゲがなく安心感がある人。

性のニオイがしてもダメ。

ビッグネーム過ぎてもダメ。




この絶妙なキャスティング。

旅番組にフィットする、
湯けむりJAPAN を考えてみよう!



R0015740.JPG

















以前、旅番組に出演したマキタ局員。


あとで客観的に見たら、自分が毛羽立っていて、
視聴者の自分は、出演している自分のことを


「この人いらない!」と思ってしまったそう。




R0015772.JPG




マキタ「舞の海どうですか?」

鹿島 「あーあー!!相撲関係なんですよ。

    オレも、高見盛ってメモしてる!メインじゃないんですよ、

    西遊記でいうと猪八戒的な」

マキタ「舞の海を置いた場合は、奈美悦子、舞の海、三津谷葉子!」




鹿島 「陣内貴美子さん」

マキタ「陣内夫妻!」

鹿島 「陣内貴美子夫婦、いただきました!金石昭人なんて、いいじゃない!」



R0015782.JPG


















マキタ「パンチ佐藤

鹿島 「マキタさん、オレそれ書いてる!」

タツオ「ちょっと待って!パンチ佐藤は情報多いよ!」

鹿島 「だけど!でも!よく考えてみて下さい。今みんな、浮かんだパンチ佐藤って、

    何年のパンチ佐藤?2014年じゃないよね?2013年じゃないよね?

    1996年くらいなんだよ!今のパンチなの!」



R0015750.JPG

















タツオ「でもさ、薄くですけど、モノマネできる人ほしくないですか?

     食べたときに、〇〇さんどうですか?とか振って一笑い。手堅い」

マキタ「布施辰徳どうですか」

2人 「(爆)」

鹿島 「あぁ、もう、決まったな・・・」

タツオ「100点だわ!最高だわ!」

鹿島 「オレ、見たかもしれない。オレ、一緒にお風呂入ってるかもしれない!」



R0015752.JPG


















キャスティングを考えるのって、やっぱり楽しい!

マキタ・鹿島局員が旅立ちつつ、

笑いの耐えない回となりました。


みなさんの湯けむりJAPANも是非、教えて下さい。

2015年2月 5日 22:51

マキタ:自分が生まれ変わるような体験、してますか?
    「新たな自分に会う」とか「もともとの自分ってこうだったんだ」みたいな
    気付きを得ること。



R0015739.JPG
















鹿島局員は去年、新しいことだらけで、
毎朝 起きるのが楽しみで楽しみでたまらなかったそう。


新たな仕事、 結婚、 子育て、 旅・・・

そういった、異文化との衝突。

結局、ショックやでしか、自分は変われない。



未知な国を旅すれば、おのずと面白いことが起こって、

新しい発見がある。

でも、仕事や家庭もあるし、そう簡単にはできない。



そんな「外圧」を生む環境を作れないのなら・・・



R0015744.JPG
















大事にしている本やCDを処分したらどうなるのか。



つまり、「内」からショックを与える「内圧」。


自分ドッキリ
 とも言える状況に、自らを追い込んでみる。




R0015734.JPG
















タツオ局員は 本棚を買って、

入りきらない本を整理しなければならない状況に。


残す・残さない、選定の基準は、


手放したら二度と出会えなそうな本や
頻繁に手に取る本。


本当に必要なものは、浮かび上がって見えてくる。


これから読もうと思って読まずに置いておいたものは、

たいてい読まない。

マキタ「20代のオレ、聴いてるか!読まねぇぞ!バタイユ読まねぇぞ!」




R0015735.JPG

















さらに、本の整理に直面したタツオ局員の考えは

「死ぬまでに必要なもの」ということにまで及び・・・

 

今後は、新しいものに手を出さず、

持っているものだけで戦い抜く方が良いんじゃないか。



いろいろ話してきたけど、これっていわゆる「断捨離」のことなのか?




忙しく日々が過ぎていく。

でも、これでいいのかな・・・? なんて思いがある方。

是非聴いてほしい「外圧論」です。

2015年2月 3日 18:36

「鹿島局員の相槌が好き」というふつおた。そして、「世の中に無くていい食材」についてアレコレ語る三人。

2015年2月 2日 10:00

「女性はおしっこがどこから出ているのかわからないらしい」という情報を聞きつけたマキタ局員が驚いて、思わずツイート=ツイッターに投稿してしまった という話からできたコーナー。

※都々逸付き

2015年2月 2日 10:00

ページのトップへ戻る