TBSラジオへ

2014年10月

卵写真2.jpg


「待て待て待て~!たまご、待て~~!」なんてはしゃぎながら

終始、笑顔がこぼれる収録となった「卵論」




タツオ:納豆は、2つくらいパックから出して、そこに卵黄だけ入れてかき混ぜて・・・
鹿島 :ご飯と卵と味噌汁があって、塩気を味噌汁に求めて混ぜてみたら・・・


などなど、それぞれの「卵」について話しながら、

話題は、卵ごはんに。




卵かけご飯.jpg




卵が好きすぎて、どの角度から話していいのかわからなくなっていたマキタ局員が、
おもむろに話し始めます。



マキタ:こういうのもあるんですよ、タツオ君。


R0014829_2.JPG











マキタ:黄身の部分だけ半熟にした目玉焼きを作るんですよ。それと、納豆と一緒にご飯でいただくんです。しかも、目玉焼きを焼くときに、ごま油で焼くんですよ。ごま油は、簡単に水分が飛んで、早く救出してあげないと、白身が焦げやすいんです。でも、半熟の状態を作りやすいんです。香りもいいでしょ?ごま油と納豆っていうのは、兄弟かってぐらい、良いんですよ。黄身の部分がぐちゃぐちゃっとなった状態のその・・・決して混ぜないで下さい、まだ。で、納豆は納豆でかけておいて下さい。途中から自分で崩してその白身の部分と黄身の部分がぐちゃっとなったところに納豆を下にからめながらゴソッと・・・




R0014794.JPG










ジェスチャーで作り方を説明しながら、話は止まりません。



マキタ:納豆オムレツ?良い質問です。僕ね、好みがあって、納豆を入れることによって、よりパンケーキ状に近づいてしまうっていう問題があるんです。僕ね、いくつか試作を重ねてきたんですが、卵自体の粘度を保ちながらやるんだったら、溶けるチーズを入れるべきなんです。つなぎとして。同じ発酵食品である納豆。そもそもチーズの油もありますから、表面がわりと硬くなって、中を半熟状態にキープするっ  ていう層が、3層くらいの状態のものを作ることができるんですよ。

卵写真.jpg












おいしそうなレシピがあれば、是非お試しを。
さらに、もっとこんな食べ方があるぞ!というメッセージも
お待ちしています。


「金曜いいでしょう」のコーナー、お送りしました。

それでは、また~!

2014年10月29日 19:20

「もし女優の事務所の社長だったら論」についてリスナー局員のみなさんの意見を紹介。さらにイベントゲストを発表!

2014年10月27日 10:00

ふとしたとき、どうしているのかな?と気になってしまう人。自分の中に爪跡を残しているけど、連絡をとったり会おうとは思わない。そんな、誰にでもいる、「忘れ得ぬ人」を送ってもらうコーナー。

※都々逸つき。

2014年10月27日 10:00

【本日のキーワード】
月見そば/カレーと卵の戦/たまごかけご飯/納豆/卵黄/槙屋/水炊き/ゴマ油/味噌汁/カップやきそば/たまご、強いよ/調子に乗ってるとき/チーズ/納豆オムレツ/目玉焼き再評価/ガパオライス/ラーメンの半熟玉子/受けの見事さ/波平さん/待て待て待てー!/タモリさん/つゆだく/完全犯罪/カツ煮/豚肉と木耳の玉子炒め/中国人はエッチ/食の出会い系/

2014年10月27日 10:00

R0014750.JPG













ライブハウスに行くと、
知らないバンドが、オリジナル曲を歌っている。


ふと思った。


なんでこんなにオリジナルの曲が多いのか。



「みんな、最後に、あの曲だよ!」と、大アンセム。

そこでは名曲とされているけど・・・
そもそも名曲って、そんなにいっぱいあるものなのか?




R0014756.JPG











大勢の自作自演家たち。


ポッドキャストを始めた許可局だって、自作自演家。
アーティスト、芸人、みんな自作自演家。


音楽で言えば、
フォークソングの時代以前は、
職業作曲家、職業作詞家、職業歌手がいて、分業制だった。
その後、シンガーソングライターが世に溢れる。


芸人なら、漫才ブーム以降、
自分でネタを作るようになる。




R0014788.JPG











自らが、自らの言葉で、自らの思想を語る時代。


「自己表現していいんだよ」という空気が流れる中で、

「自己表現したいよ~、自己表現したいよ~」
という、浮かばれない魂が
あちこちに漂って、成仏していない。



R0014767.JPG











自分ももちろん、自作自演家。
そこへの処方箋として考えられるのは・・・
「古典をやること」



マキタ局員がなぜ、そんな心境になったのか。

古典をやる意味は何なのか。




アレコレ語らいました。



エンディングでは、アルフィーのファン=アル中である、

TBSラジオ社内の許可局員から、

その魅力を記した長~いお便りが。



R0014770.JPG











マサルティンバンコ・・・・・



手紙を読んで3人は、

アルフィーのライブを見に行きたくて行きたくて

たまらなくなったのでした。

是非エンディング音声も聴いて下さい。



さて、次回25日の放送では、

草月ホール12月20日(土)

「オレたちと聖夜と東京ポッド許可局2014」のゲストなど、詳細を発表



さらに次回の論は、

今回オモツイで盛り上がりすぎた、あの話の延長戦!


25日(土) 朝4時、いつものダイヤルでお待ちしております。


それでは、また~!

2014年10月22日 21:16

ページのトップへ戻る