TBSラジオへ

2014年8月

M-1グランプリが復活する。

詳細はよくわからないが、夏に決勝。


R0013992.JPG













以前、お笑いコンテストについて話した回は、
こちらを参照。



お笑いコンテストが求心力をなくしている。

一攫千金の夢もない。


未知なる強豪が、バラエティの組織図をひっくり返すような革命も起こらない。

システムも安定して、ガヤガヤみる要素もない。



R0013961.JPG














そんな状況の中、「THE MANZAI」「M-1」という、

大きな大会が2つ。つまり、チャンピオンが2つになる。


2つになって、どうなるわけ?統一チャンピオンができるの?


なぜ、新しい大会じゃなく、「THE MANZAI」という名前が

復活するのだろう?



R0013963.JPG











タツオ局員が番組で共演している「もふくちゃん」

彼女はアイドルをプロデュースしているんだけど、

「アイドルを、ブームじゃなく文化にしたい」と話しているそう。



ブームは点。文化は線にする作業。


お笑いの場合・・・、「文化」になっていない。

いかに小さいタイトルであれ、乱立していれば、

文化になるのではないか。

そう考えると、M-1の復活をポジティブに捉えられる。




R0013964.JPG













関西には漫才のタイトルがいくつかあるけど、

東京にはタイトルがない。

関西の人がお笑いを誇る気持ちは、

そんなタイトルがあることにもつながっているのではないか。


R0013980.JPG












でも、そもそも、お笑いを「文化」というカテゴリーに入れる

必要はあるの?


再び、お笑いコンテストについて、

あれこれ考えをめぐらせました。

2014年8月16日 06:00

いよいよ近づいてきた、「大東京ポッド許可局2014」での物販情報~!


Tシャツ、作る予定がなかったのに、
勢いで作ってみました。

「梅ヶ谷、つまり、梅ヶ谷Tシャツ」3000円

WOSUWO局員デザイン。



R0013913.JPG














詳しいデザインはこちら。
最終デザイン.jpg
























今年度上半期、許可局的な盛り上がりといえば、

剣道・梅ヶ谷翔選手でしょう。 参照


白地ということもあり、しっかりとした厚手の生地で作ります。


ご購入いただいた方は、
後ろにちょこんと載っている「きょかきょくん」にも、
注目してください。





続いて、
2014年2月8日「思わずツイートしてしまいました」内で出たマキタ局員の発言。
「頑張らないと、親に似る」手ぬぐい。1000円



R0013935.JPG














頑張っていると、いろんな人に会い、いろんな人の影響を受けて、
新たな人格形成ができる。でも、放っておいたら、親にしか似ない。

そんな意味が込められた名言です。




続いて、
どんぶり論で熱くなり、カスタム丼についての投稿が寄せられていたのは
記憶に新しいですが・・・
作ってしまいました、「許可局どんぶり」

5500円 限定10個

(※買い方は、エンディングの中で詳しく紹介しました)







donburi.JPG














黒ベースで金字。

過去のキーワードが外側に。

中には、再びこの言葉が。 食事を楽しみながらも、常に、この名言をかみ締めよう!



どんぶり.jpg
















そして、もう、日比谷に来る許可局員全員に買って欲しい。こちら!



パンフレット表示.jpg





















大東京ポッド許可局2014価格、2000円。


90ページ近い公式パンフレット。・・・パンフレットというより、もう、書籍です。
反響の大きかった「論」の書き起こし(鹿島局員、渾身の「注釈」付き)
撮りおろし写真、書き下ろしコラム、局員からいただいた「許可局と私」コラム、
放送コーナーに関連した特集も!

2014年8月16日 04:58

マキタ:いつ頃から「上から目線」って言うようになったの?
    冗談みたいな話だけど、娘から「パパ上から目線で言ってる!」って言われるの。
    俺、育ててるし!上だし!


R0013804.JPG










鹿島 :消費者とか、視聴者とか、自分が努力しなくても何かになれる。
    その肩書きを名乗れば、大メーカーがおどおどしてくれる。
    ウルトラ民主主義。有権者にペコペコしてくれるんだから。

タツオ:俺とかマキタさん、よく上から目線だって言われない?

マキタ:ツイッターとかで「偉そうなしゃべり方をしてる!」って言われる。
    そういう奴をツイッターで見てみると、大学生とかなんだよ。


R0013791.JPG










タツオ:「ロジックで説明する=偉そう」という価値観。
    あと、好きなものについて語られることが嫌な人がいる。

マキタ:自分の何かが悪いのか?と思って自分の映像を見てみたら、
    流し目みたな目つきや、にやけてしゃべったりすることもある。
    ここか!と思ったの。
    そのマナーは、俺、いけなかったかなって、反省したの。

    極力そういう風に見えないように、ちょっとは修正できるものはしたい。
    ただ、内容は変えねぇぞ!!


R0013797.JPG



タツオ:「うん、上からだよ!」っていうのもある。少なくとも、このことについて
     誰よりも考えてるし、「あなたより上だよ!」ということもある。

     尾木ママが本当にできてるなぁって思うのが、あの人が教育についてしゃべってて、
     割と過激なことを言うときがあっても、上から目線って言われないじゃん。
     バックボーンと、しゃべり方というラッピング。



R0013815.JPG










鹿島:でもやっぱり、誰もが発信できるっていう状況が特殊じゃないですか?
   なんで上から目線って言われなきゃいけないんだ!って、2人が憤ってるっていうのが、
   俺たちが10代の頃は、なかったことじゃないですか。




なぜ、マキタ局員とタツオ局員が「上から目線」と言われがちなのか。


なぜ、鹿島局員は言われないのか。


その違いは何なのか、自分たちで考えてみました。





さて、8月11日(月)には、赤坂サカスで公開録音が!


写真はFacebookにアップしてあります。

大東京ポッド許可局で新たに発売するグッズの写真も!

是非ご覧下さい。


https://www.facebook.com/tokyopod954




大東京ポッド許可局が近づいてまいりました。


3人もスタッフも、楽しすぎる準備に追われています。


詳しい物販情報は、また改めてお伝えしますね。


それではまた、来週~!

2014年8月11日 23:15

カラオケJAPANに関するふつおたが。さぁ、「大東京ポッド許可局2014」でやりますか!

2014年8月11日 11:30

「女性はおしっこがどこから出ているのかわからないらしい」という情報を聞きつけたマキタ局員が驚いて、思わずツイートしてしまったという話から出来たコーナー。

2014年8月11日 11:30

ページのトップへ戻る