ゲストは女優の音月桂さん!!
そして作品はヘンリックイプセン作、人形の家/前編をお送りしました。

今回は公開収録でした!
ピアノ演奏はなんと清塚信也さん!!贅沢な収録でした。

IMG_2974.JPG

清塚さんはピアノ演奏中、楽譜を見ていないんです!!
朋子さんや音月さん同様、台本をみているだけなんですよ。

でも流石に、台本に音符ぐらいは書かれているだろうと思って
リハおわりにこっそにピアノに近づいていったのですが...
 なにも書かれていない!!!!
文字しかない!!
わお。本当に楽譜いらずだったんです。

IMG_3011.JPG

清塚さんは感じたものをそのまま音にするだけ。
今回の作品は登場人物の感情が理解できなかったので反抗的な音をつけた。あはは。
なんて簡単そうにおっしゃっていますが...

いやいや、すごすぎますって。
登場人物の感情以上に
なんでそんな器用に音色を作れるのかが私には理解できません。

清塚さんは音楽家ですが
役者に近い感覚で
セリフのように音をつけていて
とても素敵。

スッと耳に入ってきたときの
居心地の良さというかなんというか。
まるで演じている朋子さんや音月さんのオーラからでた音のようにも思えるくらい
自然に感じられる音色でした!

IMG_3062.JPG

次のブログでは音月さん朋子さんのお話をします!

(by 野本ほたる)

| ブログ |

今回のゲストは俳優の井之脇海さんをお迎えして、

ハックルベリー・フィンの冒険/後編をお送りしました!

0207-4.JPG

井之脇さんの女声!!
女役...?女の振りをすることははじめてだったそうですが、
本物の女の子みたいでした!!

台本を読んで、いやいや騙されないでしょ
と思ったものの...
うーーんこれは騙されるかも笑

どんどん素がバレていってしまうところなんて
とってもリアルで面白かったです。

そして、朋子さんの中年の婦人はとっても可愛かったですね!
おしゃべり大好きで、暖炉の前で編み物とかしてそうは感じがしました。
今年もいろいろな朋子さんが見られそうです♪!

0207-3.JPG

みなさんはどんな朋子さんが見たいですか??

(by 野本ほたる)

| ブログ |

今回のゲストは俳優の井之脇海さんです!

そして作品はハックルベリー・フィンの冒険/前編をお送りしました。

0207-1.JPG

井之脇さんは私の1つ年上なのですが、
すごく落ち着いていて...
すごく大人で...
最近はなんと映画監督もやっていて!!
本当はもっと年が離れているのではと思うのですが...
そんな井之脇さんが今回はTHEやんちゃ坊主に!!
芝居に人柄ってでますよね。


はじめはすごく優しい紳士な井之脇さんの感じが役にもでていて、
でも今回はやんちゃ坊主!!
先輩朋子さんから後輩井之脇さんへアドバイスがいつもよりたくさん!
やっぱり先輩後輩となると熱の入り方が変わるのでしょうか。
贅沢な時間でした。

リクエストに答えてどんどんやんちゃ坊主になっていく井之脇さんさすがです!
ラジオでは1番良いものが放送されるので
この変化と言うのは伝わらないのですが...
すごくいろいろな段階を経て出来上がっているんですよ!!
役者って少しの時間でもキャラクターが変わっていくんです。
来週はどんなキャラクターになるかお楽しみに!
(by  野本ほたる)

0207-2.JPG

| ブログ |

今週は先週に引き続き、シュトルムの『みずうみ』後篇をお届けしました。

s_IMG_9477.JPG



ラジオドラマの収録を終え「体力消耗しますね」と西尾さん。
すると中嶋さんから、年末年始に放送し、同じく体力消耗が激しかった

『羅生門』の話が出ました。
題材に驚いた西尾さんが「ラジオドラマは可能性があるよね」と

おっしゃっていました。

中嶋さんがこれまで演じてきた、年齢・性別を超えた役、時に人間でないこともある
様々な役は、ラジオドラマの可能性の賜物だと思います。

ドラマの最後、白い睡蓮を取りに湖に潜っていくシーンは、湖の光景が浮かび2人の
気持ちに共感して、聞いている私も涙ぐんでしまいました。
美しすぎて経験のない世界なのに、入り込むんで共感できるのが不思議です。


対談では、先週に引き続き山のお話を聞くことができました。
晴れれば全てOKという山の世界の究極さや、カーストなどに触れカルチャーショック
を受けたというお話。

本をきっかけに想像を超えた体験をした西尾さんの行動力に感心すると同時に、作品
の影響力も実感しました。

番組初回に西尾さん登場の際、スタッフが思い描いていた通りのラジオドラマの番組
になったとお聞きしました。

s_IMG_9481.JPG



今回も重厚なラジオドラマらしい作品と共に、興味深いお話もたっぷりの回でした!
(by 田上真里奈)

| ブログ |

今週はシュトルムの『みずうみ』前篇をお届けしました。
ゲストは西尾まりさん。
この番組の初回にご登場いただき、今回は2度目の出演!

s_IMG_9476.JPG


西尾さんは「久しぶりな感じがしないね」と話しておられました。

出演したときの番組の印象が強く残っているそうです。
ラジオドラマも対談もしっかりと分量をお届けする番組はなかなか無いからかも

しれませんね。

今回の作品は美しいドイツ文学。
中嶋さんと西尾さんは、その美しい世界に入り込んでラジオドラマを楽しんで

くださいました。

お二人共、登場人物の年齢やシーン毎の経過年数などを入念に確認してから、

収録開始です。

西尾さんには多くの役を担当していただきました。
無邪気な少女エリザベス、怖い女教師、大人になる手前のエリザベスと、

その演じ分けが素晴らしくかったです。

少女エリザベスと女教師が会話をするシーンがあったのですが、瞬時に声もキャラク
ターも変わり、まるで別人のよう。
個人的に、怖い女教師が西尾さんらしい味が出ていてお気に入りでした。
中嶋さんはこの番組で毎回様々な役を演じていますが、西尾さんもどんな役でもハマ
りそうです。

対談パートでは、西尾さんの登山のお話を伺いました。
登山のきっかけは読書で、その作品の世界を体験したくなったのだそうです。
中嶋さんも知らなかったという西尾さんの新たな一面。
来週はこの登山の話も詳しく伺いつつ、『みずうみ』後篇をお届けします。

s_IMG_9479.JPG



ドラマも佳境になっていきます。お楽しみに!
(by田上真里奈)

| ブログ |