人形の家/ヘンリック・イプセン

ヘンリック・イプセン作「人形の家」

この作品は、1879年にデンマーク王立劇場で上演されました。

上演されるやいなや、たちまち大評判となり、 イプセンの作家としての地位と名声を不動のものにしました。

また「人形の家」の作品で、弁護士ヘルメルの妻、ノラの下した決断は、 当時、社会現象になるほどの衝撃を観衆に与えました。

世界的に有名になった『人形の家』は、137年たった今も 色あせず、世界各地で上演されています。

| 作者・作品紹介