TBS RADIO 954kHz 毎週金曜日 18:00~19:30Podcasting954RADIO TOP

■2011年12月アーカイブ

柳瀬博一・Terminalは

2011年の放送が終了しました。

年明けは1月6日(金)の18:00から

2時間の生放送となります。

 

今回は放送とは別に収録した

ポッドキャスト特別編を配信したします。

※20111231「柳瀬博一・Terminal」ポッドキャスト特別編

↑をクリック

 

 

12/23と12/30は、特別番組を放送するため、
「柳瀬博一・Termimal」お休みです。

休み中も、Podcastは更新しますのでお楽しみに。

次回の放送は、1月6日(金)午後6時~8時、2時間の生放送です!

12月16日(金)の柳瀬博一・Terminal
「The Point of VIew」は糸井重里さんをゲストに迎えお送りしました。

DSC_0540.JPG


※20111216「柳瀬博一・ターミナル」TPoV(糸井重里)をダウンロードする(35'50")

↑をクリック


コピーライターとして一世を風靡した糸井重里さんが、
1998年にスタートしたウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」。

実は、何十年も前からそんな「ほぼ日」とよく似た方法論をとってきた
アメリカのロックバンドがありました。それは「グレイトフル・デッド」。

日本では知る人ぞ知るといった存在ですが、スティーブ・ジョブズや
オバマ大統領にまで影響をあたえ、60年代から90年代にかけて、
アメリカでは常にコンサート収益でトップクラスであり続けたバンドです。
糸井さんの「ほぼ日」、そしてグレイトフル・デッド。
両者に共通するフリーでシェアでラヴ&ピースな、
21世紀のビジネスモデルとは?

そして、その方法論を活かした被災地の復興の仕方から、
こらからのわたしたちの生き方、働き方までじっくり伺いました。



続いての「Talikig Lounge」では、
糸井さんと一緒に、柳瀬さんお手製のマロンケーキを食べました。
糸井さんも「ウマい!」と太鼓判を押したこのケーキに使用した
栗は、南部さんが地元の岩手から持ってきてくれたものでした。
DSC_0555.JPG

柳瀬博一・Terminal(ターミナル)」では、
洋楽ポップス、ロック、Jazz、クラブミュージックなどを中心に、
オンからオフ、ウィークデーからウィークエンドへ向けて、高鳴るココロを
増幅してくれるようなナンバーをオンエアしていきます!(ディレクターN)

18:03 You Are  / Jazzin' Park
 栗原暁と久保田真悟の二人からなる2人組ユニット。
 2007年のアルバム『We Are Together』から。

18:19 Roots(The Fruits Of Many)  / LSK
 UK出身のマルチミュージシャン。
 LSKとは、本名のリー・スティーブン・ケニーの略。
  2000年のアルバム『LSK』から。

この日は、糸井重里さんをゲストにお迎えして、
糸井さんが監修した「グレイトフル・デットにマーケティングを学ぶ」
について、じっくりお話を伺いました!
なので、ここから先は、Grateful Deadづくし! 

18:38 Uncle John's Band / Grateful Dead
 1970年リリースのアルバム『WORKING MAN'S DEAD』から。

18:52 Bertha(Live) / Grateful Dead
 今年11月にリリースされたライブアルバム『EUROPE '72 VOL.2』から。

19:13 Me And Bobby McGee(Live)  / Grateful Dead
 1971年リリースのアルバム『Grateful Dead』から。

次回12月16日(金)の特集コーナー"The Point of View"のゲストは

          糸井重里さん
        糸井重里さん.jpg

コピーライターとして一世を風靡した糸井重里さんが、
1998年にスタートしたウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」。

ここから、読みもの、グッズ、イベントなど、さまざまなコンテンツ
が生み出されつづけ、さらに今年11月には「気仙沼のほぼ日」も開設。
現地に拠点を作って、気仙沼の復興にも取り組んでいます。

実は、何十年も前からそんな「ほぼ日」とよく似た方法論をとってきた
アメリカのロックバンドがありました。それは「グレイトフル・デッド」。
日本では知る人ぞ知るといった存在ですが、スティーブ・ジョブズや
オバマ大統領にまで影響をあたえ、60年代から90年代にかけて、
アメリカでは常にコンサート収益でトップクラスであり続けたバンドです。

糸井さんの「ほぼ日」、そしてグレイトフル・デッド。
両者に共通するフリーでシェアでラヴ&ピースな、
21世紀のビジネスモデルとは?

そして、その方法論を活かした被災地の復興の仕方から、
こらからのわたしたちの生き方、働き方までじっくり伺います。

糸井重里さんへの質問、お待ちしています

メール→ tmn@tbs.co.jp


123