「たいしたたま」の音声は1週間で削除されます。
音声の試聴はこちらから! お早めにお聴きください!

今日は、武井壮が「今、最も"百獣の王"に近い男」と尊敬する
アニマリスト、パンク町田さんに会いに、千葉県旭市にある

DSC01794.JPG

動物園に入る動物たちを輸入し、訓練し、人の目に曝さても、
パニックを起こさないように調教して、動物園に渡すのが
パンク町田さんの主な仕事。

様々な動物に対する深い知識と、経験に裏打ちされた動物に対する
技術がなければ出来ない仕事です。

国からの許可が必要な特定動物の取り扱い許可証がたくさん!
ん...特定動物【パンク町田】!?

DSC01720.JPG

ツチノコに間違われたこともある、アオジタトカゲ。。。
例えるなら、しっかりしたウーパールーパー(武井談)

DSC01725.JPG

ちょっとおねむなグリーンイグアナと一緒に。

DSC01726.JPG

猛毒のダイオウサソリ(エンペラースコーピオン)の毒針に
刺されないように注意しながら。。。

おいおい、何してる!?

DSC01729.JPG

溢れる愛情表現として、デザート・へアリー(白いサソリ)にキス!
(この直後、ハサミで舌を挟まれる(笑))

DSC01732.JPG

今日、武井さんがここに来たかった大きな理由のひとつは、
アルゼンチン原産の猟犬、希少種である
このドゴ・アルヘンティーノに会いたかったということ。

愛嬌ある顔をしてますが、元々は、ジャガーやピューマといった猛獣を
狩るために生まれた犬だけあって、もの凄く強い犬なんです。

DSC01734.JPG

そんな猛犬と無邪気に遊ぶ武井壮。。。

DSC01747.JPG

ドッグランのスペースいっぱいに走り回る、カルノくん(5才)。
こう見えて、実は輸入して買えば、800万くらいするそう(!!)

DSC01752.JPG

もう楽しくなっちゃって、一心不乱に走り回る。。。

DSC01753.JPG

コイツ、超欲しい。。。(武井談)

DSC01755.JPG

寒いので小屋の中で丸くなるヤマアラシくんたち。

DSC01763.JPG

そして、パンク町田さんは、鷹を訓練して狩りをする、
鷹匠(たかじょう)のスペシャリスト!
猛禽類の取り扱いもお手のもの。

DSC01771.JPG

ただし、このコは鷹ではなくワシ。
現在、日本で一羽しかいないという、コシジロイヌワシ。
一羽、400〜500万はくだらないという希少なワシです。

武井さんに「腕に乗せてみましょうか!」と軽く言い放つ、パンクさん。
無造作に見えて、実は鳥にダメージを与えないように
細心の注意を払って、扱っていました。

まさにプロ。。。

DSC01770.JPG

腕に乗せるためにレクチャー。
翼を広げるとかなりデカイ!!

DSC01783.JPG

ほら、腕をもう少し上げて。。。

DSC01776.JPG

ほら乗った! なんて凛々しい姿。。。

DSC01781.JPG

お互いに動物を心から愛する者同士、
アツい心を通わせ合った二人。。。

DSC01786.JPG

パンク町田さん、ありがとうございました!
そして、今後とも、宜しくお願いします!

パンク町田、そしてアルティメット・アニマル・シティの
詳しい情報は、コチラ






2012年11月19日 12:00
記事

ページのトップへ戻る