現場にアタック

2015年03月25日(水)

サッカー日本代表の新監督に就任したハリルホジッチさんの最初の試合となる、チュニジア戦が27日(金)に行われます。

どんな指揮を執るのか注目されているが、私が注目しているのは、ハリルホジッチ監督の「ノート」。通称ハリルノート

13日の監督就任記者会見にわざわざ持ってきて披露したノートで、監督の愛用品だとか。

中には監督のサッカー哲学がびっしり書いてあって、選手たちに伝えていくという。

ノートは表紙が黒とオレンジでカッコイイ!

でも日本では見たことがない。

調べてみると、オックスフォードというフランスのメーカーのノートらしい・・・・。

ん?オックスフォードってイギリスじゃないの・・・?

実はこのノートが急きょ、日本で輸入発売されるというので、その輸入会社の方に話を伺いました。

株式会社フェリッティの為石正男さんのお話。

オックスフォード社、やはり100%フランスのブランドであるという回答が来ました。元々は100ぐらい前にノートメーカーとして誕生していて、1940年代にフランス政府が公立学校へのノートの無料配布政策を行い、それをきっかけにフランス全土に広がって、現在はヨーロッパ全土でメジャーなノートのブランドです。数年前までは若干、日本にも輸入されていたんですけど、今はほとんどなく、我々が新たにオックスフォードのノートをちょうど取り扱おうといったタイミングで、ハリルホジッチさんがオックスフォードのノートを使っているという情報が入りまして、今回大急ぎでハリルさんの使っているタイプのサンプルを取り寄せたという次第です。

ヨーロッパでは有名なメーカーなんですね。

インターネットの通販サイトにはオックスフォードのノートが何種類かありますが、ハリルホジッチ監督が持ってきたノートはまだ日本にはない。

ハリルノート、正式には「スチューデントSOSイージーノーツ」といのですが、一体どんなノートなのか、また為石さんにお聞きした。

まず紙が非常に滑らか。ほかのノートと比べて非常に白さが目立ちます。ですからインクとのコントラストが非常にきれい。特に青いインクがきれいに出るんじゃないかと思います。リング式ですのでひっくり返してコンパクトに使える。それと、中のフォーマットが5ミリの方眼。方眼なので割と好き勝手に殴り書きもできたりするので、アイデアも湧きやすいと感じます。

実は為石さんがハリルホジッチ監督の会見を見て急きょフランスから取り寄せたサンプルが、おととい日本に届いたので、お借りしてきました!!

ノートの大きさ.JPG


オックスフォードは元々は紙のメーカーなので、ノートの紙質はとてもいいらしい。

サイズはA4版。日本でよく使われているB5版のノートよりひと回り大きい。

そしてボリュームもたっぷり、160ページ。日本ではあまり見ないボリューム!

スケッチブックのようなリング式だが、ヨコ開きではなく、タテ開き。これも珍しい。

このハリルノート、街の人は使いたがるのか。男性サラリーマンに伺ってみました。

*あー、ちょっと重いですね。何に使うかにもよるんでしょうけど、でかい、重い。まあ必要ないですね。

*使わないです。なんか、使いづらそうじゃん? でかいし、マスがちっちゃすぎて。重いし。誰が使うかによるよね。普通の一般人向けじゃないんじゃないんですか。

あらら??あんまり人気がないですね・・・・一般人向けじゃないなんて声もありましたが・・・・。

ではこのノート、どういう人に向いているのか? 専門家に当たってみた。

元文具メーカー社員で、今は独立して文房具の企画開発やアドバイザーをなさっていて、

業界では「文具王」の名で知られる高畑正幸さんにお聞きしました。

日本人の体格からすると大きくて重いというのは正直あると思います。デスクワークにはあまり向かないと思うのは、机に置くとかなり奥行きがとられてしまうので日本人のデスク感覚からするとすごくツライかな。そのかわりこのノートは背中がしっかりしていて抱えて持っても大丈夫というのと、立って書く時にリングがじゃまにならないという状態なので、置いて書くというよりは、机がない所で書くのに向いている。野外調査だったり、外で記入するには向いている。これは見返すというよりは、書き込む時に書き込みやすいという性格が強いノートだと思います。

まさに、サッカーのピッチで書くのにぴったりじゃありませんか!!

高畑さんよると、実はこのノートは専門家の目で見るとかなり特殊なんだという。

そのノートを持ってきたハリルホジッチ監督に、がぜん興味が湧いたという。

特徴がはっきりしたノートを使っているというのが、まず驚きです。かなり自分流の書き方を確立している方なんだということがわかります。このノートだけをポンと渡されると、今までほかの普通のノートを使っている人だと、どう使おうかしばらく考えるようなノートなんです。綴じ方とか罫線とかいろんなものが特殊。あえてこの特殊なノートをハリルホジッチさんが選んだというのは、これをわざわざ     会見で見せるほど、使い方に彼のどうしてもというこだわりがあるに違いないと思う。


このノートは、大きい、重いというのはあまり特殊ではなく、じつは線の引き方とか、持ち方とか、紙のめくり方とか、使う人を選ぶのだという。

(中身はこんな感じです)

ハリルノート 中身.JPG

そんなノートをあえて選んだハリルホジッチ監督が、どうやってこのノートに書き込むのか使い方を、高畑さんは何が何でも見たくなったとおっしゃっていました。テレビの中継などで、ノートの中がちらっと映るといいな~!とかなり興味津々(笑)

一癖あるノートなだけに、ハリルのノートの使い方が分かれば、既存のノートに物足りなかった人など、人気が爆発するかもしれませんね!!(実は私は、かなり欲しくなってます!現場にアタックの取材のときに使いやすそうな予感がしているのです!)

☆ちなみにハリルホジッチ監督はオレンジをお使いですが、全4色で発売されます♪

ハリルノート全4色.JPG

一覧へ戻る

ページトップへ