現場にアタック

2011年10月27日(木)

担当:岡島知世


今日は「東京の一等地に住所のない場所が存在する」というお話です。
この住所のない場所とは、中央区千代田区港区が絡む
首都高速の高架下、約2.7キロに入る店舗で、
例えば数寄屋橋交差点近くの宝くじで有名な西銀座チャンスセンターがある西銀座デパートや
新橋駅近くの銀座ナインなどが、住所のない番外地となっているようなんです。
なぜこのような状況になったのか?中央区総務課・課長の中島佳久さんにお話を伺いました。


    色々と歴史があり昭和23年~39年にかけ、昔あった川を戦後に
    埋め立てた土地。そこがどちらに帰属するのか決まらないまま今に至る。
    それでこの区域には住民登録がなく事務所や店舗を営む人だけで
    住民だと何区所属等支障が出るが、事業所なので問題なかった。


川があった時は川の中心線・真ん中の地点が区と区の境となっていたんですが、
埋め立て後、区の境を明確にする前に店舗や高速道路が出来てしまい、
中央区と千代田区の間だけど、どちらの区でもない場所
中央区と港区の間で、どちらでもない場所が出来てしまったようなんです。
しかも高架下には住んでいる人がいないので区に支払われる住民税等の徴収問題もないため、
現在、区と区の間での話し合いも行われていない状況で、特に大きな問題も起きていない、
との事なんですが本当に何も問題はないのか?
西銀座デパートの杉山陽祐さんにお話を伺いました。


    有楽町方面から見た時に銀座の入口にしたいというのがあったんで
    中央区銀座4丁目1番先。正式な住所として先って付けてる感じ。
    郵便物はちゃんと届くが困った事は管轄によって区が違う。消防だと
    丸の内、警察だと築地。慣れてはきたがちょっとややこしい。


消防や警察は、商業施設ごとに相談して管轄を決めているそうで、西銀座デパートの場合は
消防は千代田区で、警察は中央区の所轄になっていて、例え別々でもちゃんと管轄してくれるし
正式な住所はなくても便宜上の住所「中央区銀座4丁目1番で郵便物は届くので、
問題ないそうです。

そして西銀座デパート以外の店舗の住所を見てみると
中央区と千代田区の間にある銀座インズ「中央区銀座西2-2
中央区と港区の間にある銀座ナイン「中央区銀座8-10
店舗名だけでなく住所でも中央区の銀座を強調してましたので、
中央区は鼻が高いのではと!中央区の中島さんに聞いてみた。
核商業施設が銀座を名乗っているのって、正直嬉しいですか?


    銀座はネームバリューがありそれぞれの事業者さんが自主的に名乗って
    いる名前だと思う。あまり立ち入った話は出来ないが、やはり銀座は
    世界の銀座ですから銀座の名前で発展されるは大変嬉しい。 


やはり皆さん銀座という響きに魅力を感じるのか、
銀座ナインは中央区と港区の間なんですが、
「8丁目までしかない銀座に9丁目を作る意気込み」で命名されたということなんですが、
銀座ナインのある場所は新橋駅が近い・・・なんだか港区は蚊帳の外の様な感じがしたので
港区総務課・課長の北本治さんに率直な感想を伺いました。


    銀座ナインは昭和60年までは新橋センターの名前で営業して、
    その後銀座に変わった。
    前に新橋を冠にしていたので港区としてはそのままが良かったが
    お店の判断もあるし残念だが止むを得ない。
    新橋の名前も悪くないが銀座が定着してるから、今さら新橋に戻して
    というのも難しいと思う。   


中央区と千代田区にの間にある銀座インズも、1958年にもともと「有楽フードセンター」
という名前で開業しています。1958年はフランク永井さんの「有楽町で逢いましょう」が
大ヒットした年で、有楽町にブランド力があったということになるのですが、
その後1990年「銀座の中心的な場所に」という意味で「銀座INZ(インズ)」
改名されたという経緯があります。

店舗名は何にしようと各店舗の自由ですし、なんといっても相手は世界の銀座ですから
なかなか厳しい状況なんですが、だったらいち早く中央区と協議してここは港区!となれば、
住所だけでも港区や新橋の名前が入るのではないのかと思い、
港区の北本さんに提案するとこんな答えが返ってきました。


    未画定が2.7キロで千代田区と中央区の区境部分が2.2キロ。
    川で言うと上流部分。中央区と港区の区境が下流の残りの部分で、
    港区としては上流部分がどういう話をするのかを見ながら対応しなければならない。
    結論としては考え方が上流と下流で変わってしまっても問題なんで
    大部分を占める所からまず決めて貰いたく、見守ろうと言う事。


60年以上今の状態が続いていて、行政だけの問題でなく、商業施設の想いも
入ってくるので、番外地の解消にはまだまだ時間がかかりそうです。

一覧へ戻る

ページトップへ