こちらは過去ページです。http://www.tbsradio.jp/ss954/へアクセスしてください。

6月6日のデイリーニュースセッションでお伝えした、「靖国神社のA級戦犯合祀問題」に関する古賀誠・元自民党幹事長の発言書き起こしを公開しました。

なお、インタビューの様子は6月9日(月)夜10時からのTBSラジオ「荻上チキ・Session-22」の特集「自民党・大研究」(ゲスト:御厨貴、中北浩爾、TBSラジオ武田一顯記者)の中でも放送します。


武田一顯記者:今ちょっと話が出た靖国神社ですね。実際、やっぱり日中間、あるいは日韓も含めて議論になっていることは間違いない。遺族会の会長でいらっしゃいます。どうしたら、これどういう方向に進めばいいのか、進むのかということを教え頂けませんか?

古賀誠・元自民党幹事長:私はね、靖国問題はね日本の国内問題だということを第一にね、国民、全ての人たちが認識すべきです。なにかあればね、必ず韓国だ、中国からね内政干渉だなんていう人がね、まだいる。これは間違いです。まだあの戦争の決着を着けてないんです。それが靖国です。

私はやっぱりね、東京裁判がね、正しい裁判だって、誰も思っていませんよ。戦勝国のね、報復裁判だった。しかし、それを甘んじて受けたんですよ。そしてサンフランシスコ講和条約に発展してきているんですよ。だから独立できたんですよ。これは間違いのない歴史なんですよ。で、それを私は色々言おうと思わないけどれも、250万の人が亡くなってね、しかもね、戦争、戦いという兵士とか、軍隊、軍属の人たちではなくて、軍人、軍属だけではなくて、一般国民が巻き込まれているんですよ。
   
戦争で倒れた赤紙招集の人もそうでしょう。長崎だって、広島だってね、そしてこの大東京の大空襲もそうでしょう。本土決戦の沖縄なんて悲惨ですよ。そういうね、あの戦争の結果として焼け野原になった日本の焦土化した国と、大きな財産、それから日本の失った国土、こういったものは大変なことですよ。何よりも250万の尊い命が失われたんですよ。

それは、責任はね、国内の中できちっと決着すべきですよ。それが私は、靖国のねA級戦犯とは言わないけれども、責任あるべき人がね、一緒に合祀されて、で、その合祀の在り方もね、むちゃくちゃでしょ。そういうことを心配された宮司のときは合祀せずに、ある時ね、宮司が変わったとたんに、それも密かにですよ。靖国神社の総代会にはかるわけでもない、一番大事な日本遺族会にこういう経過でこういうことを考えているがという説明もない。
   
大祭の前の日に夜中によ、それも。そっといれて。で、それも、自分で自ら説明されるんでも何でもなくて、翌年の、朝日新聞主導のスクープでそれがオープンになって大騒動になる。天皇陛下もお参り出来ないのも当たり前ですよ。我々、遺族会が納得できないのも当たり前ですよ。だから私は、元に戻してもらいたい。宮司預かりにしてもらえばいいことじゃないか。宮司が勝手に自分の判断でいれたんだからあの靖国を司って頂く宮司はそれでは、私が預かります。ちゅうくらいのね、あの戦争の決着に対するね、責任をとってもらわなきゃ、宮司になってもらっちゃ困ると。
    
私自身はそのことを言っているんです、元に戻してくださいと。分祀とかね、そんな難しいことを言うとね、いろいろね、国民世論が真っ二つに分かれるのは当たり前ですよ。だから私は、あれは昭和53年。突然、合祀された、その以前の状態に戻してもらいたいという事は宮司さん預かってくださいと。そしてあの戦争の決着というのは、ここで着けてくださいよ。いうことをお願いをしている。これが私の分祀論なんです。

武田:これは近いうちに、そうなりそうですか?

古賀:いや分からない。非常に難しい問題。微妙な難しい問題があるし、色んなね、まあ、この問題になるとね、とんでもない議論が出てきたりする。しかし、僕はねこれは安倍さんにやってもらいたいと思っているんですよ。安倍総理。これこそね、私は安倍さんが、また安倍さんにしかできないことじゃなかなと。これだけのね高い支持率とそして期待を国民がもっている。この政権だからね、僕はできる。安倍さんに預かって下さいっていうんじゃないですよ。宮司はそれくらいのね、覚悟が必要なんじゃないかということをね、私は総理がね、先頭に立ってね、この問題に俺が取り組むとおっしゃって頂ければね、俺が元に戻してやるとおっしゃって頂ければできるんではないかなと。

これは僕、安倍さんに本当にね、ここまで言うのは初めてですよ。テレビでも言ってない、どこででも言ってないけども、私の思いは安倍さんにこの靖国問題決着してもらいたいな。靖国に参拝して頂く勇気があるならね、私はむしろ、その勇気を持ってもらいたい。戦争の決着の勇気を持ってもらいたい。私はそう思いますね。

■テーマ
  
これを聴かずして夏を迎えるなかれ!

魅惑のそうめん特集!

■スタジオ

そうめん研究家のソーメン二郎さん

20140606soumen.JPG

■電話出演

東中野に店を構え、数多くのそうめんメニューを提供する『阿波や壱兆』の店長

田中 かおりさん

★そうめん街角取材報告
★そうめんの歴史と文化
★そうめんの製造法
★そうめんの値段の違いは
★そうめん屋さんの実感
★様々なそうめんメニュー実食

20140606chiki.JPG

そうめんに目がないチキ&南部



20140606.JPG

スタジオには多種多様なそうめん、トッピングがズラリ!

番組特製『ポジ出汁』

リスナーの皆さんへのスペシャルウィークのプレゼント用にということで、
名古屋の老舗出汁メーカー・節辰商店さんと材料を厳選して共同開発し、
パッケージに漫画家・今日マチ子さんのイラストをあしらった
番組オリジナルの出汁パックです。

放送後、「販売希望!」というお声を多数頂き、
今年4月にTBSストア赤坂店で期間限定で販売したところ、
多くのリスナーの方にお買い上げ頂くことができました。

そして、皆さんの後押しを受け、このたび
販売継続が正式に決まりました。ありがとうございます!!

TBSストア店舗での販売のほか、皆さんからのリクエストが多かった
インターネットでの通信販売も行います。

◆インターネットでの通信販売

 5月26日(月)22:00から販売を開始します!
 こちらは5個セットでの販売で、お値段は2,500円(税別・送料手数料別)です。
 ネット通販でお買い上げの方には、アシスタント・南部広美の
 ふるさとの味「ひっつみ汁」のレシピをお付けしてお送りします。

 通販サイト『TBSセレクトショップ』のURLはこちら
 
 http://tbsr.shopselect.net

◆TBSストアでの販売

 下記2店舗で、5月24日(土)から販売を開始します!
 1個からお買い求め頂けます。お値段は1個500円(税別)です。
 
 TBSストア 赤坂店 
  【住所】 東京都港区赤坂5-3-1 赤坂Bizタワー
  【営業】 11:00~21:00(平日)、11:00~20:00(土日祝)

 TBSストア 東京駅店
  【住所】 東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街 地下1階
  【営業】 10:00~20:30

 ※東京ソラマチ内「Tree Village」では販売しておりませんのでご注意下さい。
 
 
プレゼントに当選された方や、すでにお買い上げ頂いた方からは

 ・出汁茶漬けにしたら美味しかった
 ・余計な調味料や添加物が入っていないので、優しい味だった
 ・もったいないから、パックの中身を干してふりかけにした
 ・レシピ通りに「ひっつみ汁」を作ったら、おいしくできた!

など、うれしいお声を頂いています。是非、皆さんもお試しくださいね。

pojidashi-04 - コピー.JPG 20140214 chiki.JPG

★北海道除く全地域で梅雨入り。各地で大雨、関東甲信では7日も激しい雨の恐れ

気象庁は、伊豆大島や関東南部を中心に土砂災害や浸水などに警戒を呼びかけている

→気象予報士の斎藤義雄(さいとう・よしお)さん

★「開門しなければ制裁金」諫早湾問題で、漁業者の主張を福岡高裁も認める

開門期限が迫る中、国が制裁金と同額を漁業者らに支払う可能性が高まっている

★集団的自衛権めぐる与党協議。自衛隊の後方支援で、政府が基準を修正

「戦闘をしている現場」を対象外にする方針を提示。公明党の反発で基準を修正

★古賀誠・自民党元幹事長「靖国のA級戦犯は合祀前の状態に戻し、宮司預かりに」

安倍総理の決断に期待。TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」へのインタビューで語る

→TBSラジオ・国会担当の武田一顕(たけだ・かずあき)記者

★アメリカ・シアトルの大学構内で銃乱射、1人が死亡。容疑者の男は拘束される

一方、カナダ東部の州でも銃乱射事件が発生、警察官3人が死亡。容疑者は逃走中

★ロシア・プーチン大統領、英仏首脳と会談。ウクライナ問題めぐり関係修復探る

第二次世界大戦のノルマンディー上陸作戦の記念式典で。オバマ氏とも接触可能性も

★「温暖化進めば今世紀末、東京の真夏日は100日に」環境省が最新研究もとに予測

対策しなければ平均気温は全国平均で4.4度上昇。沖縄・奄美では150日が真夏日に

1
荻上チキ、南部広美
radiko.jp

radiko配信エリア外の方はストリーミング放送でお聞きください。

※ストリーミング放送は番組放送中のみご試聴頂けます

ストリーミング放送を聞く

※当番組のストリーミング放送はiPhoneなどのスマートフォンではご利用になれません。予めご了承下さい。

メインメニュー

関連リンク

<   2014年6月   >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30