こちらは過去ページです。http://www.tbsradio.jp/ss954/へアクセスしてください。

今夜はエッセイ集『自殺』が話題の編集者、末井昭さんが登場!
「母親のダイナマイト心中から60年。伝説の編集者・末井昭が優しく語る"自殺"」と題してお話を伺いました。

akirasuei_0331.jpg

★末井さんのトークイベントが行われます!
 日時は、4月17日(木)19時30分~
 場所は、大阪のスタンダードブックストア心斎橋店
 『生き心地の良い町』の著者・岡檀さん、編集者の小堀純さんも参加。
 詳しくはこちらから⇒スタンダードブックストア@心斎橋

■自殺に関する相談窓口
 ●生きる支援の総合検索サイト「いのちと暮らしの相談ナビ
 ●社会的包摂サポートセンター「よりそいホットライン
  電話番号は0120-279-338(24時間通話無料)

3月31日放送の「N検Session」です。今回は「沖ノ鳥島」について取り上げました。

2014年03月31日(月)「毎日新聞・N検Session」をポッドキャスティングで聴く
 

そして今週のプレゼントは「ニュースがわかる4月号」。
20140331nken.jpg


4月号の特集は「15周年 夢これからも」
月刊「ニュースがわかる」は1999年4月創刊。この4月号で15周年・180号を迎えました。
巻頭特集では15年の歩みを振り返ります。
創刊号に登場した「五体不満足」の著者、乙武洋匡さんの15 年 ぶりインタビューや、
創刊当時のウラ話、読者メッセージなどを紹介しています。

ご希望の方は
「〒107-8066 TBSラジオ Session-22 ニュースがわかる4月号」プレゼントの係まで。
メールでも受け付けています。アドレスはss954@tbs.co.jp
「おところ、お名前、電話番号」をお忘れなく!

探究モード

■テーマ  
「袴田事件では認める決定、飯塚事件では棄却。
 再審=裁判のやり直しの在り方を考える」

■スタジオゲスト

元裁判官で弁護士の木谷明さん

 

TBSラジオの崎山敏也記者

 20140331kitani

★国際司法裁判所、南極海での日本の調査捕鯨「現状のままでは認められない」

反捕鯨国のオーストラリアは「事実上の商業捕鯨」だとして捕鯨中止を求めていた。


★横浜で開かれていたIPCC総会が閉幕、地球温暖化に関する最新報告書を公表

温暖化の影響で世界的食料危機を警告、水資源争奪も。超大型台風頻度3倍に。

→ TEL解説:共同通信編集委員の井田徹治さん


★北朝鮮が射撃訓練、100発以上が韓国側に着弾。韓国は報復で300発以上砲撃

一方、日朝政府間協議で日本は拉致被害者の再調査等を強く求め、協議継続を合意。


★沖ノ鳥島で設置作業中の桟橋が転覆、5人が死亡。行方不明の2人の捜索続く

国交省は港湾関連工事を担当する全国の地方整備局などに安全管理の徹底を指示。


★8億円借り入れ問題で、みんなの党・江口最高顧問が渡辺喜美代表に辞任要求

「党内で違法性がないと確認されれば代表に復帰すればいい」と。渡辺氏回答保留。


★水俣病未認定患者8人のうち3人への損害賠償を国・県などに命令(熊本地裁)

残る5人については「高濃度の水銀を摂取したかは疑問」などとして訴えを棄却。


★震災で発生したがれきと津波で運ばれた土砂の処理が福島除く12道県で終了

福島県では放射性物質の懸念から仮置き場への搬入が難航。完了のメド立たず。

1
荻上チキ、南部広美
radiko.jp

radiko配信エリア外の方はストリーミング放送でお聞きください。

※ストリーミング放送は番組放送中のみご試聴頂けます

ストリーミング放送を聞く

※当番組のストリーミング放送はiPhoneなどのスマートフォンではご利用になれません。予めご了承下さい。

メインメニュー

関連リンク

<   2014年3月   >
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31