こちらは過去ページです。http://www.tbsradio.jp/ss954/へアクセスしてください。

今夜は『ゴッドハンド』こと、コロンビア大学教授で外科医の加藤友朗さんが登場!

「常識からはみ出す考え方」というテーマでお話を伺いました。

20120509_2.JPG

ゲストに、東京工業大学大学院 有機・高分子物質専攻教授の
渡辺 順次(わたなべ・じゅんじ)さんをお招きしました。
今月のテーマは『コガネムシに学ぶ色づくり』
そもそも「色」はどのように作られるのか?についてお話を伺いました。

2013年5月9日(木)「積水化学の自然に学ぶものづくり」をポッドキャスティングで聴く

20130509sekisui-2.JPG


みんなで議論するわいわいモード

今日のモードはわいわいモード

■テーマ
「食べログ提訴で考える!ネットで評価の対象にならない権利を認めるべきだと思いますか?」

■ゲスト
駒澤大学グローバル・メディア・スタディーズ学部教授 山口浩さん
Web編集者・ライターでプランナーの中川淳一郎さん

■ゼゼヒヒともコラボ!!
コチラ

20130509_1.JPG
20130509_4.JPG

※現段階で「Daily News Session」をPodcast配信していないことにつきまして、リスナーの方(630叔叔 @ne630様)から、ツイッター上でご質問を受けました。長文になったことと、同様の要望をお持ちの方がいらっしゃると思いますので、こちらに掲載致します。

現在、デイリーニュースセッションをPodcast配信していない理由は、スタッフの仕事量の問題です。Podcastを配信するにも、著作権上の問題のある音を編集して、アップロード作業をして、ブログのエントリを作り、とそれなりの手間がかかります。以前に比べて番組予算も少ないなか、限られた人数で(いくつもの番組をかけもちしながら)番組を作るという状況のなかですので、作業量のコントロールが必要です。スタッフたちは朝まで先ほどの放送の後処理と今夜の準備をしています。全員が相当な長時間勤務をしており、また次の仕事までの間隔も非常に短いという状況です。

私はプロデューサーとして、スタッフの健康を守る責任もありますので、番組をスタートするにあたりスタッフ全員で話し合って様々な分野の業務の優先順位を検討し、各分野で優先順位の相対的に低いものは少しずつ削って、なんとか一定の範囲内に業務を収めることにしました。そのなかでPodcastについては、ほとんどの方が翌朝以降に聴くであろうということを考えると、鮮度が落ちやすいデイリーニュースセッションよりも、時制のスパンのやや長いメインセッションとミッドナイトセッションの作業を優先するべきだと判断した次第です(このような事情を申し上げるのは泣き言めいていてお恥ずかしい限りですが、特定の圧力などの疑義をお持ちのようでしたので、あえて説明させていただきました)。

ただこれはサービスとしての側面であって、 630叔叔さんがおっしゃっているのは検証可能性の問題かと思います(リアルタイムで番組を聴いてらっしゃるようであることと、「逃げるな」という言葉からの判断です) 。その点については、私自身も個人的には何らかのアーカイブを残して必要に応じてアクセスできる仕組みがあるべきだと考えています。サーバーの負荷の問題や、聴取率への影響、また生放送ならではの自由な雰囲気への影響などを含めて、どういうやり方がベストなのかを検討していく必要があり、また番組独自で決められることではありませんので、社内でも検討課題として引き続き提案していきます。

もちろん、現状でも私的にご自身で録音していただくことはできますし、そのうえでお気づきの点などがあればいつでもご指摘ください。また今後は「崎山記者の原発ニュース」や専門家の解説など、週に1本程度は特別編として配信したいと思います。また、スタッフが作業に慣れて余裕が出てきたり、増員などがあった場合には適宜検討して参ります。(プロデューサー 長谷川裕)


===========

※同じ方から上記の説明に対してのご質問とご意見をツイッター経由で頂戴しましたので、追記致します。 (2013.05.09. プロデューサー長谷川裕)

なお、必ずしも問いの形ではありませんが、便宜的に630叔叔様のツイートをQとし、私(プロデューサー長谷川)からの返答をAと表記致します。


Q1 「Daily News Session」をPodcast配信していないことについて、読みました。お忙しい中、ご回答ありがとうございました。では、話を続けましょう。

A1 こちらこそ番組を聴き、ご意見をくださってありがとうございます。ただ、前提としてですが、「話をつづけましょう」とのことですが、申し訳ありませんが、個別のリスナーの方との「議論」に対応するのは限界があります。番組によってはツイッターなどを活用することによって、以前に比べて格段にリスナーの方との双方向性が増していてはいて、そのことが番組作りの力にもなっていますが(特にこの番組はそういうタイプの番組だと思っています)、しかし一方で、あくまでもラジオは依然としてやや小さめのマスメディアないしミドルメディアであって、私やスタッフはあくまでも大勢の「リスナー」に向けての番組作りを最優先する必要があります。私自身も連日の生放送で徹夜に近い状態が続いておりますので、あくまでも可能な範囲での応答に限らせていただき、とりあえず今回の応答をもって一区切りとさせていただきますのでご理解ください。なお、デイリーニュースセッションの配信につきましては、他の方からも要望もありましたので、このような形でご説明させていただくことができたのはとても有意義だと思っています。


Q2 「各分野で優先順位の相対的に低いものは少しずつ削って、なんとか一定の範囲内に業務を収めることにしました。」ニュースを残すことが、12時台の話題より優先順位が低いのですか?」

A2 上記説明の中で「そのなかでPodcastについては、ほとんどの方が翌朝以降に聴くであろうということを考えると、鮮度が落ちやすいデイリーニュースセッションよりも、時制のスパンのやや長いメインセッションとミッドナイトセッションの作業を優先するべきだと判断した次第です」と書いた通りです。もちろん価値観はそれぞれですから、12時台「セッション袋とじ」よりも「デイリーニュースセッション」を優先すべきだという方も一定程度いらっしゃると思います。しかし繰り返しになりますが、番組側としては、相対的に鮮度が重要な「デイリーニュースセッション」は当面生放送のみとし、サービスとしてのポッドキャスト化については「メインセッション」と「セッション袋とじ」を優先したということです。


Q3 「鮮度が落ちやすいデイリーニュースセッションよりも」ですが、一つのニュースがどう変化していくか、これも足利事件や布川事件の例を出すまでもなく、貴重な情報だと思います。

A3 異論はございません。しかしそれはサービスとしてのポッドキャスト配信ではなく、上記説明の後半に記しました検証可能性を担保するためのアーカイブに関わる問題だと思います(ご存知か思いますが、弊社のポッドキャストの運用ルールでは時事性の高いコンテンツの配信期間は原則1週間となっており、時系列を追った検証には適しません。詳しくはこちらをご覧ください→http://www.tbsradio.jp/info.html)。検証のためのアーカイブについての私の考えは上記説明に記したとおりです。また、これも上記説明の繰り返しになりますが、生放送を私的に録音することは可能ですので、ご自身で録音・検証してお気づきの点があればぜひご指摘ください。


Q4 「時制のスパンのやや長いメインセッションとミッドナイトセッションの作業を優先するべきだと・・・」12時台などは、他の情報番組のように、TBSお得意の有料コンテンツは如何?

A4 有料コンテンツ化するとなると、別のサイトでの配信となり、さらに手間が増えます。また残念ながら有料化したとしても、人的コストをまかなえるだけの収益を上げるのは困難だと思います。また、収入があったとしても番組は独立採算ではありませんので、直接かけられるコストが増えるわけではないことをご理解ください。


Q5 「ただこれはサービスとしての側面であって」。何を責務として捉えているかの価値観が問われますね。報道に関する番組で、何を書き残して何を後ろに置くか。

A5 サービスとして「メインセッション」よりも、検証のためのアーカイブを優先すべきではないかというご意見かと思いますが、それについてはこれまでにお答えしたとおりです。繰り返しになりますが、端的に申し上げますと、サービスとしては「デイリーニュースセッション」よりも、「メインセッション」や「セッション袋とじ」を優先したということであり、検証のためのアーカイブについては、現状の弊社のポッドキャスト配信とは別の方法をとる必要があると考えます(個人的にはこの番組に限らず全番組の音声をアーカイブする第三者機関のようなものを作って、相応の理由があれば検証することができるような仕組みができるといいのではないか、などと考えています。ぼんやりとですが)。


Q6 「著作権上の問題のある音を編集して、アップロード作業をして」これについては、ニュース部分は冤罪ですよね。編集を要しているのは12時台ですよね。

A6 いえ、デイリーニュースセッションについても、著作権の問題で配信できないSE音などがあり、また途中で楽曲も挿入していますので、ところどころ無音部分が生じます。「サービス」としてのコンテンツとしてストレスのないクオリティにするためには、ある程度の編集が必要になります。また今後、著作権の問題をクリアした音素材だけで作ることになったとしても、エントリの作成とアップロード作業は必要です。


Q7 なお、○○の言論介入や暴力性は周知の事実であり、私の心配を「唐突」との指摘は当たりません。異例のお出かけ録音番組でそこに一切触れられていない事から心配するのは必然です。(※○○は特定の団体名ですが、転載するにあたって一応伏せさせていただきます)

A7 生放送だけよりもポッドキャスト配信することによって、一般論としてクレームなどのリスクが高まるということはあるかもしれませんが(逆にアーカイブがあることによって曲解や誤解を解くというケースもあると思います)、現段階の配信に関する判断について、特定の団体の圧力を受けたという事実は一切ありません。

以上です。

川口議員「日中関係を改善する国益を守ったことで解任される。誠に理不尽」

※ 関心のあるニュースは「いいね」を押してください (facebookにログインする必要があります)

一方、「ガス漏れ事故は予測できなかった」として、管理者には無罪判決

※ 関心のあるニュースは「いいね」を押してください (facebookにログインする必要があります)

自民・維新・みんなは推進。民主は「党内で両論ある。改正には慎重」

※ 関心のあるニュースは「いいね」を押してください (facebookにログインする必要があります)

フェラーリの会長「年に500台も売れては独創的な存在たりえない」

※ 関心のあるニュースは「いいね」を押してください (facebookにログインする必要があります)

入れ墨調査への回答を拒否し処分。取り消し求めて提訴したが配置転換された

※ 関心のあるニュースは「いいね」を押してください (facebookにログインする必要があります)

黒人の投票率は66.2%。2008年の大統領選よりも上昇したのは黒人だけだった

※ 関心のあるニュースは「いいね」を押してください (facebookにログインする必要があります)

最後まで交渉を続けていた大手ゼネコン関連会社から融資得ることができず

※ 関心のあるニュースは「いいね」を押してください (facebookにログインする必要があります)

1
荻上チキ、南部広美
radiko.jp

radiko配信エリア外の方はストリーミング放送でお聞きください。

※ストリーミング放送は番組放送中のみご試聴頂けます

ストリーミング放送を聞く

※当番組のストリーミング放送はiPhoneなどのスマートフォンではご利用になれません。予めご了承下さい。

メインメニュー

関連リンク

<   2013年5月   >
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31