梶裕貴 かじゆうき

PROFILE

1985年9月3日生まれ。東京都出身。
2004年に声優デビュー。「進撃の巨人」のエレン・イェーガー役をはじめ、「七つの大罪」のメリオダス役、「僕のヒーローアカデミア」の轟焦凍役など、話題作のキャラクターを数多く演じる。
みずほフィナンシャルグループ「Jump!STORIES」など数多くのナレーションも担当。2013年度には史上初の2年連続で声優アワード主演男優賞を受賞。2018年5月に著書『いつかすべてが君の力になる』を出版し、累計7万部(2020年8月現在)のヒットを記録。TVドラマで主演を演じるなどの実写出演のほか、プラネタリウムのプロデュースやアパレルブランド「en.365°エンサンビャクロクジュウゴド」を展開するなど、活躍の場を広げている。
その声に、人間の脳と心に癒しの効果を与えるという「1/fゆらぎ」の響きを持つ。