ゲストのレシピ

三國清三シェフのレシピ:大根おろしドレッシング

3月20日の放送より

まぐろの大根おろしドレッシング

【材料】(2人分)

大根      :200g

大根の茎    :適量

マグロ(刺身用):130g

しょう油    :小さじ1/2


大根おろしドレッシング

【材料】

大根おろし   :200g

オリーブオイル :30g

粒マスタード  :20g

粗びき黒コショウ:適量



【作り方】

 ① マグロをひと口大に切り、しょう油をからめる

 ② 大根おろしとオリーブオイルをボウルで混ぜ合わせる

 ③ さらに粒マスタードを加えて混ぜ、仕上げに黒コショウを合わせる

 ④ ドレッシングとマグロをあわせ、冷蔵庫で寝かせたら出来上がり!

130320-41.jpg


大根は美味しさと栄養がたっぷりある皮ごとおろすのがポイント。

また大根おろしの酵素を逃がさず摂るように、

おろしてから30分以内に食べましょう。

お手軽にレストランの味が楽しめますよ。

オススメです!!

2013年3月20日(水)19時05分更新 | ゲストのレシピ |

SHIORI さんのレシピ:ハンリン風唐揚げ

2月17日の放送より


ハンリン風唐揚げ

【材料】(2人分)

鳥手羽中(開いたもの):8本

青ネギ        :2束

塩コショウ      :適量

サラダ油       :小さじ2


A.ネギソース

 醤油        :小さじ2

 オイスターソース  :小さじ2

 お酒        :大さじ1

 おろしにんにく   :小さじ1


B.揚げ衣

 天ぷら粉      :大さじ4

 ベーキングパウダー :小さじ1/2

 水         :大さじ5



【作り方】

 ① 手羽中に塩コショウして10分置く。

   青ネギは1cm 幅に切り、A.の材料をあわせておく

 ② フライパンにサラダ油を熱し、青ネギを少し焦がすように炒める。

   しんなりしてきたら A.を加え、軽く煮たてて火からおろす

 ③ 水分をふきとった手羽中に天ぷら粉(分量外)を薄くまぶし、

   B.の揚げ衣をつける

 ④ 揚げ油(分量外)を中温に熱し、手羽中を3~4分じっくり揚げ、

   仕上げに高温で20~30秒揚げてカラッと仕上げる

 ⑤ よく油を切った手羽中をネギソースにからめたら出来上がり!



パリで大人気の韓国料理店「ハンリン」の名物から揚げを、

SHIORI さんが再現したレシピです。

日本のジューシーな唐揚げではなく、サクサクしたスナックのような衣に、

黒い焦しネギソースが絡まり、やみつきになる美味しさだそうです。

ビールにピッタリ、とのことですよ!ぜひおためしあれ!!

2013年2月17日(日)17時35分更新 | ゲストのレシピ |

SHIORI さんのレシピ:ホワイトチョコラスク

2月10日の放送より


ホワイトチョコラスク

【材料】(10枚分)

バゲット    :10cm

ホワイトチョコ :100g(1)・80g(2)

牛乳      :80cc

ラム酒     :小さじ1/2

ピスタチオ、フリーズドライいちご:適量



【作り方】

 ① バゲットを耐熱皿に広げ、電子レンジで1分加熱する

 ② 鍋に刻んだチョコ(1)と牛乳を入れて弱火にかける

 ③ チョコが溶けたらラム酒を混ぜ、バゲットを加えてしみ込ませる

 ④ オーブンを130℃に予熱し、オーブンシートの上に

   チョコをしみ込ませたバゲットを並べ、

   表を15分、裏返して20分焼く

 ⑤ あら熱がとれたら片面に湯せんで溶かしたチョコ(2)を塗り、

   刻んだピスタチオやフリーズドライいちごをふりかける

 ⑥ 冷蔵庫で冷やしたら出来上がり!



外はサクサク、中はほのかにシットリした不思議な食感だそうです。

トッピングは色合いを考えながらカワイクしあげてください!!

2013年2月10日(日)17時35分更新 | ゲストのレシピ |

阪口珠未さんのレシピ:山芋のふくろ焼き & 黒ゴマだれ

1月13日の放送より

山芋のふくろ焼き

【材料:2人分】

山芋(長いも、やまといも、自然薯):200g

油揚げ:2枚

にんにく(すりおろし):ひとかけ

万能ネギ(小口切り):2本

醤油:適量



【作り方】

 ① 油揚げは熱湯にくぐらせ油を落とし、斜め半分に切る

 ② 山芋は皮を剥いて千切りにし、にんにくを混ぜ合わせる

 ③ ①に②を詰め、口を楊枝でとめてオーブントースターで15分焼く

 ④ 焼き上がったら楊枝を外し、食べやすい大きさに切る

 ⑤ 万能ネギをのせ、醤油をかければ出来上がり!



山芋を大豆製品と一緒にとることで、ホルモン力を上げる効果を高めます。

おつまみのほか、お弁当のおかずにもピッタリですよ!



黒ゴマだれ

【材料】

ねり黒ゴマ:大さじ1

すり黒ゴマ:大さじ2

醤油:大さじ3

酢:大さじ1

白みそ(甘口):大さじ1

みりん:大さじ1



【作り方】

 ① ボウルに材料を入れ、よく練り合わせれば出来上がり!



みそは白みそでなく、家にあるものでいいそうです。

冷蔵庫で2週間ほど保存できるので、しゃぶしゃぶのタレにしたり、

ゆで玉子の黄身をあえてから白身にもどした「ごまたまご」もオススメです。

2013年1月13日(日)17時35分更新 | ゲストのレシピ |

斉藤美穂さんのレシピ:丸鶏の簡単ローストチキン

12月23日の放送より



【作り方】

 ① 丸鶏のまわりに塩・コショウをすりこみます。

 ② 耐熱皿に乗せ、ひと口大に切った人参とジャガイモを回りに乗せます。

 ③ 2~3cmに切ったバターを、3つほど鶏の上に乗せてオーブンへ

 ④ 200℃で40分ほど焼いて出来上がり!



鶏の大きさで焼く時間は調節してください。

表面がこんがり焼けたら中を見て、火が通っていればOKです。

日常とは違って豪華なローストチキンが手軽に出来ます。

クリスマスにもオススメですよ!!


2012年12月23日(日)17時35分更新 | ゲストのレシピ |

坂本昌行さん思い出の味:おふくろのトマトスープ

12月9日の放送より


【材料】

トマト

玉ネギ

レモン

コンソメスープ



【作り方】

 ① トマトを湯むきし、サイの目に切る

 ② 玉ネギも同じように切る

 ③ トマトと玉ネギをコンソメスープに加え、

   火が通ったら塩・コショウで味を整える

 ④ 溶き卵でスープをとじて、最後にレモンをたっぷりと搾れば出来上がり!



忙しい家業の中お母さんが作ってくれた、坂本さん思い出の味。

たっぷりとレモンを搾るのがポイントです。

風邪をひいた時にもいいようですよ!

2012年12月 9日(日)17時35分更新 | ゲストのレシピ |

こうちゃんのレシピ:厚切り豚バラの辛味焼き丼

11月25日の放送より


【材料・2膳分】

ご飯      :丼2膳分

豚バラ肉ブロック:200g

貝割れ菜    :適量

煎りゴマ    :少々

サラダ油    :少々


【合わせ調味料】

醤油:小さじ1・みりん:小さじ1・酒:小さじ1

オイスターソース・小さじ1・コチュジャン・小さじ1.5



【作り方】

 ① 豚肉を8~10mm厚に切り、油をひいいたフライパンで中火で焼く

 ② 合わせ調味料を入れ、全体にからめる

 ③ ご飯に盛り、貝割れ菜とゴマをのせれば出来上がり!



焼く時に余計な脂は落とし、気になる方は調味料を入れる前に

キッチンペーパーで脂をふきとってください。

ポイントは肉がアメ色になるように、少しだけ焦がして焼くこと。

手軽にボリュームのある「男の丼」が食べられますよ!!



オマケのレシピ・・・塩納豆丼


【作り方】

 ① 熱々ご飯の上に納豆を混ぜずに乗せる

 ② その上にゴマ油と"こだわりの塩"をお好みの量かける

 ③ ブラックペッパーと白い煎りゴマこかけて出来上がり!


ポイントは絶対に混ぜないこと。

ごはんの上に納豆とゴマ油と塩を乗せてたべること。

ゴマ油の風味を黒胡椒が引き締めて、新たな味わいが口の中に広がります。

納豆が苦手な方にもオススメですよ~!

2012年11月25日(日)17時35分更新 | ゲストのレシピ |

奥村政行さんのレシピ:ヘルシーなきのこと豚のカツレツ

1014日の放送より


【材料】

お好みのきのこ、しゃぶしゃぶ用豚肉、

エキストラバージン・オリーブオイル

パンの耳(パン粉)



【作り方】

 ① パンの耳をちぎって、大きさのまばらなパン粉を作る

 ② きのこを茹でて、皿に盛る

 ③ きのこを茹でたお湯で豚肉を茹で、きのこの上に盛る

 ④ ①で作ったパン粉をオリーブオイルでカリッと炒め、塩で味付けする

 ⑤ カリッと炒めたパン粉を、きのこと豚肉の上に盛って出来上がり!



レシピだけ見ると「どこがカツレツ?」と思ってしまいますが、

パン粉と豚肉を一緒に食べると、口の中でカツレツの味になるそうです!

これ、興味ありますね〜。


ぜひやってみます!!


2012年10月14日(日)17時31分更新 | ゲストのレシピ |

梅沢富美男さんのレシピ:きのこ鍋

番組終了後に、こっそりともう一品、

この季節にピッタリのレシピを教えていただきました。


きのこ鍋


・鶏ガラを水から煮て、沸騰してから30〜40分で鶏ガラを引き上げる。

・このスープに鶏肉、きのこ(何でもOK)、じゃがいもを入れ、出汁醤油や塩

 などで味をつける。(ほかの具材はお好みで入れてください)

・山芋をすりおろし、出汁でのばす。

・仕上げに鍋に山芋をすりおろしたものを乗せ、1〜2分蒸らせば出来上がり!


ポイントはじゃがいもを必ず入れること

イイ出汁が出るそうですよ。


こちらもぜひお試しください!

実際に作った感想を番組までお寄せいただけるとうれしいです!!

2012年1月15日(日)19時30分更新 | ゲストのレシピ |

東 貴博さんのレシピ:水炊き

102日放送より



【作り方】

① 鳥手羽先の手の部分を切り落としてから水に入れ、40~60分炊く。

 (炊き終わったら、細い部分は取り出しす)

② 別の鍋に野菜やきのこを入れ、炊いた手羽先と半分量のスープを入れる。

 (残りの半分はストックしておく)

③ 野菜に火が通ったら出来上がり!ポン酢でいただきます。



~食べ終わったら~

④ 水炊きの残りにカレールーを入れて温める。

⑤ ルーが溶けて温まったら火を止めて冷ます。

⑥ 冷めたら再び火を入れて温める。

⑦ 温まったら再度冷やす。

 (これを2~3回繰り返して味をしみ込ませる)

⑧ 翌日、2日目のカレーを食べる。



~さらに~

※ ストックしておいた鳥スープは、

     小腹が空いた時にラーメンやお茶漬けで使いましょう!



博多の水炊きのようにトロッとしていない、少しだけアッサリめのスープで食べるのが東流。

水炊きの後は、翌日カレーにしたり、残ったスープを夜食のカップ麺に使ったりと、一回で三度美味しい、水炊き。流石です!


2011年10月 2日(日)18時00分更新 | ゲストのレシピ |