平山一政さんに「食卓応援隊 5つの質問」

9月16日 ゲスト:平山一政さん



Q1. これは外せない!というご飯のお供を3つ教えてください!

               A.漬物、味噌汁、魚の干物


Q2. オススメの別府グルメといえば?

               A.地獄蒸し


Q3. おふくろの味といえば?

               A.サバ鮓し


Q4. オススメの簡単レシピを教えてください!

               A.低温蒸し野菜カレー


Q5. 食に関する「座右の銘」は?

               A.調理をしすぎないこと、

                 調味は最小限に素材の美味しさをいただく



先週に引き続き、今週の食卓応援隊

50℃洗いで話題の

平山一政さんにお越し頂きました!



大分県・別府のご出身だという平山さんにとって、

昔からお湯で食材を洗うのが普通のことで、

野菜や肉ををザルに載せて近所にある温泉蒸気で調理する

「地獄蒸し」も、当たり前のようにやっていたそうです。


子供の頃から自然にやっていたことが、蒸気の研究という生涯の仕事になり、

50℃洗いのヒントにもなっていたんですね〜。



そんな平山さんにオススメの簡単レシピをお聞きしたところ

低温蒸し野菜カレー」を教えてくださいました。


これは、70℃で野菜を蒸すのがポイント。

玉ねぎ、ニンジン、かぼちゃ、ジャガイモ、トマト、リンゴなどをザルに載せ

鍋にボウルをかぶせて温度計を見ながら、

ボウルの中が70℃になったら火を止めます。


野菜が一番美味しくなる温度が70℃で、

低温蒸しした野菜からはアクが出ないそうです。

だからカレールーも煮込まず、沸騰させないようにすることで、

ルーに野菜の香りが残るカレーが出来上がるそうです。



また50℃洗いをした大根を冷ましてから大根おろしにすると、

変色せず一週間はもつ大根おろしになるそうです。


魚の干物も、50℃洗いすることで、

味が濃くなって、身がふっくらとするそうです。



最後に

50℃洗いすることで、

体に入らなくていい成分を摂らずに済む。

食材のランクが上がり、アンチエイジングにもつながる


と教えてくれた平山さん。

50℃洗いを発見してから10年たってようやく認められた、

と苦労話も披露してくれました。

50℃洗い、ワタクシもさっそく家で試してみます。

その成果は、またご報告させていただきます!!



平山一政さんの食に対するひとこと

「果しなき夢」

120916-01.jpg

2012年9月16日(日)17時30分更新 | 放送後記 |