プロのラー油で作ったレタス麺

5月6日の放送より


先週のオープニングトークでお話させていただきましたが、

宇都宮にお住まいの秦 幸男さんが送ってくださったラー油」を使って、

田中家の定番メニューレタス麺を作ってみました!


120506-02.jpg

1.豚ミンチをたっぷりのラー油を使って弱火でじっくりと炒めます。

2.挽き肉に火が通ったらちぎったレタスを入れ、上からラー油をかけて

  炒めます。

3.レタスに火が通ったら、ウェイパーを投入し、水を入れ煮込みます。

  この時、麺も茹で始めます。

4.スープを丼にとり、茹で上がった麺を入れ、挽き肉とレタスをのせ、

  さらにその上からラー油をタップリとかけて出来上がり。



ゴマ油の香りがしっかりと残り、

パンチの効いた辛さはこれまで味わえなかったレベル!!

ラー油にも鮮度があるんだと、初めて知りました。



実は今回の「レタス麺」は、

普段やれなかったことを思いきってやったスペシャル版。

普段は豚ミンチを炒められるほどラー油を(もったいなくて)使えないので、

レタスだけのシンプルなラーメンです。


一度やってみたかった贅沢ができたのも、

秦さんから送られた、宇都宮『餃子会館』自家製ラー油があったればこそ。


『餃子会館』のラー油は、ゴマ油をふんだんに使ってあるのにサラサラしていて、

それでいて唐辛子が焦げていない、さすがプロが作ったラー油だと思いました。



いただいたラー油は、大切に使わせていただきます。

秦さん、ありがとうございました〜!!

2012年5月 6日(日)19時00分更新 | 隊長のレシピ |