次回の放送日時
lifeニュース版
IPサイマル radikoで聴く
生放送のスタジオの動画をご覧いただけます
ustreamで聴く
twitcastingで聴く
ストリーミング放送で聴く
Life書籍化第二弾ができました!

「文化系トークラジオ Life のやり方」


第一弾はこちら
Life?~番組について~
浅野いにおさんのイラストが待ち受け画面としてダウンロードできます!
access to TBS RADIO 954kHz
詳しくはこちらをご覧下さい。
イラストと番組ロゴは浅野いにおさんに描いていただきました。
最近のエントリー
radiocloud
TBS RADIO ホームページ

【音声配信】「文化系大忘年会2018」Part8(外伝2)▽鈴木謙介、速水健朗、文月悠光、永田夏来、海猫沢めろん、ひらりさ、倉本さおり、塚越健司、宮崎智之、斎藤哲也(TBSラジオ「文化系トークラジオLife」2018年12月23日放送分)

studio2_20181223_Life954-1024x680.jpg

2018年12月23日「文化系大忘年会2018」Part8(外伝2)(43分00秒)

出演:鈴木謙介(charlie)、鈴木謙介、速水健朗、文月悠光、伊波真人、永田夏来、海猫沢めろん、ひらりさ、倉本さおり、塚越健司、宮崎智之、斎藤哲也

〇時代の区切り
・「コミュニケーションがしんどかったらブロック」の更に先(c)
 →「言葉を尽くすよりも楽な方法がないか」となっていないか(c)
・AORの著名人が亡くなった年(伊波)
 →ベテラン俳優たちも世を去り時代の区切りを感じる(c)

〇テキストの読み方・示し方
・読解力が落ちているのは大人かもしれない(ツイキャスコメント)
・文学が趣味と実用に使い分けられるのでは(ツイキャスコメント)
・道徳の正式教科化でテキストの読み方が定められる(倉本)
・『BANANA FISH』『銀河英雄伝説』のアニメ化(永田)
 →情報が整理、洗練されたが、重みや複雑さが失われる面も(永田)

〇語りを聴く
・落語にハマり「やっぱり志ん生だな」と(宮崎)
 →ただ自分が安らぐコンテンツは意外と無い(宮崎)
・名人、なにかを突き詰められる人とそうでない人(永田)
・オススメは浪曲。玉川太福さん最高。(永田)
・間に時間や空間が含まれた古井由吉の話し方(倉本)

〇傷と言葉
・巧妙に隠されているものが暴かれるとき(海猫沢)
 →自分の内面の傷を正しく言い当てる方向に行っていいのか(c)
・「ああしなさい」「こうしなさい」が溢れる日本のおかしさ(海猫沢)
 →先回りして止めに来るのが日本(c)
・罵詈雑言の限りを尽くす『犬も食わない』(倉本)
 →先回りに対する苛立ち、責任放棄の感覚(倉本)
・喧嘩する言葉が無いから仲直りもできない(c)
・一方的に善悪を分けるために使われる「ごめんなさい」(c)
・『ダルちゃん』と自己治癒としての創作(文月)
・「独裁もいいんじゃない?」という若者(c)
・自分が傷ついたことの表明へのナーバスさは無い面に対する言葉にしかならない(c)
→心と心を繋ぐものになってはいけない類の言葉(c)
・心と心の間の埋まらないものを表す言葉に敏感になることがどれだけ難しいか(c)
・「次に何かが変わるなら元号が変わるとき」(c)

   text by 千葉彩佳

○参考URL

【音声配信】九龍ジョー×玉川太福「現代と格闘する伝統芸能の若手たち」
▼9月8日(木)放送分(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」平日22時〜)
https://www.tbsradio.jp/71694

〇Life関連アーカイブ

2015/08/30「ブロック化する社会をどう生きるか」
https://www.tbsradio.jp/life/20150830/index.html

2014/02/23「超絶!ポエム化社会」 アーカイブ
https://www.tbsradio.jp/life/20140223/index.html

参考資料
不道徳お母さん講座: 私たちはなぜ母性と自己犠牲に感動するのかBANANA FISH (#1) (小学館文庫キャラブン!)銀河英雄伝説 1 黎明編 (創元SF文庫)もう一度聴きたい 古今亭志ん生十八番集浪曲 玉川太福の世界 地べたの二人「おかず交換」「道案内」「配線ほどき」「湯船の二人」楽天の日々犬も食わないダルちゃん: 1 (1) (コミックス単行本)


2018年12月26日 07:49| 2018/12/23「文化系大忘年会2018」|

【音声配信】「文化系大忘年会2018」Part7(外伝1)▽鈴木謙介、速水健朗、文月悠光、永田夏来、海猫沢めろん、ひらりさ、倉本さおり、塚越健司、宮崎智之、斎藤哲也(TBSラジオ「文化系トークラジオLife」2018年12月23日放送分)

撮影:ササキミチヨ
studio_20181223_Life954-1024x680.jpg

2018年12月23日「文化系大忘年会2018」Part7(外伝1)(30分36秒)

出演:鈴木謙介(charlie)、鈴木謙介、速水健朗、文月悠光、伊波真人、永田夏来、海猫沢めろん、ひらりさ、倉本さおり、塚越健司、宮崎智之、斎藤哲也

〇日本人には伝わらなかった意味
・今年は筋肉の年でした(リスナー)
・『ブラックパンサー』など人種や性別の入り混じった作品(リスナー)
 →日本では宣伝が悪くヒットしなかった『クレイジー・リッチ!』(リスナー)
 →日本と他の国での感情の差(リスナー)
 →あえて主人公をアジア人にした重要さが日本人には伝わらず(塚越)
・モテるアジア人(海猫沢)
・コリアンビューティーの化粧品、K-POP的ファッション(c)

〇面白いものの届き方
・『カメラを止めるな!』のヒット(リスナー)
 →口コミで広がるタイプのヒット(c)
・幅広い世代の観客(海猫沢)
 →もう「ネット発=若者受け」ではない(c)
・『未来のミライ』『万引き家族』......様々に描かれる家族(海猫沢)
 →『カメラを止めるな!』の中間層のリアルさ(海猫沢)
・『相席食堂』など地方のテレビ番組の面白さ(リスナー)
 →ネットでテレビが配信される時代の地方の強みと弱み(リスナー)

〇大ヒット『ボヘミアン・ラプソディ』
・『ボヘミアン・ラプソディ』の描写にぴんとこない(リスナー)
 →本当にクイーンが好きだった世代と映画を楽しんでいる層の乖離(速水)
 →往年の女性ファンによる「かわいさ」アピール、かつての欠点が惹かれる点に(ひらりさ)
・『ラ・ラ・ランド』とのテイストの類似(c)
・ロジャー・テイラーのジェンダーギャグ(速水)
・応援上映需要(宮崎)
・世代の人、マニアの人にはわかるこだわりとこの数年の感動ヒット作らしさ(c)

〇噴き出したもの、まだ見えないもの
・『若おかみは小学生!』が話題、男の子がプリキュアになる時代(c)
 →「justice」へのバランス感覚、政治的批評が普通に出る時代(c)
・日本の排外主義は大きく出ているのに見過ごされている(速水)
 →海外からの吸収の時代から内向きに変わったのが表面化した2018年(塚越)
・人と何かを共有すること、言葉を尽くすことへの疲れ(c)

  text by 千葉彩佳

〇Life関連アーカイブ

2015/02/22「No Music, No Life?~音楽はいまどう聴かれているのか」
https://www.tbsradio.jp/life/20150222no_music_no_life/index.html

2010/09/26「新・家族の条件」
https://www.tbsradio.jp/life/20100926/index.html

参考資料
ブラックパンサー MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]クレイジー・リッチ!ブルーレイ&DVDセット (2枚組) [Blu-ray]オーシャンズ8 ブルーレイ&DVDセット (初回仕様/2枚組/ポストカード付) [Blu-ray]アントマン&ワスプ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー+MovieNEXワールド] [Blu-ray]【Amazon.co.jp限定】カメラを止めるな!  [Blu-ray] (「ONE CUT OF THE DEAD 現地リハーサル通しver.」DVD付)Bohemian Rhapsodyラ・ラ・ランド スタンダード・エディション [Blu-ray]若おかみは小学生! 花の湯温泉ストーリー(1) (講談社青い鳥文庫(SLシリーズ))HUGっと!プリキュア vol.1 [DVD]「明治」という国家[新装版] (NHKブックス No.1249)

2018年12月26日 07:48| 2018/12/23「文化系大忘年会2018」|

【音声配信】「文化系大忘年会2018」Part6▽鈴木謙介、速水健朗、文月悠光、永田夏来、海猫沢めろん、ひらりさ、倉本さおり、塚越健司、宮崎智之、斎藤哲也(TBSラジオ「文化系トークラジオLife」2018年12月23日放送分)

塚越健司さん&永田夏来さん (撮影:永田夏来)
tsukagoshi&nagata_20181223.jpeg

2018年12月23日「文化系大忘年会2018」Part6(20分45秒)

出演:鈴木謙介(charlie)、鈴木謙介、速水健朗、文月悠光、伊波真人、永田夏来、海猫沢めろん、ひらりさ、倉本さおり、塚越健司、宮崎智之、伊波真人、斎藤哲也

〇声を上げざるをえない人々
・「こうだったよね」と言い切れない2018年(c)
・世界的に自分が信じたいものの殻に閉じこもっている(リスナー)
 →「敵を見つけて叩く」というやり方がどんどん過激に(リスナー)
・多くの人が黙ってしまった中で、黙るわけにもいかなかった人たち(c)
・「楽しいことに水を差すなよ」で黙りがちなのがオタク(ひらりさ)
 →「ヒプノシスマイク」に問題提起をして叩かれたオタク(ひらりさ)
・議論し合う流れが作られたので来年はもっと話し合えるのでは(ひらりさ)
・『ザ・ヘイト・ユー・ギヴ』黒人性を隠さざるを得ない環境で
 声を上げざるをえなくなる少女(c)
 →今のアメリカ社会を反映(c)
・言わざるをえない状況にいる人が過剰な正義に映ってしまう(c)
・元アイドルを描く『さよならミニスカート』に見える葛藤(塚越)
 →「りぼん」という媒体でやることに意味がある作品(塚越)

〇謝罪を求めるとき・求められたとき
・『82年生まれ、キム・ジヨン』に描かれる、女性が出会う抑圧(倉本)
 →「読んだ」と発言しただけのアイドルが炎上、
 意見されることへの男女差が露わに(倉本)
・炎上と謝罪(c)
 →謝罪の言葉は難しい(倉本)
・「謝るのはそこじゃない」となるパターンも(文月)
 →「対等になろう」「合意しよう」は難しい(文月)
・「ザ・スクエア」知らぬ間に加害者側に行ってしまうやりきれなさ(文月)
・傷ついたひとの傷は謝罪で癒えるのか(c)
 →必要なのは謝罪より傷ついた側の納得を呼ぶ言葉では(c)
・必要とされている言葉と届けようとしている言葉が逆なのでは(c)
・もっとも心に澱の溜まる回に(c)

  text by 千葉彩佳

〇Life関連アーカイブ

2018/04/22「もはやオワコン?〜"恋愛"の平成史」
https://www.tbsradio.jp/life/20180422/index.html

2016/06/26「有名税とのつきあい方」
https://www.tbsradio.jp/life/20160626/index.html

参考資料
歴史修正主義とサブカルチャー (青弓社ライブラリー)ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- キラーワード缶バッジ BOX少年マガジンエッジ 2019年1月号 [2018年12月17日発売] [雑誌]ザ・ヘイト・ユー・ギヴ あなたがくれた憎しみ (海外文学コレクション)さよならミニスカート 1 (りぼんマスコットコミックス)82年生まれ、キム・ジヨン (単行本)ファーストラヴザ・スクエア 思いやりの聖域 [DVD]

2018年12月26日 07:47| 2018/12/23「文化系大忘年会2018」|

【音声配信】「文化系大忘年会2018」Part5▽鈴木謙介、速水健朗、文月悠光、永田夏来、海猫沢めろん、ひらりさ、倉本さおり、塚越健司、宮崎智之、伊波真人、斎藤哲也(TBSラジオ「文化系トークラジオLife」2018年12月23日放送分)

inami&fuzuki_20181223.jpeg

2018年12月23日「文化系大忘年会2018」Part5(26分21秒)

出演:鈴木謙介(charlie)、鈴木謙介、速水健朗、文月悠光、伊波真人、永田夏来、海猫沢めろん、ひらりさ、倉本さおり、塚越健司、宮崎智之、伊波真人、斎藤哲也


〇イベントのお知らせ
・2019/1/27「文化系大新年会2019」@新宿紀伊国屋(斎藤)
・サブパーソナリティもみんな来ますよ!(斎藤)

〇「正しさ」を迫られて
・オンラインの言葉の裏にあるものをめぐるしんどさ(c)
・今年の英単語「justice」(c)
 →「正しさ」は言葉を使う人間には一番怖い(c)
・正義を相対化する言葉も正義に与する言葉も発することが出来ない(c)
・社会学が色々言われた年(速水)
・男らしさとは何かを考える『たてがみを捨てたライオンたち』(倉本)
 →そこにある答えへの「屈服」ではない、話し合って答えを作るプロセス(倉本)

〇いま熱い⁈ カジュアルになっていく詩歌
・「詩歌が来ている」と聞くが(宮崎)
 →自ら詩を作ってから作品に触れる傾向(文月)
 →詩のイメージのカジュアルな変化(文月)
・短歌業界以外の人にも短歌が読まれるように(伊波)
 →歌集の重版が増える(伊波)
・情報過多な散文的情報に疲れている(文月)
 →詩の余白が求められる(文月)
・詩とポップカルチャーとの並列受容(伊波)

〇短くなければ伝わらない
・日常的に触れるのは話し言葉ですらない10文字程度(c)
 →「長く書いて正しく伝える」が出来なくなっている(c)
・10文字で自分の正義を表明しなければ受け取ってもらえない(斎藤)
 →右派的ポピュリズムの短くキャッチーなフレーズに左派も学び始める(斎藤)
・「ゆっくり合意へ」にNOと言われる今(c)
・神田松之丞のホッとする言葉(永田)

〇詩と時代
・ジェンダーと詩の関係に変化はあるのか(宮崎)
 →かつては生活詩が中心だった女性詩人も女性性を前面に押し出さなくなった(文月)
 →主夫の詩、同性愛的な作品などの登場(文月)
・短歌は写実が基本、時代を反映(伊波)
・言葉を尽くすことのしんどさ、尽くしたことでのこじれ(c)
・『ファーストラヴ』の加害者と被害者の逆転構造(速水)

  text by 千葉彩佳

〇Life関連アーカイブ
2017/06/25「"共感"される"エモい""パワーワード"を"忖度"して"PR"!」
https://www.tbsradio.jp/life/20170625pr/index.html

2012/06/24「ソーシャル時代の"世間"考」
https://www.tbsradio.jp/life/20120624/index.html

たてがみを捨てたライオンたち (単行本)ファーストラヴ彼女は頭が悪いから選んだ孤独はよい孤独歌集 滑走路ナイトフライト (現代歌人シリーズ19)Pen+(ペン・プラス)『完全保存版 1冊まるごと、神田松之丞』 (メディアハウスムック)

このパートでかけた曲
●ポセイドン・石川 "め組の人" (速水健朗さん選曲)
め組のひと

2018年12月26日 07:47| 2018/12/23「文化系大忘年会2018」|

【音声配信】「文化系大忘年会2018」Part4▽鈴木謙介、速水健朗、文月悠光、永田夏来、海猫沢めろん、ひらりさ、倉本さおり、塚越健司、宮崎智之、斎藤哲也(TBSラジオ「文化系トークラジオLife」2018年12月23日放送分)

斎藤哲也さん&倉本さおりさん(撮影:ササキミチヨ)
saito&kuramoto_20181223.jpeg

2018年12月23日「文化系大忘年会2018」Part4(26分25秒)

出演:鈴木謙介(charlie)、鈴木謙介、速水健朗、文月悠光、伊波真人、永田夏来、海猫沢めろん、ひらりさ、倉本さおり、塚越健司、宮崎智之、斎藤哲也

〇Youtuberと文芸
・『AI vs 教科書が読めない子どもたち』
  文芸とテクノロジーの関係はどうなっていくのか(リスナー)
・文字が読まれない時代に合わせてYoutuberになるも再生数伸びず(海猫沢)
・文学Youtuberベルさんの本の紹介(海猫沢)
・ボンボンTVの成功は30代、40代を企画から外し若者で固めたから(海猫沢)
・動画コンテンツのコマ割りが速すぎてついていけない(宮崎)
・ヤンキー文化だったYouTuber(速水)
→非ヤンキー分野ならまだ伸びしろある(速水)

〇Life出身のあの人も......2018年の文学と言葉
・『静かに、ねぇ、静かに』『ニムロッド』『ナイス・エイジ』2018年の文学(倉本)
・Wikipedia小説『ジャップ・ン・ロール・ヒーロー』(速水)
・口には出したくないけど......『平成くん、さようなら』(倉本)
 →死とテクノロジーがテーマ(速水)
 →小説なら思想を人物それぞれに仮託出来る(倉本)
・『希望難民ご一行様』以来名文を書くとは思っていた、悔しいけど感動(リスナー)
・思想の併存は図らずも今年を象徴(c)
 →複数アカウントで思想を運営する『平成くん』(c)
・新語大賞が「映える(ばえる)」(倉本)
 →言葉は生き物として変化していく(倉本)
・ネットにアーカイブが残ることで死んだ言葉が実感として残っていく(文月)
・言葉の文脈が共有されたときに初めて意味を生む(c)
 →共有される言葉の文脈性を自覚すると表現の幅が広がる(c)

     text by 千葉彩佳

〇Life関連アーカイブ

2012/01/22「何のためのアーカイブ?」
https://www.tbsradio.jp/life/20120122/index.html

2018/11/04「平成スタイル~そしてみんなユニクロを着るようになった」
https://www.tbsradio.jp/life/20181104/index.html

参考資料
AI vs. 教科書が読めない子どもたちさよなら未来――エディターズ・クロニクル 2010-2017WIRED (ワイアード) VOL.31静かに、ねぇ、静かに群像 2018年 12 月号 [雑誌]ナイス・エイジジャップ・ン・ロール・ヒーロー平成くん、さようならビニール傘小説の言葉尻をとらえてみた (光文社新書)

このパートでかけた曲
●ポルノグラフティ "アポロ" (ひらりささん選曲)
アポロ

2018年12月26日 07:46| 2018/12/23「文化系大忘年会2018」|

【音声配信】「文化系大忘年会2018」Part3▽鈴木謙介、速水健朗、文月悠光、永田夏来、海猫沢めろん、ひらりさ、倉本さおり、塚越健司、宮崎智之、伊波真人、斎藤哲也(TBSラジオ「文化系トークラジオLife」2018年12月23日放送分)

速水健朗さん&ひらりささん(撮影:ササキミチヨ)
hayamizu&hirarisa_20181223.jpeg

2018年12月23日「文化系大忘年会2018」Part3(24分20秒)

出演:鈴木謙介(charlie)、鈴木謙介、速水健朗、文月悠光、伊波真人、永田夏来、海猫沢めろん、ひらりさ、倉本さおり、塚越健司、宮崎智之、伊波真人、斎藤哲也

〇コミュニケーションの端境期で
・速水さんを初めて知りました! ルー大柴にそっくり!(リスナー)
・メディアの変化が身に染みた(リスナー)
 →出版は日陰に、ネットの人は盛り上がる(リスナー)
・サブスクリプションやキャッシュレスのインフラ化(リスナー)
・老害はLINEを使わない(永田)
 →コミュニケーションコストをかける話題じゃないのにメールやFAX(永田)
・文脈が共有できないと使えないLINE(c)
・「既読スルー」がコミュニケーションとして成り立つ端境期(ひらりさ)
・40代がネットに夢見た自由さを失った年(リスナー)
 →ネットでのいざこざがリアルの殺人に(c)
 →ネットでのコミュニケーションに夢を見すぎていた(c)

〇見えるものと思想
・広告がらみのトラブルにメスが入る(速水)
・「ネットは無料」から「お金を払って良いものを」に(速水)
 →定額サブスクリプションの時代、ネット主体でもお金を払う人はいる(速水)
・無料で見る人とお金を払って見る人では見えるもの、見える世界が変わるのでは(c)
 →思想傾向への反映(c)
・ネットに思想が影響されるのは若者よりも40代・50代(速水)
 →「親がネトウヨにならないためには」と頭を悩ます友人たち(ひらりさ)
・組体操をめぐる議論のネットでの盛り上がりと現場の反応の大きな差(速水)
・その場にあるもので情報摂取すると元々の思想が分散してしまう(倉本)
・マウンティングと上下が分からないとコミュニケーションできない人々(c)

     text by 千葉彩佳

〇Life関連アーカイブ

2012/04/22「動員とマネタイズ」
https://www.tbsradio.jp/life/20120422/index.html

2017/02/26「ポスト・トゥルースのその先へ」
https://www.tbsradio.jp/life/20170226/index.html

参考資料
不寛容の本質 なぜ若者を理解できないのか、なぜ年長者を許せないのか (経済界新書)情報戦争を生き抜く 武器としてのメディアリテラシー (朝日新書)説教したがる男たちネットと愛国 (講談社+α文庫)サブスクリプション――「顧客の成功」が収益を生む新時代のビジネスモデル

このパートでかけた曲
●SPANK HAPPY "走り泣く乙女(バンドタイプ)" (永田夏来さん選曲)
MY NAME IS

2018年12月26日 07:45| 2018/12/23「文化系大忘年会2018」|

【音声配信】「文化系大忘年会2018」Part2▽鈴木謙介、速水健朗、文月悠光、永田夏来、海猫沢めろん、ひらりさ、倉本さおり、塚越健司、伊波真人、宮崎智之、斎藤哲也(TBSラジオ「文化系トークラジオLife」2018年12月23日放送分)

4DDF2759-58B0-46BC-B491-8759BE009E3E-1024x840.jpeg
海猫沢めろんさん&宮崎智之さん (撮影:ササキミチヨ)

2018年12月23日「文化系大忘年会2018」Part2(27分50秒)

出演:鈴木謙介(charlie)、鈴木謙介、速水健朗、文月悠光、伊波真人、永田夏来、海猫沢めろん、ひらりさ、倉本さおり、塚越健司、宮崎智之、斎藤哲也

〇ついていけない? 2018のテクノロジートピック
・eスポーツ元年(リスナー)
・「PUBG」などのバトルロイヤル系が流行(c)
 →Nintendo Switchで小学生が遊ぶ「Fortnite」(海猫沢)
・「ソシャゲでガチャ」からクロスプラットフォームの遊びの時代に(c)
・スタジオが凍り付く「TikTok」の話題(c)
 →下手をすると大学生も分からない高校生の文化(塚越)
・短い時間で動画をシェア(c)
 →芸能人が大量に流入、かわいい一般人がトップページに(c)
 →そこからデビューの可能性も(c)

〇変わる「見せ方」~顔出しOKの時代~
・TikTokは顔出し、もはや顔を隠していると違和感のある時代(リスナー)
 →踊ってみた文化とプラットフォームの親和性(リスナー)
 →「U.S.A.」は上手い人が踊るから面白いYoutube文化(リスナー)
・インスタのストーリーズも進化(c)
・適当にその場で上げたいものをストーリーズに(文月)
 →手軽さが受ける(c)
・Tinderの定着(c)
 →プライバシーや交友関係をオープンにするハードルが下がっている(永田)
・全部を知ってほしいわけではないからネットワークを使い分ける(永田)
・Twitterが戦場と化しライフログにできなくなる(永田)
 →アプリごとに分けたものが先鋭化(永田)
 →フォーマットに合わせて自分が作られていく(永田)
・「盛れてる自分が本当の自分」ではない新しい自分の見せ方(c)

〇オンラインサロンと新しいビジネスの関係
・オンラインサロンと「第二芸能界」の構築(宮崎)
 →自分の見せ方のビジネス化(宮崎)
・一種の「信者ビジネス」であるオンラインサロン(宮崎)
 →直にファンを掴んでマネタイズする流れの先鋭化(宮崎)
・興味のある人間を集めて情報をやり取りしながら商品を生んでいく(速水)
 →クリエイターと受け手の関係の変化(速水)
・作品作成のプロセスに参加すること自体が課金の対象に(c)

       text by 千葉彩佳


〇Life関連アーカイブ

2018/08/26「そのコトにプレミアム料金を払いますか? 〜課金化する社会のゆくえ」
https://www.tbsradio.jp/life/20180826/index.html

2012/04/22「動員とマネタイズ」
https://www.tbsradio.jp/life/20120422/index.html

参考資料
ARKARTECH G2000 ゲーミング ヘッドセット ヘッドホン ヘッドフォン マイク付き ゲーム用 高音質 有線 5.1ch fps PC ps4に対応 ブルー G2000BLUE【PS4】PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS【オンライン専用】フォートナイト ディープフリーズバンドル - Switchめ組のひとU.S.A.死ぬこと以外かすり傷新世界 (単行本)PLANETS vol.10

このパートでかけた曲
●江沼郁弥 "として" (宮崎智之さん選曲)
♯1

2018年12月26日 07:43| 2018/12/23「文化系大忘年会2018」|

【音声配信】「文化系大忘年会2018」Part1▽鈴木謙介、速水健朗、文月悠光、永田夏来、海猫沢めろん、ひらりさ、倉本さおり、塚越健司、宮崎智之、伊波真人、斎藤哲也(TBSラジオ「文化系トークラジオLife」2018年12月23日放送分)

charlie_20181223_Life954.jpg
charlie(鈴木謙介) 撮影:ササキミチヨ

〇1年の終わりに
・上半期は調子が良かったのに下半期は迷っていたcharlieの今年(c)
・2018年も良いこともあったはずだけど......(c)
・毎年恒例ジャイアンリサイタル......ではなくインスト曲披露(c)

〇Lifeパーソナリティの2018年
・仕事面のプレゼンスを下げた1年(速水)
 →お店で女性に話しかけて墓穴を掘る(速水)
・「あれ好きなんですよ! 何だっけ?」が多い若者(c)
 →印象に残ったという事実が大事(c)

・某公共放送で貰ったクリスマスセーターを着てきました(塚越)
・毎週水曜に熊本からやってきて深夜放送(海猫沢)
 →Vtuber、会社作り、ラジオなど様々な仕事(海猫沢)
 →BL翻案版「古事記」は過激すぎて一部カットに(海猫沢)
・おかげさまで仕事は増えたが横から後ろから矢が飛んでくる辛さも(永田)
・40代50代の老害化、年を取ったら力加減を覚えて(永田)

・16歳で新人賞を貰ってから10周年の節目(文月)
 →短期的モチベーションから継続への移行を考えさせられる(文月)
・うまいこと「平成生まれ」を使ってきたが平成が終わるときどうなるのか(文月)
・プロフィール写真を求められることが増えた結果迷走(宮崎)
・「第二芸能界」の話題(宮崎)
 →環境の変化で世界の見え方が変わった話はその人からしか聞けない(c)

・『試験に出る哲学』が3刷まで(斎藤)
 →「100分de名著」でスピノザの『エチカ』が売れる(斎藤)
・新人評のために文芸誌が部屋に積み上がりQOLが下がる(倉本)
・問題作が芥川賞にノミネート(倉本)

・Life出演は8月から3度目(ひらりさ)
→ウェブ編集などはしていたが最近活動が注目される(ひらりさ)
・平成元年生まれとして平成の終わりを実感(ひらりさ)
・歌人の伊波さんも来ています(c)
・作詞を担当したクラックラックス「病室でハミング」(文月)

         text by 千葉彩佳

〇Life関連アーカイブ

2018/03/04「平成カウントダウン~この30年で何が変わったか」
https://www.tbsradio.jp/life/2018030430/index.html

2018/01/01「文化系大新年会2018」
https://www.tbsradio.jp/life/201801012018/index.html

参考資料
BL古典セレクション2 古事記臆病な詩人、街へ出る。 (立東舎)モヤモヤするあの人 常識と非常識のあいだ (幻冬舎文庫)越境芸人 (Bros.books)試験に出る哲学―「センター試験」で西洋思想に入門する (NHK出版新書 563)スピノザ『エチカ』 2018年12月 (100分 de 名著)平成くん、さようなら浪費図鑑 ―悪友たちのないしょ話―だから私はメイクする 悪友たちの美意識調査シン・浪費図鑑まんが浪費図鑑 (コミックス単行本)ナイトフライト (現代歌人シリーズ19)

このパートでかけた曲
● "体の芯からまだ燃えているんだ" (charlie選曲)
●CRCK/LCKS "病室でハミング" (文月悠光さん選曲)
Double Rift

2018年12月26日 07:42| 2018/12/23「文化系大忘年会2018」|

【予告編・前口上&音声配信】「文化系大忘年会2018」2018年12月23日(日)25時〜TBSラジオで生放送【文化系トークラジオLife】

mainimg_Life954.jpg

「文化系大忘年会2018」予告編(46'43")

12月23日(日)25時〜=12月24日(月)午前1時〜
「文化系大忘年会2018」

出演予定:鈴木謙介(charlie)、速水健朗、倉本さおり、海猫沢めろん、塚越健司、永田夏来、文月悠光、斎藤哲也、ひらりさ、宮崎智之ほか

予告編の出演:鈴木謙介(charlie)、速水健朗、斎藤哲也、倉本さおり、宮崎智之、長谷川裕P(黒幕)

ラジコではインターネットで放送同様、音楽も聴けます。

※ツイキャスでも中継します→ http://twitcasting.tv/life954

===

「平成」を様々な角度から考えるテーマが多かった2018年のLifeですが、今年最後の放送は年末恒例企画の「文化系大忘年会2018」です。予告編ではcharlieが自身の2018年の印象を語っていますが、皆さんにとってはどのような2018年だったでしょうか?

というわけで、今回は「2018年、あなたのイチオシの文化系トピックを教えてください」というテーマでメールを募集します。カルチャー作品や社会現象、事件、出来事、新製品などジャンルは問いません。また世の中で話題になったことだけでなく、ご自身の中だけでマイブームでも結構です。「これは推せる!」「これは次の時代を感じさせる!」「平成の終焉の象徴!」などなど、今年あなたの印象に残った今年の文化系トピックをその理由とともに送ってください。

メールアドレスは life@tbs.co.jp

ぜひお早めに!

12月23日(日)25時〜生放送ということで、明けて24日(月)は振替休日なので、いつもより生放送で聴きやすい方が多いかもしれません。ラジオ(FM905/AM954)で、radikoで、ツイキャスで、ご参加お待ちしています。

カメラを止めるな!  [DVD]獣になれない私たち Blu-ray BOXファーストラヴ82年生まれ、キム・ジヨン (単行本)タクシー運転手 約束は海を越えて [Blu-ray]1987、ある闘いの真実 [Blu-ray]バトル・オブ・ザ・セクシーズ 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]ボヘミアン・ラプソディ【DVD化お知らせメール】 [Blu-ray]試験に出る哲学―「センター試験」で西洋思想に入門する (NHK出版新書 563)なぜ世界は存在しないのか (講談社選書メチエ)ホモ・デウス 上: テクノロジーとサピエンスの未来チャイナ・イノベーションーーデータを制する者は世界を制するテクノロジーの地政学 シリコンバレー vs 中国、新時代の覇者たちアリーナ・ザギトワ 2019年 カレンダー 壁掛け A2 CL-813アンナチュラル Blu-ray BOXLemon(映像盤 初回限定)(DVD付き)もものかんづめ (集英社文庫)そういうふうにできている (新潮文庫)改訂版 全共闘以後現代日本の批評 2001-2016近現代日本の都市形成と「デモクラシー」――20世紀前期/八王子市から考える武蔵野をよむ (岩波新書)武蔵野樹林 vol.1 2018秋 (ウォーカームック)平成くん、さようなら

・西森路代さん
 石原さとみが「女子力の権化」からフェミニストになった瞬間
 『アンナチュラル』で革命が起きた(現代ビジネス)
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/56795

・『F』20号特集「武蔵野」
巻頭対談では「文化系トークラジオLife」「荻上チキ・session-22」「菊地成孔の粋な夜電波」プロデューサー長谷川裕、福生出身でもあるライター宮崎智之が武蔵野・多摩について語り尽くす!『死んでいない者』で2016年芥川賞を受賞した滝口悠生による書き下ろし小説!などなど、盛りだくさんです!
https://booth.pm/ja/items/699146


2018年12月18日 02:45| 2018/12/23「文化系大忘年会2018」|

【音声配信】「平成スタイル~そしてみんなユニクロを着るようになった」Part8(外伝2)▽TBSラジオ「文化系トークラジオLife」2018年11月4日放送分▽鈴木謙介(charlie)、速水健朗、永田夏来、南馬越一義、清田隆之、ひらりさ、倉本さおり、塚越健司、宮崎智之、斎藤哲也

倉本さおりさん(撮影:ササキミチヨ)
saori_20181104_Life954.jpg

2018年11月4日
「平成スタイル~そしてみんなユニクロを着るようになった」Part8(外伝2)(50:59)

出演:鈴木謙介(charlie)、速水健朗、永田夏来、南馬越一義、清田隆之、ひらりさ、倉本さおり、塚越健司、宮崎智之、斎藤哲也

〇資本主義のジレンマ
・「団塊ジュニア世代最後の社会奉仕」と服にはお金をかける(常見陽平さんメール)
・問題を抱えながらも突き進むグローバル企業(常見)
・誰かの労働に依存して幸せを買うしかない資本主義社会(c)
・トライアンドエラーの楽しみと売る側の辛さ(c)
 →労働環境は一概には言えない(南馬越)
・人の労働に依存して買う洋服の適正価格(c)
 →イベントで友人から買ったバッグ、売りたいから出す側も安く(永田)
・トートバッグは書評家の必需品(倉本)
 →海外のお洒落な本屋のトートバッグが最強(倉本)

〇価値はどこにあるか
・ソーシャルビジネスのはしり、マザーハウスの定期入れ(c)
 →途上国で作ったといえども適正価格を(c)
・資本主義が悪だと言いたい気持ちもわかる(塚越)
 →モノ消費からコト消費になると0円だったものがいくらででも売れる(塚越)
 →物語に消費者が乗れるか(塚越)
・需要が無いものを市場から退出させていいのか(c)
 →需要があったらどこもまでも挙げてもいいのか?(c)
・物語にお金を払いたい人の不合理さ(塚越)
 →モノが溢れる消費社会にどこにお金を注いで楽しむか?(塚越)
・無駄か否かは本人が決めるべき(c)
・消費社会に批判的な視点がない消費研究は無い(c)
 →消費批判が一周回って「消費批判」を消費しているか(c)
 →エシカル(倫理的消費)を打ち出す大手小売(南馬越)
・ハイブランドが大嫌いだったのに今年のGUCCIは大好き(永田)
 →ハイブランドが多様性やエシカルをメッセージに(c)
・情緒的価値、人の介在が大事(宮崎)
→何かに関してはエラーを出しながらハマってみたい(c)
・漫画版『浪費図鑑』の沼に落ちた人たちのぬるく楽しい連帯(塚越)
・エラーや揺り幅の情緒的価値(宮崎)

〇トライアンドエラーの心構え
・100点のレコメンドは出来ない(c)
 →エラー含みでやるには勇気がいる、その時の心構えは(c)
・年を取って枯れてきて大丈夫か?とは思う(塚越)
 →トライアンドエラーで続けていくだけ(塚越)
・正解があった90年代(永田)
 →正解の無い現代ではトライアンドエラーの意味が違う(永田)
・会社によるキャリア研修がないと人生を考えるタイミングが無い(c)
・ファッションの正解は?(宮崎)
 →昔は選択肢が少なく「流行ったからこれ」(南馬越)
・人生「あがり」の世代(塚越)
 →トライアンドエラーを止める、という憧れ(c)

〇エラーを抱えてやっていく
・人間的エラーが無いとAIに負ける(宮崎)
 →エラー無しには物語は生まれない(宮崎)
・身体のトライアンドエラーの積み重ね(清田)
 →さらに自分が見出したアンサーが更新されていく感覚(清田)
→デザイナーに服作りを続けてほしい気持ちでお金を払う(清田)
・相手のエラーを許容する(c)
 →自分の中で解像度が高まっていく(清田)
 →エラー込みで「アリ」の価値(c)
・批評をやる人は本を読むが「批評しか読まない人」がいる(倉本)
 →作品に触れなければ豊かさの根源は見えない(倉本)
 →「文化的雪かき」は時々辛いが搾取されている気持ちにならない(倉本)
・言葉の問題(c)
 →ユニクロ的資本主義の勝利と、沼にいてトライアンドエラーをする人々(c)
 →「失敗したくない」と「失敗含めて面白い」の溝を埋めるのが言葉(c)

text by 千葉彩佳


〇Life関連アーカイブ

2018/08/26「そのコトにプレミアム料金を払いますか? 〜課金化する社会のゆくえ」
https://www.tbsradio.jp/life/20180826/index.html

2011/06/26「グッときたレコメンド体験」
https://www.tbsradio.jp/life/20110626/index.html

参考資料
ユニクロ帝国の光と影 (文春文庫)自分思考 (講談社+α文庫)はじめてのエシカル――人、自然、未来にやさしい暮らしかたまんが浪費図鑑 (コミックス単行本)シン・浪費図鑑 (コミックス単行本)ダンス・ダンス・ダンス(上) (講談社文庫)

2018年11月13日 03:33| 2018/11/04「平成スタイル~そしてみんなユニクロを着るようになった」|


Copyright© 1995-2019, TBS RADIO,Inc. All Rights Reserved.