次回の放送日時
lifeニュース版
IPサイマル radikoで聴く
生放送のスタジオの動画をご覧いただけます
ustreamで聴く
twitcastingで聴く
ストリーミング放送で聴く
Life書籍化第二弾ができました!

「文化系トークラジオ Life のやり方」


第一弾はこちら
Life?~番組について~
浅野いにおさんのイラストが待ち受け画面としてダウンロードできます!
access to TBS RADIO 954kHz
詳しくはこちらをご覧下さい。
イラストと番組ロゴは浅野いにおさんに描いていただきました。
radiocloud
TBS RADIO ホームページ

« 2016年12月25日Part4「文化系大忘年会2016」 | メイン | 2016年12月25日Part6(外伝1)「文化系大忘年会2016」 »

2016年12月25日Part5「文化系大忘年会2016」

撮影:ササキミチヨ
Life954_yanase&meron_20161225.jpg
         柳瀬博一&海猫沢めろん

「文化系大忘年会2016」part5(34'36")

※再生できない場合は、個別ページかTBSラジオクラウドにてお聞きください。
※最新エピソードはユーザー登録なしでお聴きいただけます。

○社会は感情的になっているのか
・過剰に苦情・本音が優先される現在(メール)
 →むき出しの本音が目立つ一年(メール)
 →感情的なものは取り上げやすい、が正しい(charlie)
 →インターネットはメディアでありコミュニケーションツール(柳瀬)
 →感情が世界を網羅しているように見えるが必ずしもそうではない(柳瀬)
 →拡散機能がついてしまったことで問題に(柳瀬)
 
○何かが生まれるコミュニケーション
・じっくりちゃんと話をすることが大事に(charlie)
 →企業も風通しの良いコミュニケーションから何か生まれるかも、に(charlie)
 →顔の見えない日本企業の強さ(常見)
 →「ワンジャパン」の発想(常見)
・キーワードは「混ぜる」
 →立命館アジア太平洋大学の、学生が留学生と授業を作る「混ぜる教育」(柳瀬)
 →いろんな人とコミュニケーションする中で起きるマドルスルー(宮崎)
・混ざるときにうまくいく場には誰がいるのか(charlie)
 →周りに人が集まってしまう「ナイス」な人(charlie)
 →自分はいろんな人に顔を出して人を混ぜる(charlie)
 →マンション管理組合の例(柳瀬)

○ナイスな人々
・日本のAI復権のためには若者・無名の人に機会を(柳瀬)
 →それぞれは顔が見えない人の「当たり」を極大化するメーカーの開発部門(柳瀬)
 →『シン・ゴジラ』に見えるある種の願望(charlie)
・みんなが変で、変な奴が面白くてすごいことをする今(柳瀬)
 →常にナイスな人がいるのではなく、混ぜ方次第でナイスになる人がいる(charlie)
 →差配する人がナイスでなければ(塚越)
 →管理職の負荷が増えている(常見)
・パラ・オリンピック東京プレゼンのスタッフィング(速水)
 →出来る30代に仕事をさせるために40代・50代を省く(速水)
 →若手起用で元気に(柳瀬)
・いろんなものが転がるようにした方がいいのかも(charlie)
 →ナイスな組み合わせを探せる力がある人(charlie)

○次回のイベントは1月29日に紀伊國屋書店新宿本店で

○これからのラジオと距離を考える
・ラジオが生放送というだけで価値のある時代ではなくなった(charlie)
 →ラジオというフォーマットを取ることの意味を問われる(charlie)
 →ラジオのフォーマットの再発明を目指さなければ(charlie)
・距離の重要性(塚越)
 →ラジオは微妙な距離で話すことができる(塚越)
 →どのように関与するのかが重要に(塚越)
 →メディアとの距離の取り方の変化(charlie)

             text by Life助手:千葉彩佳


○Life関連アーカイブ

・2007/11/25「暴走するインターネット2.0」
 http://www.tbsradio.jp/life/20071125/index.html

・2007/01/06 「ラジオ」
 http://www.tbsradio.jp/life/20070106/index.html

参考資料↓


Copyright© 1995-2019, TBS RADIO,Inc. All Rights Reserved.