次回の放送日時
lifeニュース版
IPサイマル radikoで聴く
生放送のスタジオの動画をご覧いただけます
ustreamで聴く
twitcastingで聴く
ストリーミング放送で聴く
Life書籍化第二弾ができました!

「文化系トークラジオ Life のやり方」


第一弾はこちら
Life?~番組について~
浅野いにおさんのイラストが待ち受け画面としてダウンロードできます!
access to TBS RADIO 954kHz
詳しくはこちらをご覧下さい。
イラストと番組ロゴは浅野いにおさんに描いていただきました。
radiocloud
TBS RADIO ホームページ

« 2016年10月23日Part0(予告編)「2.5次元を生きる〜VR・ポケモン・コンビニ人間」 | メイン | 2016年10月23日Part2「2.5次元を生きる〜VR・ポケモン・コンビニ人間」 »

2016年10月23日Part1「2.5次元を生きる〜VR・ポケモン・コンビニ人間」

撮影:会田邦秋
20161023_aida.JPG
         鈴木謙介(charlie)

「2.5次元を生きる〜VR・ポケモン・コンビニ人間」part1
※再生できない場合は、個別ページTBSラジオクラウドにてお聞きください。
※最新エピソードはユーザー登録なしでお聴きいただけます。

○Lifeは今回で10周年。TBS編成部からもお花が

○変化する現実感覚
・最近のバンドは器用でエンターテイメント的(charlie)
 →ハルカトミユキの強烈な「生身」感(charlie)
 →生の表現と言っているものはなんなのか(charlie)
 →ソーシャルメディア時代の現実感覚の変化(charlie)
・2次元作品のアップコンバートとして使われる「2.5次元」(charlie)
 →現実をダウンコンバートして見ている側面(charlie)
・SNOWでの新しい表現方法(メール)
 →自撮りとは違う身体性の要求(charlie)

○Lifeパーソナリティたちの2.5次元
・現実そのものと現実感は別(斎藤)
 →哲学では人間は3次元を切り下げないと認識できないとする(斎藤)
 →自信を持って現実を現実と言えなくなっている今(charlie)
・暗黙のルールを理解できないある種サイコパス的な『コンビニ人間』(倉本)
 →コンビニというマニュアル化された場所で社会と関わる(倉本)
 →サイコパスというレッテル貼りに異議(米光)
・『のだめカンタービレ』の漫画的表現と音楽家のリアルな生態(メール)
 →2次元が3次元に、3次元が2.5次元に(メール)
 →『逃げ恥』の新垣結衣の2.5次元感から受け取れてしまうメッセージ(メール)
 →漫画原作の映画などが非常に漫画的表現をする(charlie)
 →原作があるわけでもないのにキャラクター化するIQ246(西森)
・自分の役割をキャラ化するコミュニケーションは逃げではないか(塚越)
 →VRは「実質」現実であるべきという見解(塚越)
 →VRは偽物で本物が別にあるというわけではない(塚越)
・PSVRが発売し家庭にもVRが(charlie)
 →どちらかと言えば自分は2.1次元(charlie)
→今年は体調が悪くいやおうなしに3次元に(海猫沢)
→健康は3次元感がある(charlie)
→学生の「きつい」に人間はパラメータで出来ていないことを意識(charlie)
・今日は2.5次元的な人が多いかと思いきやそうでもない(米光)
→今は2.5次元に生きてる人と無神経な人しかいない(米光)
・『逃げ恥』はエンタメであり社会派は関係ない(塚越)

             text by Life助手:千葉彩佳

○参考URL

ハルカトミユキ
http://harukatomiyuki.net/

○Life関連アーカイブ
2016/08/28「ポケモンGOのその先へ~これからの『遊び』を考える」
http://www.tbsradio.jp/life/20160828go/index.html


参考資料&選曲↓

このパートでかけた曲
●ハルカトミユキ「夜明けの月」(charlie選曲)
●星野源「恋」(塚越健司さん選曲)



Copyright© 1995-2019, TBS RADIO,Inc. All Rights Reserved.