次回の放送日時
lifeニュース版
IPサイマル radikoで聴く
生放送のスタジオの動画をご覧いただけます
ustreamで聴く
twitcastingで聴く
ストリーミング放送で聴く
Life書籍化第二弾ができました!

「文化系トークラジオ Life のやり方」


第一弾はこちら
Life?~番組について~
浅野いにおさんのイラストが待ち受け画面としてダウンロードできます!
access to TBS RADIO 954kHz
詳しくはこちらをご覧下さい。
イラストと番組ロゴは浅野いにおさんに描いていただきました。
radiocloud
TBS RADIO ホームページ

« 2014年7月 | メイン| 2014年9月 »

2014年8月 アーカイブ

2014年8月26日

2014年08月31日Part0(予告編)「ソーシャル、レジャー、リア充」

ust_life_336_164.png

今月のLifeは

「ソーシャル、レジャー、リア充」


「ソーシャル、レジャー、リア充」予告編

※再生できない場合は、個別ページTBSラジオクラウドにてお聞きください。
※最新エピソードはユーザー登録なしでお聴きいただけます。

8月31日(日) 深夜25:00~28:00 (=月曜1:00~)

出演予定:鈴木謙介、速水健朗、津田大介、峰なゆか、永田夏来、
     海猫沢めろん、西森路代、松谷創一郎、斎藤哲也、塚越健司ほか

予告編の出演:鈴木謙介、速水健朗、海猫沢めろん、西森路代、
           嘉島唯、津田大介、長谷川裕P(黒幕)

ラジコではインターネットで放送同様、音楽も聴けます。
Ustreamによる動画生中継も行います⇒ http://ustre.am/lrQf


=====

charlieです。

行楽、レジャーに関わる産業が伸びているそうです。
日本生産性本部がまとめた『レジャー白書2014』によると、
2013年の余暇市場は、伸び率はわずかながらも11年ぶりの増加。
特に観光・行楽部門の伸びが目立つそうです。また好調だと
言われているテーマパークについても、帝国データバンクによると
前年度13%の伸びとなったユニバーサル・スタジオ・ジャパンをはじめ、
全体では7%以上の売上増になっています。

といってもそもそもこの15年の景気が悪すぎたせいだとか、
消費増税前の駆け込み需要だとか、さらなる増税後の先行きが不透明
という話はありますが、景気感の上昇とともに消費者の財布がレジャー
や観光に向けられるようになっているといえそうです。
じゃあ、そこでいうレジャーってなんなのか。

日本のレジャー産業の成長を支えたのは、経済成長のみならず、
それを支えるサラリーマン世帯の消費文化でした。ハイキングに始まり、
ドライブ、キャンプといったレジャーが花開きます。
また子供の数が増えていった60年代から70年代にかけて遊園地が
日本各地にオープンします。

いまやその遊園地も次々と閉園し、当時の遊具は東南アジアなどで
第二の人生を送っているそうです。そうした人口動態の変化ととも
に伸びてきたのがテーマパーク。バブル期に第三セクター方式で
誕生したものの中には、宮崎シーガイアのように破綻してしまった
ものも、長崎ハウステンボスのように復活したものもありますが、
いずれにせよ「家族連れの行楽地」だけではない、多様な層の
消費者を呼び込めているところが成功しているようです。

おそらく、その「呼び込み」の成功要因は
「ネット時代にも通用するような、リアルの場所の付加価値化」
なのだと思います。行かないと体験できないようなアトラクション、
画面だけでは伝わらないような五感への刺激、そして、後から写真を
ソーシャルメディアで共有したくなるような仕掛け、などなど。

この「ソーシャルメディアで共有したくなる仕掛け」は、
いまでは色んなところで見られます。
最近だと5kmのコースをカラーパウダーを浴びながら走る
「Color Me Rad」なんかが、タイムラインを埋め尽くしてました。

こういうものを見るとつい「リア充どもが活き活きしやがって・・・!」
と思うのが僕らの性ですが、考えてみれば本当のリア充(トゥルーリア充)
はソーシャルメディアなんかに写真を上げてリア充アピールする必要はない
わけで、そう考えるとこういう人たち、実はリア充のふりをした
リア充アピール軍団、フェイクリア充なんじゃないかという気もしてきます。

というわけで今月のLifeは「ソーシャル・レジャー・リア充」がテーマ。
この夏どこに行って、何をした?なんて話から、それって何を求めて行くんだろう、
ソーシャルメディアとの関係は?、それってリア充なの?、という話をしていきます。

リスナーの皆様からも「この夏、あなたはどんなレジャーを楽しみましたか?
その様子をSNSなどに投稿しましたか?
」というテーマでメールを募集します。
どこにも行かなかった、楽しくなかったという人も、こんな場所に行ってみたい、
というメールなんかでも結構ですよ。

メールアドレスは life@tbs.co.jp

メールはぜひお早めに〜!

|


Copyright© 1995-2017, TBS RADIO,Inc. All Rights Reserved.