次回の放送日時
lifeニュース版
IPサイマル radikoで聴く
生放送のスタジオの動画をご覧いただけます
ustreamで聴く
twitcastingで聴く
ストリーミング放送で聴く
Life書籍化第二弾ができました!

「文化系トークラジオ Life のやり方」


第一弾はこちら
Life?~番組について~
浅野いにおさんのイラストが待ち受け画面としてダウンロードできます!
access to TBS RADIO 954kHz
詳しくはこちらをご覧下さい。
イラストと番組ロゴは浅野いにおさんに描いていただきました。
radiocloud
TBS RADIO ホームページ

« 2012年07月22日Part6「動員と革命〜10万人で何をしようか」 | メイン | 2012年07月22日Part8(外伝2)「動員と革命〜10万人で何をしようか」 »

2012年07月22日Part7(外伝1)「動員と革命〜10万人で何をしようか」

撮影:会田邦秋
IMG_1970.jpg IMG_1981.jpg
             チャーリーの復帰を祝うセレモニー

IMG_1929.jpg IMG_1872.jpg
     中川大地さん(ライター)        久保田D&ADにゃんちゅう


※再生できない場合は、個別ページTBSラジオクラウドにてお聞きください。
※最新エピソードはユーザー登録なしでお聴きいただけます。

○デモの各国事情
・フランスのデモには過激派の臭いがなかった(國分)
・ガタリが爆弾テロをおさめたという話...ガタリの評伝から(國分)
 →対人的なコミュニケーションが運動を継続させた(國分)
・敗戦国で運動の先鋭化が起こる理由の仮説(charlie)
・戦勝国と戦敗国、それぞれの共産主義、民主主義(柳瀬)

○運動のセクト化はあるのか
・自分たちの生活を守るための運動が党派性を持ってしまう可能性(charlie)
・言葉にして行動すると、非日常的な運動になってしまう(水無田)
 →運動することが目的になってしまう(charlie)
・いわゆるアカに対するイメージダウン戦略(水無田)
 →「プロ市民」的な揶揄(中川)
・言語化されたものをそこまで信じていない、より身体的(水無田)
・セクト化しない、ゆるい運動(水無田)

○"ゆるい"デモ?
・テレビに映るデモ参加者が帽子もマスクもしていない(charlie)
 →でも大飯再稼動後から増えた印象(charlie)
・公安を避ける意識が共有されていない(國分)
・現場にいると意外と警察が協力的(津田)
 →整然とデモを終えたら何も生まないのではないか?(charlie)
 →官許デモでもいいじゃないか(國分)
・国のありかたをゆるふわに問うていけばいいんじゃないかな(津田)
・「世間」「空気」にいかに承認されるデモをするか(中川)
・革命の話をまだしていない!俺、反革命派なんだよ(國分)
 →外伝Part2で!(charlie)

             text by Life助手;今野夏希


○Life関連アーカイヴ  

・2007/06/03 「運動」(外山恒一、松本哉ほか)
 http://www.tbsradio.jp/life/20070604/

・2009/01/17「2009年のチェ・ゲバラ」
(橋本努、白井聡、園良太ほか)
 http://www.tbsradio.jp/life/200901172009/

参考資料↓
1

23

6

789


Copyright© 1995-2019, TBS RADIO,Inc. All Rights Reserved.