次回の放送日時
lifeニュース版
IPサイマル radikoで聴く
生放送のスタジオの動画をご覧いただけます
ustreamで聴く
twitcastingで聴く
ストリーミング放送で聴く
Life書籍化第二弾ができました!

「文化系トークラジオ Life のやり方」


第一弾はこちら
Life?~番組について~
浅野いにおさんのイラストが待ち受け画面としてダウンロードできます!
access to TBS RADIO 954kHz
詳しくはこちらをご覧下さい。
イラストと番組ロゴは浅野いにおさんに描いていただきました。
radiocloud
TBS RADIO ホームページ

2011/02/27「ふぞろいのグローバル化」(高原基彰、古市憲寿、西森路代ほか) アーカイブ


2011年2月27日(日)「ふぞろいのグローバル化」予告編

次回のLifeは

「ふぞろいのグローバル化」

2月27日(日)深夜25:30~28:00


※再生できない場合は、個別ページTBSラジオクラウドにてお聞きください。
※最新エピソードはユーザー登録なしでお聴きいただけます。

ゲスト:高原基彰、古市憲寿

※ストリーミング中継を実施しますので、ラジオをお持ちでない方も、
パソコンとネット環境があればリアルタイムでトークを聴くことができます。
サイト右上の「スペシャルなお知らせ」をクリックしてください。
著作権の関係で音楽は聴くことができません。


Ustreamによる動画中継も行います⇒ http://ustre.am/lrQf


ラジコでは音楽も聴けます。
ラジコのサービスエリアは東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・群馬・栃木です。

今回はスペシャルウィーク(聴取率調査週間)ですので、ぜひ生放送で!

=====


charlieです。

昨年あたりから、
「グローバル化」について耳にする機会が一層多くなった気がします。
液晶の分野ではSONYも韓国勢に敗れ、GDPの総額では中国に
追い抜かれ「世界第三位の経済大国」となった日本。
グローバル化した経済についていかなければ未来はないと、
一部の企業が公用語を英語にすると発表、首相もTPPへの参加など、
「平成の開国」を掲げています。

こうした動きは世界でもすでに起きているわけですが、
先んじてグローバル化の影響を被った国々では反発も多く、
グローバル化を進めるのは一部の大企業とエリートを儲けさせるだけで、
貧富の格差が広がり、国土は荒れる一方でいいことなんかなにもない、
という人もいます。
なかなか「反グローバル化」の動きにピンとくることがなかった日本の人も、
そろそろ本格的に「グローバル化するか、グローバル化に抵抗するか」という
選択を迫られるようになるのかもしれません。

さて、世の中の大きな状況がどうなっているのか、とか、どうするべきか、
という点については専門家がたくさん議論しているわけですが、
その答えがどうあれ、僕たちひとりひとりとしては、その状況に合わせて
生き方を選択しないといけない。
たとえ英語の公用語化に反対していようと、マクロ経済政策をなんとかしろ
と思っていようと、その選択に直接関わる手段がない以上、
「じゃあ自分はどうすればいいのか」を考えるしかないところがあります。
というか、そうしたことを考えることから始めないと、世の中全体をどうするか
なんて話も始められない、というくらいに足並みがそろわないのが、
今の日本なのかもしれません。

今回のLifeは「ふぞろいのグローバル化」と題して、
自分たちの身の回りにある「グローバル化」を感じる出来事について
取り上げながら、それって結局なんなの?どうすればいいの?
ということについて話していきたいと思います。

メールも「あなたがグローバル化を実感したのはどんなときですか?
というテーマで、リスナーの皆さんから募集したいと思います。
実際に起きたグローバル化を感じるできごとだけでなく、最近は洋楽って
聴かなくなったけど、日本のバンドでも洋楽みたいな曲が多いなあとか、
いま着ている服、日本だけじゃなくて他の国でも着ている人を見かけるなとか、
広い意味で文化に関わるメールも歓迎。

またこの番組、海外経験の豊富なリスナーや日本以外のリスナーも多いと
思うので、「私の国で感じるグローバル化」とか「外国から日本を見たときに
感じるグローバル化
」についてのメールもぜひお寄せください。

そのほか、グローバル化について思うことを、感じること、気付いたことを
自由に書いて送ってください

メールアドレスは life@tbs.co.jp

ぜひお早めに!


========

※今月の新スポンサー、アラリオさんの
会社経営シュミレーションゲームLet'sブラウザ経営

※もう1つの新スポンサー、原書房さんの今月の一押し。
西森路代さんの『K-POPがアジアを制覇する』

↓速水健朗さんにも前口上をかいていただきました!

|

2月27日(日)「ふぞろいのグローバル化」前口上Part2

次回のLifeは

「ふぞろいのグローバル化」

2月27日(日)深夜25:30~

=====

速水健朗です。

「ガラパゴス化」がいろいろな領域で話題に上っています。
主には、日本人(もしくは製品、サービス、プロットフォームなど)が
閉じこもっていてやっていける時代ではなくないので、外に向かうべき
だという主張です。

でも、ちょっと前までは、日本の閉じた環境で先鋭化した文化は、
むしろ世界に通用するといわれていたはず。
ゲームやアニメなんかが「クールジャパン」として世界に評価された
というのは、まさにそれでした。

何が変わったのか。確かにいろいろ変わりました。

例えば、K-POP勢の台頭によって、街やテレビで耳にする音楽は、
あっという間に少女時代やKARAらに変わりました。
洋楽を聴かなくなったという議論がある一方で、K-POPは確実に
聴かれるようになってます。

僕が購読している流通業界の専門紙では、毎日、対中国人観光客、
対中国市場をターゲットにしたビジネスの記事が年々増えています。
いま、銀座やお台場が日々賑わっているのは、中国を中心とする観光客
の増加によるものです。中国人の観光客が増えたのは、2007年以降の
ことです。

自分たちが文化コンテンツを供給する相手だったはずの国が、
いつの間にか逆に発信する国になり、自分たちが観光に行く先だった国が、
観光でやって来る側の国になった。これらの変化は、まさにここ4、5年の
ものです。グローバリゼーションという言葉や、それに伴う社会の変化には、
僕たち日本人も90年代から気がついていましたが、こうして目に見えて
変わっていく状況に身を置くのは、初めてかもしれません。

今回のLifeのテーマ、"ふぞろいなグローバル化"は、こういった状況を
ふまえたものです。

ここからは、僕がライターとして気がついたグローバル化について書きます。

まずは、去年取材したギャルの世界のグローバル化について。
ギャルの読者モデルの世界では、フィリピンと日本のハーフの読者モデルが
たくさん活躍しています。外から見ていただけではまったく気がつきませんでした。
彼女たちの多くは、かつてじゃぱゆきさんと呼ばれたフィリピン人の2世です。

それと、昨年末から脚本家の佐藤大さん、「工場萌え」の大山顕さんと団地を
テーマにしたイベントを始めました。これを機に、東京近郊の団地を取材したり、
関連情報を集めたりしていますが、いま、東京近郊の公共住宅はブラジル人、
インド人、中国人といった人々が増えている多国籍な場所になっています。

労働力としての外国人が大量に日本に来たのは80年代~90年代のことで、
現在は、むしろ生産拠点の東南アジアへの移転、不況に伴う国内の雇用不足
によって、その多くは、すでに日本から離れていきました。

とはいえ、僕が取材で気づいた上のような状況は、日本で生まれ育ち、日本に
定着しつつある2世以降の問題として、表面化している一部と言えるでしょう。

最近、国勢調査の結果が出ましたが、日本は5年前から人口減少局面に入って
いるにもかかわらず、人口は若干増えてます。これは、外国人の登録者が増えた
からのようです。これらも、今までは触れられることのなかったグローバル化の
局面のように思います。

Lifeで「グローバル化」を取り上げるのだから、
「グローバル化時代だから日本人はこう変わらなければいけない」という単純な
モードだけではない、また別のグローバル化の在り方についても、考えられたら
と思っています。

こうした新しく生まれるグローバル状況は、ポップカルチャーの中に反映されつつ
あるように思います。例えば予告編でも取り上げましたが、『臨死!江古田ちゃん』
には、主人公(日本人)の職場の同僚としてフィリピン人の「リンダ」というキャラクター
が登場します。今夏公開される富田克也監督(『国道20号線』)の最新作『サウダーヂ』
は、山梨のブラジル人団地のコミュニティーがモチーフだと聞きました。

これらのようにポップカルチャーの中で描かれる「ちょっとしたグローバル化」は、
実はこれから我々が向き合う社会の在り方を、ちょっとだけ先取りしているのでは
ないでしょうか。そんな、「ちょっとしたグローバル化」の発見、それを描く作品など
についても、メールいただけたらうれしいです。

あて先は、life@tbs.co.jp

メールはぜひお早めに!

|

2011年2月27日(日)「ふぞろいのグローバル化」Part1

「ふぞろいのグローバル化」

出演:charlie(鈴木謙介)、速水健朗斎藤哲也
ゲスト:高原基彰古市憲寿二村ヒトシ西森路代

写真撮影:小出マワル
20110227 takahara Y.jpg 20110227furuichi Y.jpg
「最も口数の少ないゲスト」の座を返上?高原基彰さん  古市"マリー・アントワネット"憲寿さん


※再生できない場合は、個別ページTBSラジオクラウドにてお聞きください。
※最新エピソードはユーザー登録なしでお聴きいただけます。

◯ふぞろいにグローバルなゲスト陣と番組スタート
・PR手段としての東京マラソン(charlie)
・ゲストは高原基彰さんと古市憲寿さん
・英語可能、留学で中国、韓国に住んでました(高原)
・今日はグローバルなファストファッションです(古市)
 →ZARA、H&M...非英語圏のファッション(charlie)
・澁谷さんからメール:グローバル化を感じる時
・韓国の先生とcharlieと3人で交わしたメールの件(高原)
・ドメスティックだけどグローバルライターです(速水)
・ドメスティックな出版業界(斎藤)
・某国でミッション中の柳瀬さんが電話出演
・アジア圏における日本企業の進出度合い(柳瀬)
 →日本製が通用している唯一のプロダクト(高原)
・中国家電メーカーの看板を銀座で見て(リスナー)
・サムスンの薄型テレビが欲しい!(古市)
・日本製品の機能過剰な(charlie)
・街にホンダがあふれている方がおかしい(高原)
・ブランド感覚が薄れてきて...(速水)
 →ちょっと賢そうなこと言うとー(古市)
・韓国におけるサムスンのイメージ(高原)

                 text by 村山佳奈女

○Life関連アーカイブ

「Jの時代」(ゲスト:高原基彰)
http://www.tbsradio.jp/life/20070324_j/

参考資料&選曲↓

"2011年2月27日(日)「ふぞろいのグローバル化」Part1"の続きを読む »

|

2011年2月27日(日)「ふぞろいのグローバル化」Part2

撮影:小出マワル
20110227charlie T2.JPGのサムネール画像 20110227nishi T.jpgのサムネール画像のサムネール画像
charlie(鈴木謙介)                 『K-POPがアジアを制覇する』の西森路代さん



※再生できない場合は、個別ページTBSラジオクラウドにてお聞きください。
※最新エピソードはユーザー登録なしでお聴きいただけます。

○オンラインゲーム、K-POP、アニメのグローバル化
・Lifeスポンサー:アラリオについては右のバナーから!
 リスナーさんが持ってきくれたスポンサーなので、ぜひ登録して遊んでみてください(登録無料)。
・オンラインゲームが強いアジア圏(charlie)
 →プレイ画面を24時間流すテレビ局も(高原)
・Lifeスポンサー:原書房の『K-POPがアジアを制覇する
・澁谷さん&西森さんの「K-POP in JAPAN」聞き所(速水)
・ポッドキャストで一番盛り上がったのは...(西森)
・日本のアニメがグローバル言語だった件(リスナー)
・「ANIME」としての「ポケモン」(リスナー)
 →速水さんの空回りがとまらない(高原)

○日本文化が出ていると感じることあれこれ
・ドイツ人から教わった日本のV系バンド人気(高原)
 →日本のオルタナティブが海外へ行く法則(速水)
・日本語を学んでいる現地人に責められたこと(古市)
 →動画共有サイト字幕作成で有志の分業体制が(古市)
・ハルヒダンスが世界中で踊られている不思議(charlie)
 →イリーガルなものを通じて広がること(charlie)
・韓国と中国...軋轢は高まってもドラマは別(高原)
・「日本文化が受け入れられて嬉しい」について(charlie)
 →複雑な文脈のアニメへの反応(charlie)
・...って書いたら原稿がボツになりました(charlie)
・中国のバンドは必ず中国名と英語名がある(高原)

                        text by 村山 佳奈女

○Life関連アーカイヴ

・『現代日本の転機』(高原基彰)をめぐって
http://www.tbsradio.jp/life/20090913_1/

・情報社会の限界(ギリギリ)ライン
http://www.tbsradio.jp/life/20101024/


参考資料&選曲↓

"2011年2月27日(日)「ふぞろいのグローバル化」Part2"の続きを読む »

|

2011年2月27日(日)「ふぞろいのグローバル化」Part3

撮影:小出マワル
20110227hayamiz Y.jpg 20110227nimura Y.jpg 
著作が中・韓で翻訳されている速水さん 『恋とセックスで幸せになる秘密二村ヒトシ監督



※再生できない場合は、個別ページTBSラジオクラウドにてお聞きください。
※最新エピソードはユーザー登録なしでお聴きいただけます。

○AV監督の二村ヒトシさんが語る、エロのグローバル化
・英語が苦手なのは日本人だけじゃない!(リスナー)
・グローバル企業・カネボウ(リスナー)
・海外のエロ動画を見るとグローバルを感じる(リスナー)
・10年以上前のカンボジアで売られていたLD(リスナー)
・二村監督がいらっしゃるということで...(リスナー)
・エロアニメを「HENTAI」というのを今知りました(二村)
・グラビアビデオも物は言いよう(charlie)
・よく見るアメリカのエロサイトについて(速水)
 →スウェーデン・輸出産業としてのエロ(速水)
・黒人のAV男優を連れて来て...二村さんが見た実話
・法律的にマズそうなものがAV演出を磨いた(charlie)
・中国でTwitterやってる人は蒼井そら目当て(高原)
 →紅音ほたるさんの感動ツイート(二村)
・アメリカのポルノ、日本のAVが強すぎる(高原)
・海外風俗で買春するのに、AVでは...の謎(charlie)
 →買う側の論理とファンタジーと(二村)
・香港・風俗街の看板に「日本妹」の文字(西森)
・古市さんは、今までの話聞いてどうですか?(斎藤)
 →AVは見ない。普通に会えばいいじゃないですか(古市)
・AVが形作る日本女性=開放的のイメージ(高原)
 →翻って日本男性、そして外国人...(高原)

                      text by 村山 佳奈女

○Life関連アーカイヴ

・草食系男子の本懐(二村ヒトシ監督出演)
http://www.tbsradio.jp/life/20090222/

・クリスマス資本論
http://www.tbsradio.jp/life/20101128/


参考資料&選曲↓

"2011年2月27日(日)「ふぞろいのグローバル化」Part3"の続きを読む »

|

2011年2月27日(日)「ふぞろいのグローバル化」Part4

撮影:小出マワル                   撮影:会田邦秋
20110227saito T.jpg studio 1.jpg
            斎藤哲也さん




※再生できない場合は、個別ページTBSラジオクラウドにてお聞きください。
※最新エピソードはユーザー登録なしでお聴きいただけます。

○本日の加ト吉なうは月見うどんとお好み焼き
・ディスクユニオンからのお知らせはこちら
・「承認社会の承認されない私」はこちら
・コンビニ店員のグローバル化(リスナー)
・中国語のテキスト、売上が大幅上昇(リスナー)
・中国人に人気の旅行地(高原)
・中国人が買うおみやげの単価と量(速水)
・中国人のお金持ち>日本人のお金持ち(高原)
・中国富裕層向けのスキーリゾート(速水)
・日本に来て中国人が苦労すること(高原)
・気づきづらい「やんわりとした排除」(charlie)
 →「日本語お上手ですね」問題(charlie)
・親切心による、やんわりとした同調圧力(charlie)
・中国に一番対応しているのは商売(速水)


○社内英語公用化問題の本質(charlie)
・本当に仕事ができる人なら...(古市)
・第一義に持ってくる必要性?(速水)
・TOEIC700って...(charlie)
・できる/できないに二分される英語(古市)
・三木谷さんの日本語英語(古市)
・新入社員にばかり英語力を求める不思議(高原)
 →サムソンがやったこと、社風(高原)
・何をグローバル化するかしないか考えるために(charlie)
・TOEICはグローバルという誤解(斎藤)
・英語ができないことに開き直りました(charlie)
・しかるべき人がしゃべれなすぎな現状(高原)
・ある時期の韓国で、留学帰りの人ばかりが教授に(高原)


                         text by 村山 佳奈女

Life関連アーカイヴ

・バックラッシュ?
http://www.tbsradio.jp/life/20061125_backlash/

・経済成長
http://www.tbsradio.jp/life/20080928/


参考資料&選曲↓

"2011年2月27日(日)「ふぞろいのグローバル化」Part4"の続きを読む »

|

2011年2月27日(日)「ふぞろいのグローバル化」Part5

撮影:小出マワル
IMG_0674.jpg IMG_0635.jpg



※再生できない場合は、個別ページTBSラジオクラウドにてお聞きください。
※最新エピソードはユーザー登録なしでお聴きいただけます。

○グローバル化とローカル化、富裕層と貧困層
・グローバル化=資本主義じゃない!(リスナー)
・「コミュニティが大事」の縁って...(charlie)
・ヨガやマクロビはイっちゃってる富裕層のもの(速水)
 →ショッピングモール≠貧困層(速水)
・高原くんの本の中で一番好きな言葉(charlie)
・グローバル化は上からも下からも起きてる(古市)
・「移動力が高い一番上と下」の興味深い話(charlie)
・韓国の失業率、大卒の就職率...(高原)
・中国、韓国も「移動力の理論モデル」が(charlie)
・ヤンキー=地元に根付こうとする人、という定義(速水)

○速水さんとcharlieによる「ギャル論」
・ギャルの世界のおもしろさ(速水)
・店舗数...しまむら>ユニクロ(速水)
 →益若つばさ「好きな言葉は節約です!」
・アフィリエイトで稼ぐ読者モデルたち(charlie)
・マリー・アントワネット・古市的には?(charlie)
 →レースから降りられないアッパーミドル(古市)
・ロウワーミドルの幸せが次の世代まで続くのか?(古市)
・イマドキの議論で大事なことはふたつ(高原)
 →アリ型、キリギリス型、それぞれの経済(charlie)
 →「ケーキを食べればいいじゃない」モデルは?(速水)
 →それは外伝で探していこうか!(charlie)

○Life関連アーカイヴ

・不良・ツッパリ・ヤンキー
http://www.tbsradio.jp/life/20070120/

・文化系と貧乏/文化系とお金
http://www.tbsradio.jp/life/20070519/

参考資料&選曲↓

"2011年2月27日(日)「ふぞろいのグローバル化」Part5"の続きを読む »

|

2011年2月27日(日)「ふぞろいのグローバル化」Part6(外伝1)

撮影:会田邦秋
moto&nori.jpg michiyo.jpg
charlie高原基彰さん、古市憲寿さん     西森路代さん


※再生できない場合は、個別ページTBSラジオクラウドにてお聞きください。
※最新エピソードはユーザー登録なしでお聴きいただけます。

○下着から考えるグローバル&とガラパゴス
・海外留学生に日本語を教えるサンキュータツオさんからメール
 →「日本語上手いですね」は彼らに対し無神経(タツオさん)
 →「日本のブラジャーはクレイジー」?(タツオさん)
・エロゲーとAVの下着が完全に一致した件(charlie)
・フロントホックも寄せて上げても日本発(速水)
・海外女性はブラジャーを化粧もしないことも多い(高原)
・機能性下着はガラパゴスか(charlie)
・中国、韓国の製品はヒートテックを超えてる(高原)
・外人男性は下着に何を履いているのか?(charlie)
・オシャレ映画のトニー・レオンも白ブリーフを(西森)
・香港のトップアイドルの流出写真...(西森)
 →人に恥をかかせるのなら自分も恥をかけ!(二村)
・ノルウェー・若者男女の下着事情(古市)

○芸能、ものづくり...グローバル化とガラパゴス化
・親日・台北に住んでみての実感(リスナー)
・台湾の芸能雑誌における日本人気の陰り(西森)
・台湾における日本文化人気の理由は単純(高原)
・輸出でしか生き残れない韓国(高原)
 →グローバル化せねば!となる日本(charlie)
・現大統領が目指すは韓国全体のサムスン化(高原)
・1億2千万が同じ市場である国は他にない(charlie)
・グローバル化を目指して本末転倒になる例(高原)
・「おいしい市場」と思われている日本(西森)
・松田聖子が3回アメリカ進出をもくろんで...(速水)
・番組のフォーマットをアジアに売っている(charlie)
・混乱や不安は日本が傲慢だったことの裏返し(高原)
 →俺はそれには反対派です(charlie)
・「グローバル」という言葉に変わる前のこと(速水)

                      text by 村山 佳奈女


○Life関連アーカイヴ

・Life白熱教室~これからの"社会"の話をしよう
http://www.tbsradio.jp/life/20100829life/

・ニッポンの身体
http://www.tbsradio.jp/life/20110123/


参考資料↓

"2011年2月27日(日)「ふぞろいのグローバル化」Part6(外伝1)"の続きを読む »

|

2011年2月27日(日)「ふぞろいのグローバル化」Part7(外伝2)

撮影:会田邦秋              撮影:小出マワル
   20110227uw.jpg  20110227furu.jpg


※再生できない場合は、個別ページTBSラジオクラウドにてお聞きください。
※最新エピソードはユーザー登録なしでお聴きいただけます。

○下着トークを引きずりつつ外伝終盤へ
・Yahoo!や楽天のファッションについて(ツイート)
・charlieによる楽天ファッション解説(斎藤)
・情報1:アメリカの男子は見せパンが多い
・情報2:ゴムがオシャレなパンツが...韓国男子
 →世界のオシャレ男子はボクサー派へ...!(charlie)
・「日本は滅びる」のか?(海外リスナー)
・日本人にとっての「外国人」の概念(リスナー)
・日本人が大好きな「日本は滅びる」論の二種類(charlie)
・国際比較データ、統計の読み解き方(斎藤)
 →日本人は国際統計にナイーヴすぎる(高原)
 →統計に関して妥協しなくちゃいけないこと(charlie)

○日本語を話す外国人問題...別名ジェロ問題
・英語コンプの産物としてのウィッキーさん(charlie)
 →逆に今、英語をしゃべりたい人が多すぎて...(古市)
・道を聞かれやすいcharlieならではのお悩み
・グローバルライター・速水さんの一言
・アメリカの日本ガイドに「六本木は危険」と(速水)
・中間としてのゾマホン(ツイートから)
・外人カテゴリが2種類しかない(charlie)
・ところで、古市さんの指がエロい件(二村)
・「小日本人」には必ずしも悪意はない(高原)
・数字ではなく人間として見る必要性(二村)
・上野千鶴子さん絶賛!10年ぶりの二村さんの新刊発売!
・イベント『黒人音楽としての』やります!(速水)

                      text by 村山 佳奈女


参考資料↓

"2011年2月27日(日)「ふぞろいのグローバル化」Part7(外伝2)"の続きを読む »

|

2011年2月27日(日)「ふぞろいのグローバル化」Part8(外伝3)

    撮影:会田邦秋               撮影:小出マワル
    charlie hanton2.jpg takahara hanton2.jpg
     charlie(鈴木謙介)             高原基彰さん


※再生できない場合は、個別ページTBSラジオクラウドにてお聞きください。
※最新エピソードはユーザー登録なしでお聴きいただけます。

*朝鮮学校の無償化についての韓東賢さんの問いかけをめぐって

|

2011年2月27日「ふぞろいのグローバル化」~放送後記動画

■放送後のスタジオの様子をご覧いただけます。
2011年2月27日「ふぞろいのグローバル化」
放送後のメッセージ

「PART1」を見る(10.8MB)


※動画をご覧いただくにはWindows Media Playerが必要です。

※参考資料↓

|

2011年2月27日(日)「ふぞろいのグローバル化」感想イラスト

こんにちは、BLOCKBUSTERの後藤です。

放送時期とは大きく状況の異なるなか、
こんなイラスト描いてる場合ではないのかもしれませんが、
わりと律儀なほうなのでやってしまいました。

喜んでくださる方がいらっしゃれば幸いです。

kanso_1102_ (3).jpg

◆イラスト:後藤亮平(BLOCKBUSTER

|


Copyright© 1995-2017, TBS RADIO,Inc. All Rights Reserved.