次回の放送日時
lifeニュース版
IPサイマル radikoで聴く
生放送のスタジオの動画をご覧いただけます
ustreamで聴く
twitcastingで聴く
ストリーミング放送で聴く
Life書籍化第二弾ができました!

「文化系トークラジオ Life のやり方」


第一弾はこちら
Life?~番組について~
浅野いにおさんのイラストが待ち受け画面としてダウンロードできます!
access to TBS RADIO 954kHz
詳しくはこちらをご覧下さい。
イラストと番組ロゴは浅野いにおさんに描いていただきました。
radiocloud
TBS RADIO ホームページ

« Life in 博多 ご報告 | メイン | 2009年3月29日「Life存続サミット」Part2 »

2009年3月29日「Life存続サミット」Part1

Lifesumitt charlie.jpg
charlie


※再生できない場合は、個別ページTBSラジオクラウドにてお聞きください。
※最新エピソードはユーザー登録なしでお聴きいただけます。

出演;鈴木謙介(charlie)、仲俣暁生、柳瀬博一、津田大介、斎藤哲也
黒幕(長谷川プロデューサー)

○相次ぐ番組改編!Lifeが生き抜くには?

・書籍業界も経費削減の嵐!(斎藤)
・メディア業界全体の方策も探れれば(斎藤)
・「文化」全体の問題として(仲俣)
・ハイパーメディアジャーナリスト・津田です!(津田)
・広告モデル全体を根本から見直す必要性(柳瀬)

○ポッドキャスト、課金制・・・リスナーからの提案
・番組打ち切りが一方的!リスナーが貢献できる方法を
・広告収入のモデルは限界なのでは?
・ポッドキャストが既存の番組のPRに終わっている
・無料のポッドキャストに甘えてしまう
・コンテンツの直接課金は?
・lifeならお金を出します!

○課金の流れはなぜ進まないのか?
・「ネットはタダ」という感覚(津田)
・ビジネスモデルの構築と、消費者の習慣・マインド(柳瀬)
・コンテンツを有料化すると9割の客が逃げる(津田)
→番組に金を払う感覚は無い(リスナー)

○「マス」ではないモデル
・Lifeの強みとは?(仲俣)
→リスナーがライフスタイル全体で番組に関わっている(仲俣)
→オーディエンスのコミュニティが可視化できている(仲俣)
・マス広告の効果への疑問(柳瀬)
→広告バナーをどれだけの人がクリックしているか?(柳瀬)
・よく分からない100万人より、必ず来てくれる500人の方が重要(柳瀬)

                             (text: Life助手 齋藤雅之)


このパートの参考資料&選曲↓

このパートでかけた曲は
●No Regret Life "その瞬間に"(charlie選曲)
●The Holmes Brothers (柳瀬さん選曲)
" (What's So Funny 'Bout) Peace, Love and Understanding? "
http://www.myspace.com/theholmesbrothers

※↓柳瀬さんも仲俣さんも黒幕も大好きなBrinsley Schwarz
http://www.myspace.com/brinsleyschwarz


このパートのBGM
●Pierre Barouh  "Ca Va, Ca Vient"
http://www.myspace.com/pierrebarouh
フレンチ・ボサノバの旗手。ブリジット・フォンテーヌの「ラジオのように」などで知られる音楽レーベル「Saravah」主催。クロード・ルルーシュ監督の『男と女 』など映画俳優としても活躍。

●Clive Gregson  "I'm In There For You "
http://www.myspace.com/clivegregson
パブロック系バンドAny Trouble出身。アコースティックな良いうたを書く人。元Bibleのブー・ヒューワディーンや元フェアグランド・アトラクションのエディ・リーダーとのトリオでも活動。この曲は「君が必要なら僕はいつでもそこにいるよ」みたいな歌詞で、まあLifeも誰かにとってそんな存在でありたいな、と。

●Psapp  "Tiger, My Friend"
http://www.myspace.com/psapp
イギリスのエレクトロニカ・ポップ・デュオ。


Copyright© 1995-2019, TBS RADIO,Inc. All Rights Reserved.