« 仲俣さんインタビュー part1 | メイン | 仲俣さんインタビューpart3 »

仲俣さんインタビュー part2

※「仲俣暁生さんインタビュー」part2をダウンロードする ( mp3 32'07'')

仲俣暁生が語る、「クラッシュとジョー・ストラマー、そして僕」?

参考資料↓


http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewprofile&friendID=177797073
http://www.myspace.com/officialsmithereens

Paisley Undergroundのバンドたち↓

http://www.myspace.com/therainparade
http://www.myspace.com/wwwmyspacecomgreenonred
http://www.myspace.com/thelongryders
http://www.myspace.com/thebangles
Paisley Undergroundというのは、80年代半ばにアメリカ西海岸で起こった音楽ムーブメントで60年代のサイケデリックロック(例えばヴェルヴェット・アンダーグランドやバーズ、ドアーズなど)をリバイバルさせた音楽性が特徴です。ちなみ同じ頃、イギリスではエコー&バニーメンやキュアー、カメレオンズなどが60'sサイケに影響を受けた音楽をやっていて、こちらはネオサイケと呼ばれていました。まあ、Paisley Undergroundというのは、イギリスのネオサイケやネオアコに相当する音楽のアメリカ版とも言えるでしょう。なぜこの時期に英米でリバイバル的なものが盛り上がったのか、仲俣さんのご意見を聞いてみたい気がします。(黒幕はせがわ)


http://www.myspace.com/azteccamera

http://www.myspace.com/bigaudiodynamite2

http://www.myspace.com/sex_pistols
http://www.myspace.com/happymondaysmusic
http://www.myspace.com/thestoneroses