次回の放送日時
lifeニュース版
IPサイマル radikoで聴く
生放送のスタジオの動画をご覧いただけます
ustreamで聴く
twitcastingで聴く
ストリーミング放送で聴く
Life書籍化第二弾ができました!

「文化系トークラジオ Life のやり方」


第一弾はこちら
Life?~番組について~
浅野いにおさんのイラストが待ち受け画面としてダウンロードできます!
access to TBS RADIO 954kHz
詳しくはこちらをご覧下さい。
イラストと番組ロゴは浅野いにおさんに描いていただきました。
radiocloud
TBS RADIO ホームページ

« Life番外編~佐々木さんインタビューpart4 | メイン | 「友達」動画公開&告知 »

2007年06月03日予告「運動」

もう一度、今日のテーマをアップしておきます。

ちなみに今夜9時からTBSラジオで放送されるの特番「ラジオを変える~現場の挑戦」で、黒幕はせがわがLifeについてしゃべったインタビューが使われる模様です。Lifeの意義を社内向けに必死にアピールしているような内容になってしまいましたが(笑)。

本日6月3日(日)深夜1:00~4:00のテーマは「運動」です。ウェブ中継も行いますので、ラジオをお持ちでない方もパソコンがあればリアルタイムで番組が楽しめます(著作権の関係で音楽は聴けません)。
出演;鈴木謙介(charlie)、森山裕之(雑誌編集者)、津田大介(IT・音楽ジャーナりスト)
ゲスト;外山恒一(前衛政治家)、松本哉(素人の乱) 

==
charlieです。
「運動」って、難しいテーマに、今回のLifeは挑戦します。

運動といってもスポーツじゃなくて、政治運動とか、市民運動の運動。
学生運動の流れを知っている僕たちは、どうも運動というと一歩引いてしまうというか、正直「気持ち悪い」っていう感じもあったと思うんです。 でも、なんかここ数ヶ月の間に、いわゆる「市民運動」的なものとは異なる「運動」が、世をにぎわせています。「フリーターの生存権を求める運動」とか、「バレンタインデー粉砕運動」とか。三無世代なんて言って、若い人が政治から遠ざかっているなんて言われた時代からも数十年。いままた「運動」が盛んになっているのはなぜなのか?

今回は、この問題に切り込むべく、「3人デモ」や「家賃をタダにしろ一揆」などユニークな活動で知られる「高円寺素人の乱」の松本哉さん、そして、東京都知事選の政見放送が話題になったことも記憶に新しい、あの
外山恒一さん(「スクラップ&スクラップ!」、「多数決で決めれば、多数派が勝つに決まってるじゃないか!」)、二人の「運動家」をゲストに招いて、「いまなぜ運動なのか」「運動によって何を目指すのか」について話していきたいと思います。

リスナーの皆様には、「あなたは『運動』に参加したいと思いますか?またその理由は?」というテーマでメールを募集します。以前Lifeの中でも喋ったことがありますが、僕自身はまさに「運動なんてもうダメなんだ」と思ったところから、社会について考えるのを始めたというところがあります。なので今回も「運動できない派(not しない派)」として番組に臨むことになると思うんですが、「これからは主張しないとダメだ!」という意見も、「運動ってなんか受け付けない」という意見も大歓迎です。また、ゲストのお2人や、パーソナリティへの質問も受け付けています。

メールは、life@tbs.co.jpまで。年齢や住所もお忘れなく。
==

松本哉さんウェブサイト↓
http://hajime.dotera.net/

外山恒一さんウェブサイト↓
http://www.warewaredan.com/



リスナー諸君!私が黒幕である。外山恒一さんと松本哉さんが生出演する件についてはまだ部長にも編成にも報告してない!(そろそろ気づくかな...)何かあったら奴らはビビる。私もビビる(笑)。Podcastでも話しましたが、外山恒一さんについては、90年代の初頭、僕が高校生のころに週刊SPA!の中森文化新聞で知って「面白い人がいるんだなあ」と思って以来なので、番組に出ていただくのはなかなか感慨深いものがあります。糸井重里さんに出ていただいたときなんかもそうでしたが、メディアを通じて昔から知っている人が自分の番組に出てくれるのっていまだにちょっと不思議な気持ちがします。これ現実?って感じで。それから松本哉さんは、森山さんが以前から「ぜひLifeで話を聞きましょう」と大プッシュされていた方です。六本木ヒルズで鍋をやったり、杉並区議選に立候補してゲリラ的な選挙戦を展開したり、「その手があったか...」と目からウロコが落ちるような活動をされています。この強烈な2人と「運動できない派」のcharlieが何を語り合うのか、プロデューサーとしても楽しみです(今回はかなりマジな内容になりそう)。まあ万が一番組が打ち切りになるような事態になったら、そのときはリスナー諸君、迷うことなくLife復活「運動」に身を投じるべし!(笑)
(黒幕はせがわ)


Copyright© 1995-2019, TBS RADIO,Inc. All Rights Reserved.