次回の放送日時
lifeニュース版
IPサイマル radikoで聴く
生放送のスタジオの動画をご覧いただけます
ustreamで聴く
twitcastingで聴く
ストリーミング放送で聴く
Life書籍化第二弾ができました!

「文化系トークラジオ Life のやり方」


第一弾はこちら
Life?~番組について~
浅野いにおさんのイラストが待ち受け画面としてダウンロードできます!
access to TBS RADIO 954kHz
詳しくはこちらをご覧下さい。
イラストと番組ロゴは浅野いにおさんに描いていただきました。
radiocloud
TBS RADIO ホームページ

« 5月19日に行われた「Life公開録音」part2 | メイン | 5月19日に行われた「Life公開録音」part4 »

5月19日に行われた「Life公開録音」part3


※再生できない場合は、個別ページTBSラジオクラウドにてお聞きください。
※最新エピソードはユーザー登録なしでお聴きいただけます。

20070524.jpg

参考資料↓

柳瀬さんが言及したウィキペディアについて
以前別の番組で取材したときの記事↓
http://www.tbs.co.jp/radio/stand-by/attack/20060320.html

このパートでかけたのは森山さん選曲の
●寺尾沙穂 "さよならの歌"

※ちょっとニュアンスがずれて伝わってしまった感があるので補足しておきますが、野田努さんが編集・発行されていた『ele-king』は本当に素晴らしい雑誌で、90年代後半のテクノシーンで大きな存在感を持っていました。当時はソニーが積極的にテクノを配給していたこともあって、かなりマニアックなものまで国内盤が発売されるような状況だったわけですが、ソニーがテクノから撤退するとともに『ele-king』も幕を閉じることになりました。日本のテクノシーンにとって、ソニーと『ele-king』が果たした役割もとても大きかったのですが、経済的な状況に応じて終幕を迎えざるを得なかったのではないかと。一方、メセナの代表ともいうべきセゾン文化から出発した佐々木さんが細々とながら(失礼!)完全に独立した形でFADERやHEADZを続けたきたのは興味深いと思った次第です。どちらが良いとか悪いとかではなく、文化的なものの有り様として考えさせられますね。さてLifeは...(黒幕はせがわ)


Copyright© 1995-2019, TBS RADIO,Inc. All Rights Reserved.