次回の放送日時
lifeニュース版
IPサイマル radikoで聴く
生放送のスタジオの動画をご覧いただけます
ustreamで聴く
twitcastingで聴く
ストリーミング放送で聴く
Life書籍化第二弾ができました!

「文化系トークラジオ Life のやり方」


第一弾はこちら
Life?~番組について~
浅野いにおさんのイラストが待ち受け画面としてダウンロードできます!
access to TBS RADIO 954kHz
詳しくはこちらをご覧下さい。
イラストと番組ロゴは浅野いにおさんに描いていただきました。
radiocloud
TBS RADIO ホームページ

« 1月20日放送「不良・ツッパリ・ヤンキー」Part5(外伝2) | メイン | 1月27日放送「『働く』ということ」Part1 »

1月27日(土)のテーマは「『働く』ということ」

出演は、鈴木謙介(charlie)、柳瀬博一(日経BP)、斎藤哲也(編集者)。
ゲストはベストセラー『「ニート」って言うな』や
ハイパーメリトクラシー論で知られる

本田由紀さんです。

http://jinjibu.jp/GuestIntvw.php?act=dtl&id=41
http://www.tbs.co.jp/radio/stand-by/attack/20060109.html

===================

「『働く』ということ」

景気の回復に伴って、厳しかった学生の就職状況が改善されているそうです。ただ、学校を出た後もすぐには就職せず、海外を回って見識を広める、自分を見つめ直す、といった振る舞いが許容されている欧米と違って、日本の場合は、履歴に空白を作ることはマイナスだと見なされていますから、景気と関係なく、就職というのは、学生時代の最大の悩みとして立ちはだかってきます。

世の中には、デイトレーディングしたり起業したりで、30代半ばにしてセミリタイヤ!なんて人もいるらしいのですが、ほとんどの人はやっぱりなんか仕事をしないといけないわけで、とはいえ学生からいきなり社会人に変身できるわけもなく、やっぱり「働くことの意味」って、働きながら覚えていくものにしかならないんだと思います。

今回は、景気・雇用が回復していると言われているいま、「働く」って、一体どういう意味を持っているんだろう、そんなことについて、若者と仕事の問題に詳しい、『ニートって言うな!』の著者、本田由紀さんをゲストにお迎えして、語っていきたいと思います。

リスナーの皆様には、「あなたにとって、仕事をする上で必要なものとは?」あるいは「社会人として、今のあなたに足りないものは何?」というテーマでメールを募集します。心構えからビジネスマナー、知力・体力・忍耐力、どんなものでも構わないのでお寄せください。もちろん「就職はまだ先の話だけど……」という方からのメールや、「最近の若者の働きぶりを見ていて感じること」といったメールも歓迎です。
life@tbs.co.jp

text by charlie


Copyright© 1995-2019, TBS RADIO,Inc. All Rights Reserved.