2015年1月18日(日)

2015/01/18:学級会
特集!スクールセクハラ
なぜ被害にあってしまうのか?

というわけで、相談室では、スクールセクハラについて、

実態を取材した共同通信の記者、池谷孝司さんに伺いました。

学級会では「なぜ生徒は被害にあってしまうのか?」激論!

レモンさん「みんななら、先生の誘い、断れる?」

DSC04118.JPG

そら「絶対断れます」

DSC04063.JPG

めぐたん「断れると思う」

DSC04136.JPG

池谷さんの話を聞いたみんなの頭の中では・・・

★悪い男の先生が、教え子の女子生徒を、

 力尽くでひっぱりだして、エッチなことをする、

 きもちわるい事件・・・・

という風にインプットされたようです。

DSC04105.JPG

でも、相談室で出てきたように、それが全てではない!

お父さんのような、優しい、大好きだった先生が、

だんだん本気になってしまって・・・というケースも。

DSC04129.JPG

生徒にとっては「好きな先生」

それが先生にとって、

「先生としてではなく、恋愛対象として好きだと思ってくれている」

と勘違いしてしまって起きる悲劇も。

あの先生は、大丈夫、というのが本当に大丈夫なのか?

難しい問題。

スクールセクハラがなくならないのはなぜか?

自分は大丈夫と言い張るスタジオのみんなと、

リアルに考えてみました。

2015年1月18日(日)10時10分更新 |