こちらは過去ページです。http://www.tbsradio.jp/hint954/へアクセスしてください。

2016年2月アーカイブ

2月29日(月)20時30分のヒントは?

ヒント99:「スタートからまもなく1年の生活困窮者自立支援制度

急に家族の介護が必要になり、所得が減り、
生活もままならず、再び立ち上がることもできない。

複数の、良くない要因が連鎖して、生活が苦しくなってしまう。

今の日本では、そんな可能性が、だれにでもあります。

こうした方々を支援する国の制度が、生活困窮者自立支援制度なんですが、
まだ、よくわからない、知らない、という方も多いのではないでしょうか。

今回のヒントでは、この制度づくりに関わった
中央大学、教授の宮本太郎さんに、
制度の内容、そして生活困窮者の自立支援のヒントを伺いました。

miyamoto.jpeg

2月29日(月)20時30分からのヒントは?

ヒント99:「スタートからまもなく1年の生活困窮者自立支援制度

急に家族の介護が必要になり、所得が減り、
生活もままならず、再び立ち上がることもできない。

複数の、良くない要因が連鎖して、生活が苦しくなってしまう。

今の日本では、そんな可能性が、だれにでもあります。

こうした方々を支援する国の制度が、生活困窮者自立支援制度なんですが、
まだ、よくわからない、知らない、という方も多いのではないでしょうか。

次回のヒントでは、この制度づくりに関わった
中央大学、教授の宮本太郎さんに、
制度の内容、そして生活困窮者の自立支援のヒントを伺います。

2月22日(月)20時30分のヒントは?

ヒント98:「番組の政治的公平性と政権のメディア介入」

今回は放送法に注目。
放送行政のトップである高市総務大臣が、
放送局が政治的な公平性を欠く放送を繰り返したと判断した場合、
放送法4条違反を理由に、電波法76条に基づいて
電波停止を命じる可能性にふれました。
これについては野党からも批判が出ていて、議論になっています。
そこで今回は、リスナーの知る権利にも関わるこの放送法について注目。
「番組の政治的公平と政権のメディア介入」について
放送法に詳しい慶応大学メディア・コミュニケーション研究所の鈴木秀美教授と考えました。

IMG_4730.jpg

2月22日(月)20時30分からのヒントは?

ヒント98:「番組の政治的公平性と政権のメディア介入」

次回は放送法に注目。
放送行政のトップである高市総務大臣が、
放送局が政治的な公平性を欠く放送を繰り返したと判断した場合、
放送法4条違反を理由に、電波法76条に基づいて
電波停止を命じる可能性にふれました。
これについては野党からも批判が出ていて、議論になっています。
そこで今回は、リスナーの知る権利にも関わるこの放送法について注目。
「番組の政治的公平と政権のメディア介入」について
放送法に詳しい慶応大学メディア・コミュニケーション研究所の鈴木秀美教授と考えます。

2月15日(月)20時30分のヒントは?

ヒント97:沖縄の基地問題「人魚に会える日。」の仲村颯悟監督

今回は「ある映画を通じて、沖縄基地問題」について考えました。

その映画は、21日、日曜日に沖縄で、そして来月3日には東京でも封切となる、「人魚に会える日。」です。

沖縄出身で、二十歳の大学生という中村颯悟(りゅうご)監督が、沖縄にゆかりのある大学生たちと、寄付(クラウドファンディング)で制作した映画として、注目を集めています。

普天間基地の辺野古移設問題では、普天間から移設したいということでは多くの方が賛成しますが、移設先が辺野古でいいのかどうかでは、世論は複雑にわかれています。おととしの県知事選挙では、辺野古移設に反対する翁長知事が誕生しましたが、普天間基地がある宜野湾市長選では、先月、辺野古移設推進派が勝利しました。

この映画「人魚に会える日。」でも、そうした複雑な感情が描かれていますので、映画を撮った大学生監督、仲村颯悟(なかむら・りゅうご)さんに、なぜ、この映画をとったのか、そして若い人たちの目には、沖縄の基地問題はどう映っているのか、伺いました。

仲村.jpeg

2月15日(月)20:30からのヒントは?

ヒント97:沖縄の基地問題「人魚に会える日。」の仲村颯悟監督

今回は「ある映画を通じて、沖縄基地問題」について考えます。

その映画は、21日、日曜日に沖縄で、そして来月3日には東京でも封切となる、「人魚に会える日。」です。

沖縄出身で、二十歳の大学生という中村颯悟(りゅうご)監督が、沖縄にゆかりのある大学生たちと、寄付(クラウドファンディング)で制作した映画として、注目を集めています。

普天間基地の辺野古移設問題では、普天間から移設したいということでは多くの方が賛成しますが、移設先が辺野古でいいのかどうかでは、世論は複雑にわかれています。おととしの県知事選挙では、辺野古移設に反対する翁長知事が誕生しましたが、普天間基地がある宜野湾市長選では、先月、辺野古移設推進派が勝利しました。

この映画「人魚に会える日。」でも、そうした複雑な感情が描かれていますので、映画を撮った大学生監督、仲村颯悟(なかむら・りゅうご)さんに、なぜ、この映画をとったのか、そして若い人たちの目には、沖縄の基地問題はどう映っているのか、伺います。

2月8日(月)20時30分のヒントは?

ヒント96:「就活の会社ランキングから読み解く企業の実態

来月3月の就職活動の解禁がいよいよ近づいてきました。

就活解禁を前に、あの業界、あの会社はどうなのか、そして、あの会社の待遇はどうなのか、

いま企業研究をしている学生も多いかもしません。

そこで、2月8日(月)20時30分からの放送では、

東洋経済の就職四季報の会社ランキングから読み解く企業の実態と題し、

東洋経済から、就活や企業の人事労務に詳しい田宮寛之さんを迎え、考えました。

IMG_6034.jpg

2月8日(月)20時30分からのヒントは?

ヒント96:「就活の会社ランキングから読み解く企業の実態

来月3月の就職活動の解禁がいよいよ近づいてきました。

就活解禁を前に、あの業界、あの会社はどうなのか、そして、あの会社の待遇はどうなのか、

いま企業研究をしている学生も多いかもしません。

そこで、次回2月8日(月)20時30分からの放送では、

東洋経済の就職四季報の会社ランキングから読み解く企業の実態と題し、

東洋経済から、就活や企業の人事労務に詳しい田宮寛之さんを迎え、考えます。

2月1日(月)20時30分のヒントは?

ヒント95:「不妊治療で大切なことは?」

晩婚化の影響もあって、不妊治療をする方は増えています。
子どもを望むカップルの、6組に1組は、不妊治療を選択するというデータもあります。

ただし、不妊治療を行っても、必ずしも、お子さんに恵まれるとは限らず、
だからといって、なかなか「やめる」という選択もしにくいもので、
様々な問題を抱え、悩み続ける方も多い状況です。

現代の日本の大きな問題となりつつある、この不妊治療、
では、大切なポイントは何なのか?どう考えたらいいのか?

2月1日(月)夜8時半から放送した「ヒント」では、この問題について、
不妊体験のある方への支援を行っているNPO法人「Fine」の代表、
松本亜樹子(まつもと・あきこ)さんと考えました。

20160201.JPG

キーワードは「ハッピーとゴール」・・・

このアーカイブについて

このページには、2016年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年1月です。

次のアーカイブは2016年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。