こちらは過去ページです。http://www.tbsradio.jp/hint954/へアクセスしてください。

2015年5月アーカイブ

6月1日(月)20時30分からのヒントは?

ヒント62:どうなる派遣の仕事。問題の労働者派遣法の改正案

総務省によりますと、
 今年1月から3月の労働者派遣事務所の派遣労働者は120万人で、
 去年より4万人、増えているそうです。
 この120万人に大きく影響してくるのが、
 安倍政権の成長戦略の1つ、「労働者派遣法の改正案」


 これについては、政府与党が「働き方の多様化」を強調する一方、
 野党からは、「派遣労働者の固定化だ」「本来目指すべき社員化と逆行する」
 という批判が出ています。

 一体、何がどうかわるのか。働く人々にどんな影響があるのか。

次回は、この問題に詳しい
弁護士の棗 一郎 (なつめ いちろう)さんと
労働者派遣法改正の問題について、考えます。

5月25日(月)20時30分のヒントは?

今回は月1回お送りする特別企画「月刊ニュースレビュー」。
様々なメディアから、番組に「ゲスト編集長」を招き、
毎日のニュースの中では見落としがちな、
でも、大切なニュースを、ヒント目線で取り上げました。

時事問題から身近な話題まで、さまざまニュースについて、
弁護士が法律的観点からわかりやすく解説するネットサイト
「弁護士ドットコムニュース」に注目。

「弁護士ドットコムニュース」では、
今月も「働かない正社員をクビにできる世の中に...
オリックス元会長の意見を法律の専門家はどう見る?」という記事をはじめ、
一見、遠いように思える法律が身近に見えてくる記事が多く、
ヤフートピックスなどにも取り上げられて、話題になっています。

弁護士ドットコムニュースの亀松太郎編集長を迎え、
今月の注目記事「働かない正社員をクビにできる世の中に発言をどう見るか」について伺いました。

 

IMG_3360.jpg

5月25日(月)20時30分からのヒントは?

次回は月1回お送りする特別企画「月刊ニュースレビュー」。
様々なメディアから、番組に「ゲスト編集長」を招き、
毎日のニュースの中では見落としがちな、
でも、大切なニュースを、ヒント目線で取り上げます。

次回は、時事問題から身近な話題まで、さまざまニュースについて、
弁護士が法律的観点からわかりやすく解説するネットサイト
「弁護士ドットコムニュース」に注目します。

「弁護士ドットコムニュース」では、
今月も「働かない正社員をクビにできる世の中に...
オリックス元会長の意見を法律の専門家はどう見る?」という記事をはじめ、
一見、遠いように思える法律が身近に見えてくる記事が多く、
ヤフートピックスなどにも取り上げられて、話題になっています。

弁護士ドットコムニュースの亀松太郎編集長を迎え、
今月の注目記事「働かない正社員をクビにできる世の中に発言をどう見るか」について伺います。

5月18日(月)20時30分のヒントは?

ヒント60:問題は待機児童だけじゃない!保育施設の中で今おきていること

今月発表された厚生労働省の調査は衝撃的なものでした。
全国の保育所で2004年から去年までの期間に起きた事故で、
少なくとも163人の子どもが死亡したことがわかりました。

その原因のひとつには、
待機児童をゼロにすべく施設は作ったが、
肝心な人材が育っていないといったことや、場所によっては
人材が不足している実態がありそうです。

保育園に入る前の待機児童が問題になっていますが、実は入った後も大変。


保育の現場を取材してきた
ジャーナリストの小林美希(こばやし・みき)さんと
保育の現場で今、なにが起こっているのか伺いました。

P5146817.JPG

★本日参考にした書籍はこちらです



5月18日(月)20時30分からのヒントは?

ヒント60:問題は待機児童だけじゃない!保育施設の中で今おきていること

今月発表された厚生労働省の調査は衝撃的なものでした。
全国の保育所で2004年から去年までの期間に起きた事故で、
少なくとも163人の子どもが死亡したことがわかりました。

その原因のひとつには、
待機児童をゼロにすべく施設は作ったが、
肝心な人材が育っていないといったことや、場所によっては
人材が不足している実態がありそうです。

保育園に入る前の待機児童が問題になっていますが、実は入った後も大変。


保育の現場を取材してきた
ジャーナリストの小林美希(こばやし・みき)さんと
保育の現場で今、なにが起こっているのか伺います。

5月11日(月)20時30分のヒントは?

ヒント59:大量の殺処分や相次ぐ死体遺棄。犬を救うには?

先月23日、環境省が新しい取り組みを発表しました。

自治体に引き取られた犬の殺処分を減らすために、

全国13の自治体と協力して、モデル事業を行うことです。

 

2013年度に全国の自治体で殺処分された犬はおよそ2万8千匹

単純計算すると、平日1日に、100匹以上、殺されていることになり、

モデル事業では、これをゼロにすることを目指そう、ということですが、

一方で、ペットについては、去年、

大量の犬の死骸が捨てられる事件が相次ぎました。

 

ペットに何が起きているのか?不幸な死を減らすにはどうしたらいいのか?

今日は、朝日新聞の太田匡彦さんに

犬の殺処分の問題について、伺いました。

 

ootasan.jpeg

 

 

5月11日(月)20時30分からのヒントは?

ヒント59:大量の殺処分や相次ぐ死体遺棄。犬を救うには?

先月23日、環境省が新しい取り組みを発表しました。

自治体に引き取られた犬の殺処分を減らすために、

全国13の自治体と協力して、モデル事業を行うことです。

 

2013年度に全国の自治体で殺処分された犬はおよそ2万8千匹

単純計算すると、平日1日に、100匹以上、殺されていることになり、

モデル事業では、これをゼロにすることを目指そう、ということですが、

一方で、ペットについては、去年、

大量の犬の死骸が捨てられる事件が相次ぎました。

 

ペットに何が起きているのか?不幸な死を減らすにはどうしたらいいのか?

朝日新聞の太田匡彦さんと

犬の殺処分の問題について、考えます。

5月4日(月)20時30分のヒントは?

ヒント58:仕事探しは数字ではなく中身?

国のまとめによりますと、
一度、会社に入ったものの、そのうち3年以内に辞めてしまう人は、
いま大卒で3割、高卒で4割もいるそうです。

せっかく入社しても、
実際働いてみたら、求人からイメージしていた仕事と大きなギャップがあって、
すぐに辞めてしまったらもったいない話。

問題は、求人情報で、実際の仕事の中身がなかなかみえにくいこと。
今回は、そんな仕事の中身がみえるようにということで、
一風変わったネットの求人サイト「日本仕事百貨」を運営する
ナカムラケンタさんを迎え、
「仕事探しは数字ではなく中身?」というテーマで考えました。

IMG_37.jpg

このアーカイブについて

このページには、2015年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年4月です。

次のアーカイブは2015年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。