こちらは過去ページです。http://www.tbsradio.jp/hint954/へアクセスしてください。

2015年2月アーカイブ

3月2日(月)20時30分からのヒントは?

ヒント49:お金は取り戻せるのか

ニセ電話詐欺を知るヒント

今回は「オレオレ詐欺」や「振り込め詐欺」など、「ニセ電話詐欺」に注目。
去年に全国の警察が把握した「ニセ電話詐欺の被害額」は
警察庁が2004年に統計を始めてから初めて500億円を超え、
559億円と、過去最悪を更新しました。

もちろん、一番の対策は、「だまされないこと」、ですので、
警察は警戒を呼びかけていますが、それでも、なくならないというのが事実。

そうなると、「もしお金を取られたら、そのお金は取り戻せるのか」
というのも、重要な問題ではないでしょうか。

そこで今回は、この視点で考えます。
ニセ電話詐欺の被害者の、訴訟代理人を勤めたことがある
弁護士の芝昭彦(しば・あきひこ)さんに
「ニセ電話詐欺でお金は取り戻せるのか」について伺います。

 

2月23日(月)20時30分からのヒントは?

ヒント48:「イスラム国」事件に潜む問題

日本人2人が巻き込まれ、連日報道されているこの問題ですが、
「中東」の「イスラム教徒」の「過激派」、
というキーワードで特殊化してしまうと、
見落としてしまうものもあるのではないでしょうか?

 

 

今回は、現代イスラム研究センター理事長の、
宮田律(みやた・おさむ)さんに、
ISILという「組織」ではなく、「その中の人間」に眼を向けて、
この問題を伺いました。

 

 

miyata.JPGのサムネイル画像

 ●今回参考にした書籍はこちらです!

 

 

2月23日(月)20時30分からのヒントは?

ヒント48:「イスラム国」事件に潜む問題

日本人2人が巻き込まれ、連日報道されているこの問題ですが、
「中東」の「イスラム教徒」の「過激派」、
というキーワードで特殊化してしまうと、
見落としてしまうものもあるのではないでしょうか?

 

 

今回は、現代イスラム研究センター理事長の、
宮田律(みやた・おさむ)さんに、
ISILという「組織」ではなく、「その中の人間」に眼を向けて、
この問題を考えてみたいと思います。

 

2月16日(月)20時30分のヒントは?

ヒント47:月刊ニュースレビュー

OurPlanet-TV・白石代表

「チェルノブイリの真実を伝える~市民メディアの可能性」

今回は、月1回お送りする特別企画『月刊ニュースレビュー』

様々なメディアから、番組に「ゲスト編集長」を招き、

毎日のニュースの中で見落としがちな、

でも、大切なニュースを、ヒント目線で取り上げました

 

ゲスト編集長は、独立系インターネット放送局、

「OurPlanet-TV」の代表理事、白石草(しらいし・はじめ)さんです。

 

東日本大震災、そして福島第一原発事故から、まもなく4年になりますが、

徐々に、原発関連の報道が、減ってきているような気もします。

そうした中、白石さんの「OurPlanet-TV」は、

継続的にこの問題を報道していて、

とくに、去年、一昨年は、

チェルノブイリ事故周辺のこどもたちについても取材、報告しています。

 

というわけで今回は、独立系インターネット放送局の可能性と、

その一例として、チェルノブイリ取材について、

「OurPlanet-TV」代表理事の白石草(しらいし・はじめ)さんに伺いました。

 

image.jpeg

 

2月16日(月)20時30分からのヒントは?

ヒント47:月刊ニュースレビュー

OurPlanet-TV・白石代表

「チェルノブイリの真実を伝える~市民メディアの可能性」

次回は、月1回お送りする特別企画『月刊ニュースレビュー』

様々なメディアから、番組に「ゲスト編集長」を招き、

毎日のニュースの中で見落としがちな、

でも、大切なニュースを、ヒント目線で取り上げます。

 

ゲスト編集長は、独立系インターネット放送局、

「OurPlanet-TV」の代表理事、白石草(しらいし・はじめ)さんです。

 

東日本大震災、そして福島第一原発事故から、まもなく4年になりますが、

だんだん、原発関連の報道が、減ってきているような気もします。

そうした中、白石さんの「OurPlanet-TV」は、

継続的にこの問題を報道していて、

とくに、去年、一昨年は、

チェルノブイリ事故周辺のこどもたちについても取材、報告しています。

 

独立系インターネット放送局の可能性と、

その一例として、チェルノブイリ取材について、

「OurPlanet-TV」代表理事の白石草(しらいし・はじめ)さんに伺います。

2月9日(月)20時30分のヒントは?

ヒント46:「深刻化する高齢者の万引き」

 

いま万引きは、年齢別にみると、
高齢者が全体の4分の1以上を占め、
少年を上回るそうです。

 

 

こうした高齢者の万引きが増えている現状について、
毎年、犯罪白書をまとめる法務省は、
「老人の孤独感や寂しさが犯行に影響したことがうかがえる」と指摘。

 

 

その上で「万引きは軽い犯罪だと勘違いしている人も多い。
再犯を防ぐための社会的サポートが必要」としています。
では、具体的には、どうしたらいいのか。

 

社会問題化している万引きの問題に詳しい
拓殖大学教授の守山正(もりやま・ただし)さんをお招きし、
「深刻化する高齢者の万引き」について伺いました。

 

IMG_7811.jpg

2月9日(月)20時30分からのヒントは?

ヒント46:「深刻化する高齢者の万引き」

 

いま万引きは、年齢別にみると、
高齢者が全体の4分の1以上を占め、
少年を上回るそうです。

 

 

こうした高齢者の万引きが増えている現状について、
毎年、犯罪白書をまとめる法務省は、
「老人の孤独感や寂しさが犯行に影響したことがうかがえる」と指摘。

 

 

その上で「万引きは軽い犯罪だと勘違いしている人も多い。
再犯を防ぐための社会的サポートが必要」としています。
では、具体的には、どうしたらいいのか。

 

次回は、社会問題化している万引きの問題に詳しい
拓殖大学教授の守山正(もりやま・ただし)さんをお招きし、
「深刻化する高齢者の万引き」について伺います。

2月2日(月)20時30分からのヒントは?

ヒント45:返済できず自己破産も。奨学金の実態」

受験シーズンの今、このラジオを聞きながら、
勉強をしている人もいるかもしれません。
合格後の充実した生活を思い描いているかと思いますが、
今回は、そんなみなさんに、知っておいて頂きたい大切なお話、
奨学金についてです。

 

 

最近、奨学金を返済できずに困っている人が増えているんです。
2013年度、日本学生支援機構の奨学金を滞納した人はおよそ33万人。
その総額は、なんと876億円にものぼります。
中には自己破産してしまう人もいるということなんですが、
どうしてこんなことが起きてしまうのか?

 

 

奨学金の返済に苦しむ人たちの相談にのっている
奨学金問題対策全国会議の事務局長、
岩重佳治(いわしげ よしはる)さんに伺いました。

 

P1295829.JPG

  

 ●岩重さんが事務局長をつとめる「奨学金問題対策全国会議」の窓口はこちらです

http://syogakukin.zenkokukaigi.net/

●そして、今回の参考資料はこちらです!

 

 

このアーカイブについて

このページには、2015年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年1月です。

次のアーカイブは2015年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。