こちらは過去ページです。http://www.tbsradio.jp/hint954/へアクセスしてください。

2014年11月アーカイブ

12月1日(月)20時30分からのヒントは?

ヒント36:「学校の先生が大変! 授業どころじゃない多忙な実態」

 

政府はいま、
「詰め込み授業」から「課題解決型」へと授業の教え方を根本から見直すなど
小中学校や高校の学習指導要領の全面改訂に向けて
改革を進めようとしています。
これまでも、
2008年からは「脱ゆとり教育」として、学習内容が増え、
小学校で英語が導入されるなど、めまぐるしく学校の教育現場は変化しています。
しかし、改革を現場で担う、「先生」に目が向けられることは多くありません。
実は、先生たちのハードワーク、「忙しさ」がいま、問題になっているんです。

 

そこで、きょうは、
小学校の先生を28年勤め、現在は先生たちの忙しい実態について調査している
白梅学園大学・教授の増田修治(ますだ・しゅうじ)さんと
「忙しい先生の今」について考えます。

11月24日(月)20時30分のヒントは?

ヒント35:「月刊ニュースレビュー FACTA・宮嶋巌編集長」

 

月1回お送りする特別企画『月刊ニュースレビュー』。
 様々なメディアから、番組に「ゲスト編集長」を招き、
 毎日のニュースの中では見落としがちな、
 でも、大切なニュースを、ヒント目線で取り上げます。

今回は、政治・経済、企業にまつわるスクープの多い月刊誌
「FACTA」が2013年10月から続けている
『ソニー・追い出し部屋』という連載に注目しました。

退職勧奨を受けた中高年の社員がうちひしがれるという「追い出し部屋」。
ソニーにはそんな社員を辞めさせるための部屋があったということですが、
一体そこではどんなことが行われていたのでしょうか。

その実態をえぐる「ソニー・追い出し部屋」を連載中の
月刊誌「FACTA」の宮嶋巌編集長をむかえ、
追い出し部屋の実態、今を生きるヒントを伺いました。

 FACTA宮嶋.jpg

11月24日(月)20時30分からのヒントは?

 

ヒント35:「月刊ニュースレビュー FACTA・宮嶋巌編集長」

 

月1回お送りする特別企画『月刊ニュースレビュー』。
 様々なメディアから、番組に「ゲスト編集長」を招き、
 毎日のニュースの中では見落としがちな、
 でも、大切なニュースを、ヒント目線で取り上げます。

今回は、政治・経済、企業にまつわるスクープの多い月刊誌
「FACTA」が2013年10月から続けている
『ソニー・追い出し部屋』という連載に注目します。

退職勧奨を受けた中高年の社員がうちひしがれるという「追い出し部屋」。
ソニーにはそんな社員を辞めさせるための部屋があったということですが、
一体そこではどんなことが行われているのでしょうか。

その実態をえぐる「ソニー・追い出し部屋」を連載中の
月刊誌「FACTA」の宮嶋巌編集長をむかえ、
追い出し部屋の実態、今を生きるヒントを伺います。

11月17日(月)20時30分のヒントは?

ヒント34:「今を知るヒント 急増する、老後破産」

 

老後破産、老後の破産...
言葉を聴いただけで、怖くなりますが、この問題、ひとごとではないんです。

 

一人暮らしの高齢者は全国で600万人に迫りますが、
その半数近くが収入120万円未満の生活保護以下の水準だということです。

こうした、収入が生活保護レベルにありながら、生活保護を受けていない、
貧困状態にある高齢者を「老後破産」と呼んでいますが、
その数の多さに驚かされます。

 

 

なぜ、老後破産が広がっているのか?その実態はどうなのか?対策はあるのか?

きょうは、生活が苦しい高齢者たちの相談などを受けている、
NPO法人「ほっとプラス」代表理事、藤田孝典(ふじた・たかのり)さんと、
「急増する老後破産」について、考えました。

 

 

 

IMG_1517.jpg

11月17日(月)20時30分からのヒントは?

ヒント34:「今を知るヒント 急増する、老後破産」

 

老後破産、老後の破産...
言葉を聴いただけで、怖くなりますが、この問題、ひとごとではないんです。

一人暮らしの高齢者は全国で600万人に迫りますが、
その半数近くが収入120万円未満の生活保護以下の水準だということです。

こうした、収入が生活保護レベルにありながら、生活保護を受けていない、
貧困状態にある高齢者を「老後破産」と呼んでいますが、
その数の多さに驚かされます。

なぜ、老後破産が広がっているのか?その実態はどうなのか?対策はあるのか?

生活が苦しい高齢者たちの相談などを受けている、
NPO法人「ほっとプラス」代表理事、藤田孝典(ふじた・たかのり)さんと、
「急増する老後破産」について、考えます。

11月10日(月)20時30分のヒントは?

ヒント33:「感情労働の時代を生き抜くヒント」

 

「感情労働」というキーワードが、最近、注目されています。

 

労働には、体を使う「肉体労働」、
頭を働かせる「頭脳労働」がありますが、
それに加えて、現代社会では、第3の労働形態として、
感情を押し殺して働く、言ってみれば感情を切り売りする
「感情労働」がある、というわけです。

 

分かりやすく言えば、自分の感情を押し殺すことによって、
相手の感情に働きかけ、
業務を遂行することを求められる仕事ということですが、
なかなか「感情」を押し殺すというのは、辛いことだと思います。

 

では、一番の価値である「感情」を守りながら、
現代社会を生き抜くにはどうしたらいいのか?
感情労働に詳しい
日本赤十字看護大学の武井麻子(たけい・あさこ)教授を迎え、
『感情労働の時代を生き抜くヒント』について、考えました。

IMG_9203.jpg

11月10日(月)20時30分からのヒントは?

ヒント33:「感情労働の時代を生き抜くヒント」

 

「感情労働」というキーワードが、最近、注目されています。

 

労働には、体を使う「肉体労働」、
頭を働かせる「頭脳労働」がありますが、
それに加えて、現代社会では、第3の労働形態として、
感情を押し殺して働く、言ってみれば感情を切り売りする
「感情労働」がある、というわけです。

 

分かりやすく言えば、自分の感情を押し殺すことによって、
相手の感情に働きかけ、
業務を遂行することを求められる仕事ということですが、
なかなか「感情」を押し殺すというのは、辛いことだと思います。

 

では、一番の価値である「感情」を守りながら、
現代社会を生き抜くにはどうしたらいいのか?
感情労働に詳しい
日本赤十字看護大学の武井麻子(たけい・あさこ)教授を迎え、
『感情労働の時代を生き抜くヒント』について、考えます。

11月3日(月)20時30分のヒントは?

ヒント32:「保育園、幼稚園、認定こども園。申し込み手続きが変わるって知ってましたか?」

 

来年度から保育の制度が新しい制度に変わるのに伴い
園の申し込み方法が大きく変わるのって知っていましたか?

 

 

地域によっては、もう手続きが始まっている所もありますが、
その手続きがとにかく複雑で分かりにくいんです。
しかも、新しい制度には、問題点も多い、という話も。

 

 

そこで、この新しい保育の制度について、
保育園や幼稚園の申し込みの手続きはどうなっているのか?
気をつけなければいけない点はないのか?
ジャーナリストの猪熊弘子さんに伺いました。

 

 

 PA305445.JPG

このアーカイブについて

このページには、2014年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年10月です。

次のアーカイブは2014年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。