こちらは過去ページです。http://www.tbsradio.jp/hint954/へアクセスしてください。

2014年9月アーカイブ

9月28日(日)23時30分のヒントは?

ヒント26:今を知るヒント。
工藤会トップの逮捕から見る暴力団の今。 

 

全国唯一の特定危険指定暴力団・工藤会の最高幹部2人が逮捕されました。
問題となった事件は、16年前、福岡、北九州市で起きた元漁協組合長の殺人事件。

 

この逮捕への福岡県警への執念はすさまじく、全要員の3割を動員し、
さらに他の地域の警察の応援も集め、総勢3800人態勢での逮捕劇となりました。

 

この工藤会については、アメリカも注目していて、
今年7月、工藤会と最高幹部2人の資産凍結を発表。
さらに、日本の暴力団について「世界最大の犯罪組織」と表現し非難。

 

身近にありながら、なかなか目に見えないこの問題。
きょうは、暴力団について40年以上取材をしているジャーナリストの
溝口敦(みぞぐち・あつし)さんと考えました。

P9235294.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

★お知らせ★

この番組は、日曜の放送は今日が最後。
これからは、月曜日の夜8時半からの放送になります。

月曜日の情報マガジンとなる「渋谷和宏・ヒント」
引き続き、よろしくお願いします。

 

 

 

9月28日(日)23時30分からのヒントは?

ヒント26:今を知るヒント。
工藤会トップの逮捕から見る暴力団の今。 

全国唯一の特定危険指定暴力団・工藤会の最高幹部2人が逮捕されました。
問題となった事件は、16年前、福岡、北九州市で起きた元漁協組合長の殺人事件。

この逮捕への福岡県警への執念はすさまじく、全要員の3割を動員し、
さらに他の地域の警察の応援も集め、総勢3800人態勢での逮捕劇となりました。

この工藤会については、アメリカも注目していて、
今年7月、工藤会と最高幹部2人の資産凍結を発表。
さらに、日本の暴力団について「世界最大の犯罪組織」と表現し非難。

身近にありながら、なかなか目に見えないこの問題。
きょうは、暴力団について40年以上取材をしているジャーナリストの
溝口敦(みぞぐち・あつし)さんと考えます。

9月21日(日)23時30分のヒントは?

ヒント25:月刊ニュースレビュー

週刊金曜日・平井廉嗣編集長

「夢とやりがいの職場に潜むワナ」

 

 

月1回お送りする特別企画『月刊ニュースレビュー』。

様々なメディアから、番組に「ゲスト編集長」を招き、

毎日のニュースの中では見落としがちな、

でも、大切なニュースを、ヒント目線で取り上げました。

 

 

ゲスト編集長は、週刊金曜日の平井康嗣(ひらい・やすし)編集長。

大手エステティックサロン「たかの友梨ビューティークリニック」の仙台店で働く

店員が職場の環境改善を求めたところ、

高野友梨社長から圧迫されたという問題がありましたが、

この問題が大々的に報じられる前の8月22日号で

こうしたエステ業界などキラキラ系業界で働くことについての

特集をしていたのが週刊金曜日だったんです。

 

 

そこで今週は、平井編集長と

「夢とやりがいの職場に潜むワナ、キラキラ系業界で働くヒント」を

考えました。

 

IMG_6030.jpg

9月21日(日)23時30分からのヒントは?

ヒント25:月刊ニュースレビュー

週刊金曜日・平井廉嗣編集長

「夢とやりがいの職場に潜むワナ」

 

今週は、月1回お送りする特別企画『月刊ニュースレビュー』。
様々なメディアから、番組に「ゲスト編集長」を招き、
毎日のニュースの中では見落としがちな、
でも、大切なニュースを、ヒント目線で取り上げます。

 

今回のゲスト編集長は、週刊金曜日の平井康嗣(ひらい・やすし)編集長。
大手エステティックサロン「たかの友梨ビューティークリニック」の仙台店で働く
店員が職場の環境改善を求めたところ、
高野友梨社長から圧迫されたという問題がありましたが、
この問題が大々的に報じられる前の8月22日号で
こうしたエステ業界などキラキラ系業界で働くことについての
特集をくんでいたのが週刊金曜日なんです。

 

そこで今週は、平井編集長と
「夢とやりがいの職場に潜むワナ、キラキラ系業界で働くヒント」を
考えたいと思います。

9月14日(日)23時30分のヒントは?

ヒント24:『リクルートという幻想』企業の本当の姿を見抜くヒント 

 

リクルートといえばみなさんはどんなイメージを抱きますか?
OBやOGの「活躍」が取り上げられて、
「いろんな人たちを生み出す企業」と言われたり、
『ゼクシィ』『HotPepper』『R25』などが次々と生まれ
「どんどん新しい事業を創りだす企業」というイメージも強いと思います。

 

「元祖ベンチャー企業」として、
日本人の働き方に影響を与えてきたリクルート。
一方で1988年の「リクルート事件」は国内を揺るがす贈収賄事件となり、
一時1兆4000億円に上る巨額の負債を抱えるまで落ち込んだのも事実です。

 

そんな「リクルート」について
9月8日号の「AERA」では
「技術と海外重視で目指す世界一」
というタイトルで「とにかくすごい!」と評価する記事が出る一方、
10日発売の「リクルートという幻想」という本では
「見つめなおせ!」とまったくAERAと対立する形になっています。

 

そこで、今回はリクルート出身で、
その「リクルートという幻想」という本を「中公新書ラクレ」から出した
人材コンサルタントの常見陽平さんに
企業の本当の姿を見抜くヒントをうかがいました。

 

 

 P9095170.JPGのサムネイル画像

※番組で紹介したサブテキストはこちらです。

  

9月14日(日)23時30分からのヒントは?

ヒント24:『リクルートという幻想』企業の本当の姿を見抜くヒント 

 リクルートといえばみなさんはどんなイメージを抱きますか?
OBやOGの「活躍」が取り上げられて、
「いろんな人たちを生み出す企業」と言われたり、
『ゼクシィ』『HotPepper』『R25』などが次々と生まれ
「どんどん新しい事業を創りだす企業」というイメージも強いと思います。

一方で1988年の「リクルート事件」は国内を揺るがす贈収賄事件となり、
一時1兆4000億円に上る巨額の負債を抱えるまで落ち込んだのも事実です。

 

 

そんな「リクルート」について
9月8日号の「AERA」では
「技術と海外重視で目指す世界一」
というタイトルで「とにかくすごい!」と評価する記事が出る一方、
10日発売の「リクルートという幻想」という本では
「見つめなおせ!」とまったくAERAと対立する形になっています。

 

 

そこで、今回はリクルート出身で、
その「リクルートという幻想」という本を「中公新書ラクレ」から出した
人材コンサルタントの常見陽平(つねみ・ようへい)さんに
企業の本当の姿を見抜くヒントをうかがいます。

9月7日(日)23時30分のヒントは?

ヒント23:カジノ誘致はいいのか悪いのか?考えるヒント 

 

 安倍政権が成長戦略の目玉としているのが、カジノを解禁する
「特定複合観光施設区域整備法案」、通称「カジノ法案」。

カジノ推進派からは「外国人観光客がカジノの押し寄せ、景気が大幅に改善する」
とか、「カジノからの収入は年間1兆5000億円。経済効果は7兆円以上」など
鼻息の荒い話が次々と聞かれます。

しかし、一方で、カジノ誘致で先陣を切ってきた東京都が
慎重姿勢に転じています。


議論がつくされてない「カジノ法案」
一体、カジノ誘致はいいのか?悪いのか?
海外のカジノ事情を取材してきたジャーナリストの
出井康博(いでい・やすひろ)さんに、うかがいました。

 

 

 

P8285163.JPG

9月7日(日)23時30分からのヒントは?

ヒント23:カジノ誘致はいいのか悪いのか?考えるヒント 

 

安倍政権が成長戦略の目玉としているのが、カジノを解禁する
「特定複合観光施設区域整備法案」、通称「カジノ法案」。

カジノ推進派からは「外国人観光客がカジノの押し寄せ、景気が大幅に改善する」
とか、「カジノからの収入は年間1兆5000億円。経済効果は7兆円以上」など
鼻息の荒い話が次々と聞かれます。

しかし、一方で、カジノ誘致で先陣を切ってきた東京都が
慎重姿勢に転じています。


議論がつくされてない「カジノ法案」
一体、カジノ誘致はいいのか?悪いのか?
海外のカジノ事情を取材してきたジャーナリストの
出井康博(いでい・やすひろ)さんに、うかがいます。

8月31日(日)23時30分のヒントは?

ヒント22:月刊ニュースレビュー
MyNewsJapan渡邉正裕編集長
「職場を見極めるためのヒント」

 

独自取材で鋭く企業の実態・実像を告発しているネットのニュースサイト
「MyNewsJapan」。

環境問題や行政の横暴など、生活者の問題。
食品や製品の安全など、消費者の問題。
さらにはブラック企業など、労働者・ワーカーの問題。
政治とカネの有権者にかかわる問題などなど。

 

今回は特別企画『月刊ニュースレビュー』、
企業の実態・実像を告発してきた
「MyNewsJapan」の渡邉編集長と「職場を見極めるためのヒント」を考えました。

 

watanabe.jpg

このアーカイブについて

このページには、2014年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年8月です。

次のアーカイブは2014年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。