音楽ジャーナリスト。
1969年生まれ。
東京都港区出身。
TOWER RECORDS発行のフリーペーパー『bounce』~ヒップホップ/R&B 専門誌『BLAST』編集部を経て、2002年からフリーの音楽ジャーナリストに。エミネム、ブラック・アイド・ピース、カニエ・ウェスト、ビースティ・ボーイズらのオフィシャル取材の傍ら、マイケル・ジャクソンやレディ・ガガ、『FREE SOUL』シリーズのライナーノーツも手がける。共著に『ブラスト公論 誰もが豪邸に住みたがってるわけじゃない』 など。


リポーター/モデル/ラジオパーソナリティ。
1982年生まれ。静岡県出身。NHK総合『土曜マルシェ』等に出演中。
オフィシャルブログ「川瀬のタネ」

放送後記

後記 2012.03.18

 2週間ぶりのご無沙汰です! 先週が特番でお休みだったこともあり、今週の『HAPPY SAD』はスペシャルウィークでもないのに時間枠を拡大して大特集を敢行! 「アイドルヲタ社長」としてすっかりおなじみのタワーレコード株式会社代表取締役社長:嶺脇育夫さんをゲストにお迎えして「アイドルファン・洋楽ファン相互乗り入れ企画~アイドルソングと洋楽の深イイ関係SP!」をおおくりいたしましたー。


 オンエア中もたびたび話題になりましたが、嶺脇さんとは1988年から数年間タワーレコード渋谷店で一緒に働いたことのある間柄。当時はSchottのライダーズを身にまとった嶺脇さんからローリング・ストーンズやパブロックについてあれこれ教わったり、半ば強制的にジョン・レノンの『Rock 'n' Roll』を買わされたりしたものですが......いったいなにがどうなったらこうなるのか、あれから20数年の時を経てお題はまさかのアイドルポップ。まさにロックパイル"Heart"がバニラビーンズ"チョコミントフレーバータイム"に生まれ変わったような、そんな驚きと感慨がありました。

 でもやっぱり嶺脇さんは嶺脇さん。圧巻だったTomato n' Pine"ワナダンス!"の解体ショーなど、周囲を引かせるほどの徹底ぶりは昔のまま......いや、むしろパワーアップしてるかも? 嶺脇さんの"ワナダンス!"歌詞解釈に作者のひとりであるジェーン・スーさんが「ほぼ正解」のお墨付きを与えたにも関わらず、あっさり「現実を知ると妄想の幅が狭まる」と切り返してきたときには本当に戦慄しましたよ! ポップミュージックの「3分間の魔法」の旨味・醍醐味を凝縮したようなアイドルソングのたくましさとクリエイティヴィティはもちろん、いろいろな意味で学ぶことの多かった1時間でした。第2回、近々にやりましょうね! あー、楽しかった!

高橋芳朗


*****


今週放送したプレイリストはこちら
過去のOA曲リストや検索窓もありますよ!

*****

DSCN1042_R.JPG

「マイ・フェイヴァリット・シングス」がアイドル企画だから??

こんな風にスタジオにお菓子が集中することもあるのです。


DSCN1069_R.JPG

「きょう買ってきたCD」はR&Bの大ベテラン、

リー・フィールズの新譜からご紹介。

70年代演歌の香りが漂うジャケ写真をモノマネ。

芸歴30年超の大ベテランの域にはまだまだ。


DSCN1061_R.JPG

この方が「アイドルヲタ社長」ことタワレコ嶺脇育夫社長!

師匠と川瀬さんが持ってるのはきょうOAしたアイドルソング。

嶺脇社長は「さくら学院」のノベルティを手に

重音部BABYMETALにちなんだメロイックサイン。徹底してます。

 

▽▽▽お試し企画・川瀬良子のお持ち帰り▽▽▽

DSCN1064_R.JPG

名曲揃いだったアイドルソングと、どっちがいいか迷ったあげく
「こっちの方がモテるよ」と師匠のアドバイスを受けて

新進シンガーソングライター、マイケル・キワヌーカをチョイス。

齢30にしてモテが気になる川瀬良子。

来週ゲストのジェーン・スーさんに質問してみよう!

 

*****お知らせ*****
 
『高橋芳朗HAPPYSAD』は4月8日(日)から
午後8時~8時55分にお引っ越し!
ちょっとだけ時間が短くなりますが、
ますます中身の濃い番組を目指します!
 
引き続き応援よろしくお願いします。

ページのトップへ戻る