令和四年度 米粒写経 例大祭

2年ぶりに東京で開催!

漫才コンビ・米粒写経(居島一平・サンキュータツオ)が、

今年も年に1度の単独公演「例大祭」を東京 深川江戸資料館・小劇場で開催。

昨年は会場都合などにより東京公演が開催されなかったため、

2年ぶりに深川江戸資料館での開催となる。

2016年に始まった「例大祭」は、台本のあるネタを演じるというよりも、

フリートークとネタの境目をなくし、ワンテーマで自然な会話での「漫才」で、

この一年の米粒写経の興味を掘り下げたライブ。

これまでに落語の「寿限無」や「芝浜」をモチーフにした新解釈の漫才や、

松本清張原作「砂の器」をテーマに漫才の中で映画の完全再現を試みてきた。

公演名

令和四年度 米粒写経 例大祭

出演

米粒写経(居島一平・サンキュータツオ)

 

公演日時

2022年11月7日(月)     19:30開演(19:00開場)
       8日(火)  19:30開演(19:00開場)

会場

深川江戸資料館・小劇場

〒135-0021 東京都江東区白河1-3-28

チケット

へりくつオンラインショップ

9月17日(土)10:00 ~

料金: 前売 4,000円 / 当日 4,500円(税込・全席指定)


 注意事項

※未就学児童は⼊場不可
※新型コロナウイルス感染予防のため、
 手指の消毒・マスクの着用などにご協力をお願いします。
※感染予防のため、出演者・スタッフへの挨拶、差し入れなどはお控えください。

 

問い合わせ

TBSラジオイベントダイヤル
 03-5570-5151 受付時間(平日10:00~17:00)

ツイート
LINEで送る
シェア
ブクマ